スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■第55回鹿児島県下一周駅伝■

[1日目]
・1区(12.9㎞)
伊藤文彦(4年:肝属)区間1位 38分56秒=区間新
・2区(9.3㎞)
石塚正太(OB:日置)区間8位 29分07秒
・3区(13.3㎞)
徳重祐児(OB:日置)区間11位 42分57秒
・4区(12.2㎞)
松村勲(コーチ:肝属)区間5位 38分01秒
山内健太郎(OB:大島)区間12位 39分28秒
・7区(10.3㎞)
神田裕章(3年:肝属)区間4位 34分49秒
・8区(10.6㎞)
吉田幸三(OB:肝属)区間4位 35分57秒
・10区(13.5㎞)
安達辰徳(OB:姶良)区間5位 43分45秒
・11区(15.0㎞)
吉川武彰(4年:肝属)区間4位 48分32秒

[2日目]
・6区(13.2㎞)
石井翼(2年:肝属)区間5位 43分30秒
山内健太郎(OB:大島)区間8位 44分10秒
徳重祐児(OB:日置)区間11位 45分10秒
・8区(12.1㎞)
神田裕章(3年:肝属)区間1位 40分39秒
・9区(11.4㎞)
後藤健太(OB:曽於)区間3位 38分07秒
吉松和宏(OB:川辺)区間8位 38分57秒

[3日目]
・1区(9.8㎞)
安達辰徳(OB:姶良)区間2位 31分25秒
・2区(9.3㎞)
石塚正太(OB:日置)区間6位 29分39秒
・3区(13.3㎞)
伊藤文彦(4年:肝属)区間2位 40分27秒
・5区(12.3㎞)
吉川武彰(4年:肝属)区間7位 39分44秒
・8区(12.1㎞)
清水健児(OB:肝属)区間10位 40分54秒

[4日目]
・1区(12.0㎞=亀割峠)
石井翼(2年:肝属)区間4位 42分33秒
・6区(11.6㎞)
吉川武彰(4年:肝属)区間2位 37分44秒
安達辰徳(OB:姶良)区間5位 38分15秒
・7区(9.1㎞)
吉田幸三(OB:肝属)区間5位 28分35秒
・8区(11.0㎞)
神田裕章(3年:肝属)区間4位 36分36秒
後藤健太(OB:曽於)区間5位 36分39秒
・9区(11.6㎞)
吉松和宏(OB:川辺)区間10位 39分02秒
・10区(14.9㎞)
松村勲(コーチ:肝属)区間4位 48分46秒
山内健太郎(OB:大島)区間11位 51分15秒

[5日目]
・5区(12.3㎞)
松村勲(コーチ:肝属)区間1位 39分13秒
・6区(8.8㎞)
石塚正太(OB:日置)区間2位 27分45秒
後藤健太(OB:曽於)区間4位 28分13秒
・9区(11.3㎞)
石井翼(2年:肝属)区間3位 37分19秒
・10区(15.0㎞)
伊藤文彦(4年:肝属)区間3位 46分27秒
・11区(8.3㎞)
吉田幸三(OB:肝属)区間6位 27分28秒

肝属 総合4位 目標のAクラス死守
スポンサーサイト
大会結果
第21回 鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会

体大関係分
今屋 美佐(2年=川薩) 6区(4.0245km) 14'32" 区間7位
宮崎喜美乃(1年=肝属) 2区(3km) 10'38" 区間6位
柳井谷怜子(1年=肝属) 5区(3km) 10'17" 区間2位
大会結果
■□第5回全日本大学女子選抜駅伝競走□■

[九州学連チーム]
今屋美佐(2年):5区(6㌔) 20’38” 区間15位

※優勝は立命館大学でした(5連覇)。
大会結果
■□熊本陸協長距離記録会■□

[女子3000m]
西薗祐貴子 10'22"56
※記録修正

[男子5000m]
尾尻琢磨 14'54"26
吉川武彰 15'04"78
九州学生駅伝結果
■□第25回九州学生駅伝対校選手権大会□■

1区(13.5km):尾尻琢磨(2年)区間5位 40'50"
2区(7.8km):石井翼(2年)区間6位 23'50"(4位へ)
3区(17.9km):伊藤文彦(4年)区間2位 54'45"(3位へ)
4区(11.5km):神田裕章(3年)区間5位 36'09"(3位キープ)
5区(7.5km):佐藤淳哉(2年)区間24位 25'25"(5位に)
6区(14.0km):吉川武彰(4年)区間11位 52'24"(後半10位/総合5位)
7区(7.1km):龍崎唯一(1年)区間8位 20'51"(後半9位に/総合5位)
8区(15.2km):橋本孝寛(4年)区間8位 45'40"(後半7位に/総合5位)
    総合:5時間00分03秒=総合5位 ※総合はオープン除く


今回も応援ありがとうございました。
結果は総合5位でした。

春以降この間、結果がすべてだと痛感し、結果以外コメントは控えていましたが、今回は総評を述べさせていただきたいと思います。

今回、学生達はよく頑張ってくれました。
男子ブロック員8名で、怪我や体調不良が出れば棄権しなければいけない状況の中、みんな良い状態で当日が迎えられました。
これは学生達の日頃からの行い(努力)の積み重ねの成果だと思います。
足りなかったとすればひとえにコーチの力量です。

学生達は今回の駅伝から、また新たな経験ができ、新たな思いができたようです。
学生達の試合後のコメント(反省)を聞いて、まだまだ伸びる選手達だと確信しました。
きっとこれまで以上に頑張ってトレーニングに励んでくれることと思います。

今後とも皆様の応援をよろしくお願い致します。

                                      松村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。