スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経緯の説明
ご支援・応援していただいている皆さま、いつも温かいご支援・応援をいただき、誠にありがとうございます。

さて、昨日がエントリー締め切りであった全日本大学女子選抜駅伝(通称:富士山女子駅伝)の5000mタイム追加枠(6校)に関して、報告と説明をさせていただきます。

結果から申し上げますと「エントリーを見合わせ」ました。

先日出場した日体大長距離競技会の結果、大会終了時点で本学は7番手に位置していました。
この時点でエントリーしても出場不可の状況でしたが、本学より上位にいた大学がエントリーをしないという情報もありました。
なので、大会終了直後はエントリーを実施する予定で、事前にすべての書類(記録証明書含む)の準備を完了させていました。
しかし、大会終了後、現在怪我をして復帰の見込みであった者の復帰の目処がたたない状況になり、また日体大長距離競技会出場者の中から新たに怪我をした者が発生したため、現時点で走れる者が3名という状況になりました。
そのことから、学生たちに今後の見込みを考えさせ、エントリーの有無を全員で考えた結果、現状で出場することは厳しいという選択となりました。
この選択になった大きな理由は、まずもって、大会開催にご尽力くださっている大会関係者の皆様のご苦労・ご尽力や、他大学の出場の機会を考えると、エントリーしたにも関わらず、大会を棄権することになることは絶対にできないということです。
つぎに、現状のチーム状況で、昨年、一昨年のように怪我をおして出場する選手が大勢出ることは、昨年、一昨年の反省を生かせていないことになり、何より無理して(怪我をおして)出場する選手の今後のことを考えると、無理をさせることは良くないということになりました。

この選択は、チーム、とりわけ学生たちにとっては、とてもつらい選択(苦渋の決断)だったと思います。
曲がりなりにも(赤信号状態でも)、この間、一生懸命エントリー(出場可)に向け取り組んできていました。
※途中で赤信号にしちゃった者や、大会で切れて失速してしまった者もいましたが。。。。。
しかし、上記の理由を考えると、学生たちの選択はとても勇気のある、正しい選択だったと考えます。
ただ、この選択が本当の意味で「正しい選択」であったかは、今後のチームもしくは選手の日々の努力や、そこから派生する結果によるのだと思います。
なので、今回の選択が自分たちにとって本当に正しかったのだと胸を張れる取り組みや結果を起こしたい、起こしてもらいたいと強く願います。

「万事塞翁が馬」
この勇気ある撤退(苦渋の選択)が、自分達を良い意味で変えるきっかけとなり、輝く未来が創出されることを期待します。

ご支援・応援していただいている皆さまにとっても、いろいろな想いがあることと存じ上げますが、
何卒ご理解いただき、今後とも温かいご支援・応援をいただければ幸いに存じます。


[追記]
チームによる富士山女子駅伝の出場はなくなりましたが、個人としての西日本学連選抜での出場の機会がありました。
しかし、九州学連からは盛山選手か日隈選手どちらかという連絡をいただき、両選手が現在故障中で厳しいと伝えると、
本学からの出場者はなしで、他大学に当たるということを告げられました。
選考は各学連に委ねられていると思いますので、それで了承する形となりました。
よって、富士山女子駅伝への本学からの出場者はなしとなりました。
スポンサーサイト
災害ボランティア
moblog_a0be49bd.jpg
本日(9/29)の朝練後にチームで、
先日の台風16号で大きな被害にあったお隣の町、垂水市に災害ボランティアに行ってきました。
今回は大学の呼びかけで募集があり、本日は陸上競技部短距離・中長距離、野球部、ヨット部を中心に約80名の学生が参加しました。

moblog_5750e418.jpg
被害は想像以上に大きく、被災された方々のご心労やご苦労がうかがえました。
学生達は、浸水した家屋の掃除や家具等の撤去、家屋や牛舎に堆積した土砂の撤去など、
限られた時間の中で地道に作業を行っていました。

moblog_0dc77026.jpg
そんな作業風景の一部がテレビ放送されたようですが、
映っていたのが、元ブロック員の彼(鹿児島出身)でした。

ニュース映像はコチラ※期限が過ぎると削除されます。
ご寄付のお願い
10月に入ると、
いよいよ秋季の試合が始まります!

男子は、今年、駅伝を行える人数が揃わないことから、
記録更新を狙って日体大長距離記録会などに出場する予定です。

女子は、10月の末に全日本大学女子駅伝を控えるほか、
選抜駅伝の出場権や来季に向け日体大長距離記録会への参戦、
その後選抜駅伝への出場が控えています。

以上のことから、何かと金銭的な負担が大きくなります。
これからの学生たちの活躍に期待して、ご寄付をいただければ幸いに存じます。
多くのご支援、よろしくお願いいたします。


★ご寄付振込先等★
[寄付名]鹿屋体育大学中長距離ブロックへの激励金
[振込先]
▼ゆうちょ銀行から振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【口座番号】17870―23910881
※振込みについて→ゆうちょの口座とカードをお持ちの方は、ATMからお振込みになると手数料が無料とのことです。口座がありカードがなくATMを使えないと140円、口座がない方は500円手数料がかかるそうです。今回は振込用紙を同封しておりません。お手数をおかけしましが、よろしくお願い申し上げます。
▼他銀行からの振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【店名】788(ナナハチハチ)
【種類】普通
【口座番号】2391088
[金 額]1口5,000円(できましたら2口お願い致します=中長OB・OG会年会費)
[期 日]特に設けません。希望としましては10月1日までですが、その後でも問題ありません。
[その他]ご寄付いただきました方には、全日本大学女子駅伝観戦ガイドならびに結果報告、平成28年度の活動報告を送らせていただきます。
盛山の日本インカレの分析・反省からの抜粋(感想箇所)
最初で最後の日本インカレは、いろんな思いがあった。
最後だという緊張、ケガして不名誉な結果にしてしまった高校の先生やチームメイトへの償い、これまで支えてくださった松村先生、中畑さん、前田先生、仲間や友達、家族、たくさんの方々への恩返し、などいろんな事を考えて挑んだ大会だった。
再び全国のスタートラインに立つことができたのは、私一人の力では決してなくて今まで出会ってきた人に支援してもらってきたからだと思う。
感謝の気持ちを走り、結果で表せることができたら最高だと思ってスタートラインに立った。
それが、不安や緊張しがちな私の背中を押してくれたように思う。
正直、優勝できるとは思ってなかった。
私の身体と皆の支援が組み合わさって優勝へと導いてくれたのではないかと思う。
だから、優勝は私だけの結果ではなくて、皆の結果なのだと思った。

全カレを通して、やはり全国には強い選手がたくさんいることが身にしみてわかった。
私は10000m走って疲労困憊だが、2番だった選手は5000mでも表彰台に上がっている。
絞れた体つきをしている人もたくさんいる。
私ももっと強くなりたいと思った。
少しずつステップを踏んで、競技者としても、人間としても成長していきたい。

次は駅伝!いい練習はいい準備から。
なりたい姿になるためには、やらなければならない事がある。
そのタイミングや、その行動に対してどれだけ信念をもってやるかが、夢を叶えるためには必要なのだと思う。
だから、今からしっかり準備して積み上げていきたい。
皆で目標を達成できる取り組みをしていこう!!
自分自身、チーム力共に自信をもって勝負しに行けるように!!

応援・サポートありがとうございました。感謝、感謝です。
入試要項
本学HPに本年度実施(平成29年度)の入試の概要(要項)が掲載されています。

推薦入試←クリック

一般入試←クリック

3年次編入学←クリック

社会人入試←クリック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。