スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
□平成20年度第6回熊本県長距離記録会□

[女子3000m]
西薗祐貴子(2年)10’13”60=自己新
今屋美佐(3年)10’00”40

[女子5000m]
松浦七実(1年)16’21”15
森崎千洋(1年)17’22”92=自己新
柳井谷怜子(2年)17’42”58
スポンサーサイト
大会結果
■第3回熊本県長距離記録会■

[男子5000m]
神田裕章(4年) 15分49秒79
落合明人(3年) 16分30秒57=初5000m
佐藤淳哉(3年) 16分42秒74=自己新
試験終了&大会結果
昨日で平成20年度の前期期末試験が終わりました
みんなテストはどうだったでしょうか??

試験中は練習の継続を考え、午後だけしっかり行いました

そして、今日学内の強化競技会がありました。
狙いは、①全カレ標準切、②秋カレ標準切、③自己ベスト更新
※番号は優先順位。
結果は以下の通りです。

[男子1500m]
尾尻(3年)3分58秒??
落合(3年)4分21秒??=秋カレ標準突破
山田(1年)4分36秒??=自己新

[男女5000m]
神田(4年)15分45秒??
龍崎(2年)16分12秒??
松村(C)16分31秒??
松浦(1年)16分34秒??
佐藤(3年)16分57秒??=自己新

(※正確な結果は後日掲載します。)

大きな大会が終わり約1ヶ月が経ちます。
上のレベルで戦っていた者は、この試合に合わせるのはとても困難です。
また、チームとしても、夏の走り込みに向け準備をしている中(徐々に距離を踏み始めている中)でのレースでした。
モチベーション的にも、心身の覚醒的にも、身体のキレ的にも、合わせにくい、ある意味合わせてはならない大会でした。
なので、上位は遅くなっています(当たり前!)。
その中で、下位の選手が自己ベスト更新や秋カレ標準突破したことは、チーム(男子)にとって大きな収穫です!

この後少し休んで(プール練習や夏季山岳(2年生集中講義))から、いよいよ駅伝向けての夏の走り込みを開始します
男子は九州学生駅伝、女子は予選会を突破し全日本大学女子駅伝10年ぶりの出場に向け、チーム一丸となって、しっかり走りこんでいきたいと思います
※とはいえ、故障者(数名)はまずはしっかり回復すること優先です!
大会結果
◆◇第63回鹿児島県陸上競技選手権大会◇◆

[女子1500m]
・予選
今屋美佐(3年) 4分43秒14=決勝へ
西薗祐貴子(2年) 4分50秒56=予選落
・決勝
2位 今屋美佐(3年) 4分34秒32=大学ベスト=体大歴代6位

[女子5000m]
6位 柳井谷怜子(2年) 18分04秒60
大会結果
□九州地区大学体育大会

[男子800m]
(予選)
宮脇悠伍(1年) 2分03秒95=準決へ
(準決勝)
宮脇悠伍(1年) 2分02秒37=準決落

[女子800m]
(予選)
上田敏斗美(2年) 2分28秒02=決勝へ
(決勝)
5位 上田敏斗美(2年) 2分26秒26

[男子5000m]
佐藤淳哉(3年) 17分13秒69
龍崎唯一(2年) 16分16秒98

[女子5000m]
森崎千洋(1年) 19分38秒06


上田は約1年半ぶり(大学初)のレースでした。
昨年末には足関節の手術も行いました。
その間もめげず諦めずコツコツとトレーニングを行い、
今回故障明け3,4回の軽いポイント練習だけでこの結果を出しました。
上田の頑張りには頭が下がります。
また、OBの中畑さんのサポートもありました。ありがとうございます。

上田だけではありません、みんなそれぞれコツコツとじっくりトレーニングを行っています。
このような選手たちがいることを誇りに思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。