別れの時
moblog_755082b7.jpg
moblog_b09b30c4.jpg

3月も末になりました。
例年と同じく、卒部、卒業の季節です。
昨日(3/23)卒部式、本日(卒業式)がありました。
今年は、男子2名の卒業、女子5名の卒業、男子1名の修了です。
※ちなみに、我が次女ほのかは卒園。

それぞれの進路は以下の通りです。

■森下誠実:鹿屋市役所(非常勤)
■大和谷健太:鹿屋体育大学大学院(進学:荻田先生のゼミ)
■岸良美周:城山観光ホテル(パテシエ:小さい頃からの夢)
■盛山鈴奈:京セラ(実業団選手)
■高野安弥:大分県教員(非常勤)
■藤田理恵:京セラ(実業団選手)
■前川祐紀:資生堂(実業団選手)
■田中克典:愛媛銀行
■松村歩奏:西原台小学校(小学生)

お近くになられる方々は、どうぞご贔屓によろしくお願いいたします。

今年も、優秀な8名の卒業生(うち1名修了生)を無事送り出すことができました。
これも、皆様のご支援あってのことだと感謝しております。

今後のこの8名(+1名)の活躍を楽しみにしています!
スポンサーサイト
大会結果
■第64回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会(H29.2.18-22)

・1日目
5区(9.8㎞)区間2位 森下誠実(4年)32分28秒=区間新
11区(15.0㎞)区間2位 波平憲人(3年)48分33秒

・2日目
3区(8.2㎞)区間7位 田中克典(M2)28分35秒
7区(15.3㎞)区間12位 家門淳(2年)51分35秒
8区(12.1㎞)区間2位 森下誠実(4年)38分35秒

・3日目
10区(10.1㎞)区間8位 田中克典(M2)34分25秒

・4日目
3区(10.6㎞)区間2位 家門淳(2年)33分12秒
6区(11.6㎞)区間6位 波平憲人(3年)39分08秒
10区(14.9㎞)区間6位 森下誠実(4年)49分11秒

・5日目
4区(11.6㎞)区間7位 波平憲人(3年)37分02秒
5区(12.4㎞)区間8位 家門淳(2年)40分42秒
9区(11.3㎞)区間9位 田中克典(M2)38分12秒

応援ありがとうございました。
メッセージ
今、走れなくて苦しい思いをしている人へ。
今は苦しいかもしれないけど、走れるようになったら、その苦しい思いを我慢してきた分、走れることが人一倍楽しく感じるようになる時がくるよ。
でも、苦しむ演技や、頑張っているように見せかけているだけで中身のない取り組みをしているだけじゃ、いつまでたっても抜け出せない。
故障して気持ちが落ち込むだろうって時こそ、成長するチャンスだと思う。
走れている人に負けない取り組みをすれば、故障前よりも何か一つでも強くなれる。
例えば、体幹をより丁寧にできたり、走れないモヤモヤを貯めて貯めて精神的に強くなっていたりと、走る以外でもやりたいことがたくさんある。
それと、走り出す勇気をもって、質が高くなっていくことを怖がらないでほしい。
できないかもしれないと思わず、どこまでできるか挑戦してみようという気持ちで取り組んでみよう!
苦悩を乗り越えてできた体験(殻を破る)をすることが成長するには必要で、それは自分自身で行動しなければ体験することはできない。
失敗してもまた頑張ればいい。
失敗して落ち込む悲劇より、失敗して強くなる喜劇にしよう。
失敗を成功の元にするのは、他の誰でもなく自分自身であることを忘れないでほしい。
1歩踏み出す勇気を少しずつ出していくことが自信になって、新しい自分に出会えるきっかけになる。
成長を感じた時、心も体も強くなっていると思う。
その積み重ねを大切にしていこう!今しかできない事をとことんやろう。タイミングを逃して後悔しないように!
人生は平たんよりも、山あり谷ありの方がおもしろい。
以上、骨は折れても心は折れない○山でした。ありがとうございました。
no title
実力の差は努力の差
 
実績の差は責任感の差
 
人格の差は苦労の差
 
判断力の差は情報の差
 
 
真剣だと知恵が出る
 
中途半端だと愚痴が出る
 
いい加減だと言い訳ばかり
 
 
本気でするから
 
大抵のことはできる
 
 
本気でするから
 
何でも面白い
 
 
本気でしているから
 
誰かが助けてくれる
    
大会結果
■第30回鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会(H29.1.30)

・2区(3.0km)
区間2位 河野美典(2年:肝属)9分44秒

・4区(4.0730km)
区間1位 盛山鈴奈(4年:肝属)13分00秒

・6区(4.0245㎞)
区間6位 日隈彩美(1年:肝属)14分13秒
区間7位 岸良美周(4年:川薩)14分17秒
区間9位 崎浜絵美(OG:曽於)14分31秒

総合1位 肝属(監督:関口実(本学OB)) 1時間9分20秒=大会新