スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最大酸素摂取量(VO2max)測定
20060929173448
今日は久しぶりにVO2maxの測定を行いました。

ちなみにVO2max(最大酸素摂取量)とは、おおまかに言うと「単位時間あたりに体内に取り込める酸素の量」です。つまり、その人の有酸素能力の指標となりうるものです。
(って難しい表現かな?)
簡単に言うと、持久力がある人ほど値が高い(ただし一流長距離選手になると、この値で競技力に差がみられなくなります。)

ってなものを測定しました。

この測定、オールアウト(もう走れなくなる)まで走り続けないといけないので結構キツイです
普段追い込んでいるようで追い込んでいないのが長距離選手(いかに楽に走るか!)、オールアウトは精神的にもキツイ!
しかし、せっかく測れる環境があるので、積極的利用です
研究にも役立ちますし、将来あんなこともしたなと話のネタにもなるので

以上、体育大学らしい一面を紹介しました。

※最大酸素摂取量の正しい表記は「VO2max」の「V」の上に「・」が付きます。

スポンサーサイト
鹿屋体大競技会結果
■第5回鹿屋体育大学陸上競技会

男子1500m
佐藤 淳哉(1年) 4'31"99=自己新

男子5000m
矢花 之宏(M1) 15'49"39
石井 翼 (1年) 15'50"69=自己新
神田 裕章(2年) 15'55"53=自己新
(LAP=3'10-3'11-3'11-3'11-3'06)

女子1500m
田代奈穂子(4年) 5'13"82


気温は若干高めでしたが、湿度は低く風も弱いグランドコンディションの中でのレースで、3名が自己ベストを出しました。
神田は5大会連続(予選会は初10000のため除外)の自己ベストです。
講演会
20060922112114
昨日(9月21日)、鹿児島県の中学校教員で今春本学大学院に入学し、陸上競技部にも所属してくれている幸福恵吾先生@プレイングアドバイザーに、中学校教員についての話をメインに職業についての講演をしていただきました。

実体験を赤裸々に話してくれ、そんなリアルな話にみんな釘付けでした。勉強会の時は眠そうなみんなが目を見開いて聴き入っていました。それだけ心に響きました。

教員として教えることの難しさ、喜びややりがいがとても伝わってきました。ホントに良い講演でした。

本学は中高の体育教員養成を教育のひとつの柱としています。今回の講演で教員を目指す者はもちろんのことその他の者にとっても新たな目線と刺激が与えられたことと思います。

ネットワーク障害
鹿屋体育大学スポーツ情報センターHPより

◇停電の影響によるネットワーク接続および一部サービスの停止
日時:2006年9月17日(日) 夜 から 9月19日10:30 頃まで
理由:台風13号接近による停電のため、上記の時間帯に一部のサーバが停止しました
影響:上記時間中、以下のサービスに影響が生じました
 1. ネットワーク接続不可
   →「IPアドレスの自動取得」 を設定しているPCからはネットワーク接続ができませんでした
     サーバ復旧後もネットワークに接続できない場合、PCの再起動をお願いします
 2. メールの送受信(停止)
   →本学公式アドレスでのメール送受信が停止しました
※現在、正常に動作しています
掲載日: 2006.9.19


以上の通り、17日~今日まで台風による停電のため、陸上部HPを含め体育大の部活関連のサーバがダウンしていました。
HPをご覧になろうとアクセスしていただきました皆様、大変ご迷惑をお掛けしました。
西日本インカレ結果
20060916161732
■第59回西日本学生陸上競技対校選手権大会
 9月15日~17日 福岡・博多の森

○男子1500m
[予選]
尾尻琢磨 3'57"28=決勝へ
[決勝]
尾尻琢磨 6位 3'57"60

○男子5000m
伊藤文彦 3位 14'57"12
尾尻琢磨 11位 15'15"69

○男子3000mSC
橋本孝寛 8位 9'23"73

○女子1500m
[予選]
中村梓 4'46"11=決勝へ
今屋美佐 5'12"00=予選落
[決勝]
中村梓 2位 4'36"58

○女子5000m
中村梓 4位 17'38"78


3日目(男子5000m)は、嵐の中でのレースでした。

※写真は女子1500mで2位になった中村の表彰

第3回勉強会
本日のお題は「疲労、痛み、故障」でした。

いつも通り調べてきたことを発表(5名)→軽くレクチャーを行いました。

簡単な痛みのメカニズムと種類、疲労の原因を例を出しながらまとめてみました。
うまくまとめられたかは…?自信かありません。まとめ方、伝え方は私(松村)の改善事項ですね!ガンバリマス!

ここでひとつ重要なのは、これまでの勉強会(食事、ウォーミングアップ・クーリングダウン)との関係性。大いに関わり合いがあるでしょう!
わかりますか?
学生チャンピオンシップ結果
20060909190540
■全日本学生陸上競技チャンピオンシップ
9月9日~10日 平塚

[1日目]
○男子3000mSC
橋本孝寛(3年)8位 9'33"10
 
○男子5000m
伊藤文彦(3年)2位 14'32"43=大会新、自己新、体大歴代7位

[2日目]
○女子1500m
中村梓(4年)7位 4'42"73
今屋美佐(1年)18位 5'15"87

○男子1500m
尾尻琢磨(1年)2位 3'54"77=自己新、体大歴代6位
伊藤文彦(3年)DNS


【選手コメント】
◆伊藤文彦
今回は連戦の中での大会ということで、一戦一戦に集中して走ること、積極的にレースを進めることの2点を特に意識して臨みました。プラス、確実に入賞!その結果、意識したレース運びができました。あと、成果と課題を感じ取ることもできました。
このような経験ができましたのも、中長ブロックOB・OG会の皆様からのご支援や、両親の応援があったからこそだと思います。
感謝を忘れず、次のレースに繋げていきたいと思います。

◆橋本孝寛
今回の目標は「大きな大会でも自分の走りを崩さずに」と「9分10秒台で走る」ということでした。結果は、まだまだ力不足で理想通りとはいきませんでした。
この結果を踏まえ、再度自分を分析し直し、これからのレースに繋げていきます!
今回様々な面で応援・ご支援くださいましたOB・OGの方々やチームの仲間に感謝したいと思います。ありがとうございました。

◆尾尻琢磨
今回、自分より高いレベルの選手と走ることができ、本当に良い経験、良い勉強ができました。しかし、上にはまだまだたくさんいます。ここで満足せず、全国には世界にはもっと速い選手がいることを心に留め、日々鍛錬に励みます!
また、今回優勝した坂さん(名城大学、日本IC4位、日本選手権7位)に、「伊藤くん」と間違われ、内心とても悔しい気持ちになりました。みんなに知られるような大物目指して頑張ります!!「ダークホース尾尻」になります!永田さんや歴代の先輩方に負けないくらい頑張ります!!
今回もご支援ありがとうございました。これからも「尾尻琢磨」をよろしくお願いします。

◆中村梓
今回の学生チャンピオンシップは、久々(2年半ぶり)の全国大会でした。緊張しました。約2年続いた故障も、4年生になりやっとなくなりました。今年は夏もしっかり走り込め、今を迎えています。そんな中での今大会、元気に走れるようになった喜びが半分、記録的にもう少し出せたのではないかという反省(悔しさ)が半分でした。しかし、私が合わせているのは来週の西日本インカレ(5000m)なので、それに繫がる良いスタートがきれたと思います。
鹿屋体育大学の選手として走れるのもあと少し。今後のレースは、走れなかった2年分も思いっきり走ろうと思います。
中長距離ブロックOB・OGの皆様、ご支援ありがとうございました。

◆今屋美佐
今回初めて学生チャンピオンシップに出場させていただきましたが、まだまだ力不足、練習不足でした。
目標は5分を切ることでしたが、全くとどきませんでした。
やはり練習でしっかり走り込み、自分が納得できるようにまでならないと、レースでもいい結果が出ないと感じているところです。
しかしこれにめげず、1週間後の西日本インカレに向け、いまできることをキチンとやっていきたいと思います。
今回、中長距離ブロックのOB・OGの方々にはご支援をいただき、本当にありがとうございました。これからも感謝の気持ちを忘れず、日々練習していきたいと思います。

20060910142336



遠征情報
20060908151808
只今神奈川に。
神奈川は鹿児島より暑い(即答)!駅降りるやすぐに汗ダクダクです(>_<)

さて、明日明後日(9月9、10日)と日本学生陸上競技チャンピオンシップが、平塚競技場で開かれます。

中長ブロックからは、以下の選手が出場します。

●男子1500m:伊藤文彦(3年)、尾尻琢磨(1年)
●男子5000m:伊藤文彦(3年)
●男子3000mSC:橋本孝寛(3年)
●女子1500m:中村梓(4年)、今屋美佐(1年)

今回この大会は、個人の力試し、大きな大会に出場し目線を引き上げる為の出場です。
男子は先週予選会、来週西日本インカレと試合が続きます。女子も来週西日本インカレ。
連戦は調整(ピーキング)しにくいのですが、今回はあえて出場。今の為というよりは今後の為です。
あと、個人の為になるのと同時にチームの為になると信じて。

暑さが多少気になるところですが、それぞれ何か掴んで帰ってくれればと思います。

全日本大学駅伝予選会結果
全日本大学駅伝予選会(宇美総合スポーツ公園)

●男子総合4位(4時間19分19秒84)

[個人]
伊藤文彦(3年) 30'17"15(個人総合4位)=自己新、体大歴代9位
尾尻琢磨(1年) 30'59"64=初10000
吉川武彰(3年) 32'19"99
橋本孝寛(3年) 32'23"09=自己新
藤田昇(4年) 32'41"51=自己新
石井翼(1年) 32'53"01=初10000
矢花之宏(M1) 33'49"78
神田裕章(2年) 33'55"67=初10000
幸福恵吾(M1) 34'25"30
西村宗剛(4年) 途中棄権

*参考*
総合:1位・第一工大(4時間04分31秒)、2位・日本文理大(4時間09分49秒)、3位・福岡大(4時間14分45秒)
個人:1位・アジズ(第一工大)29分35秒、2位ジェル(第一工大)29分35秒、3位・中野良平(第一工大)29分45秒

[コーチ評]
昨日(9/2)試合が21時終了だったので、安全を考慮し今日帰ってきました(経費削減のため、車乗り合わせで福岡に行きました)。

さて、レース評を。

レース経過は割愛させていただきます。すみません。

結果は4位と、目標としていた全日本大学駅伝出場は果たせませんでした。
なので、100%満足な結果かといわれると、100%ではありません、90%というところでしょうか。
結構高満足!学生達は良く頑張りました。
2~3名もう少しかなと思う者もいますが、総合でみれば合格点(89点)。

現状、男子ブロック員は11名(永田除く)で、うち推薦入学者2名、一般入学者9名です。
5000mのタイムでいうと、14分台2人、15分前半2人、15分後半1人、16分前半2人、17分台1人、これからを見据え基礎作り中1名、院の勉強や仕事でなかなか練習できない者2名。
そんな中での4位。
上位の大学は、1学年5~10名推薦で入れているような大学です。
そんな中での4位。
甘いといわれるかもしれませんが、そんな中での4位を評価してあげたいと思います。
あと、トラックとロードの違い、気候の違いがありますが、昨年より総合で10分速くなっています。
1人約1分。
昨年が悪すぎましたが、それでもこれも評価大で。

ただ、自チーム内でみれば合格点ですが、上位3校との力の差はまだまだあると痛感させられました。
他校も頑張っている。このことを忘れず、これからこの差をどう埋めていくか。
埋めていかないと全日本大学駅伝への道は開かれません。
これまで+α何が必要か?何をすべきか?
それぞれがしっかり考え、チームとしてもしっかり考え、この差を少しずつみんなで埋めていきたいと思います。

今回、試合前からを述べていましたように、流れ良く試合に臨めました。
これは、日頃からの皆様のご支援・ご声援の賜物であることはもちろんのこと、学生達の日々の行動の結果だと思います。
学生達には、この流れをキープしつつ、さらに大きな流れ(大河)にできるよう、色々な目線をもって、日々行動してもらいたいと思います。

皆様、今後ともご愛顧・ご支援・ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

                              松村勲


【このブログをご覧の高校生(受験生)の皆さんへ】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
さて、来年度全日本大学駅伝予選会参加が危ぶまれております。
(女子はすでに人数不足で出場できませんでした。)
男子2名、女子2名が来春卒業で、院生もそれぞれの勉強や仕事に専念する予定です。
つまり、人数が足りません。
主力が残る男子は来年大きなチャンスだと考えています。
女子も人数が揃えばかなり可能性が広がります。

ぜひ本学を受験していただき、見事合格され、私達の仲間となり、ともに全日本大学駅伝ならびに全日本大学女子駅伝出場を目指しませんか?
あなたの加入を待っています!!

いよいよ明日。
20060901200329
明日9月2日(土)福岡県の宇美総合スポーツ公園陸上競技場にて、全日本大学駅伝の予選会があります。

今日移動で福岡県入りしました。

男子はこの日(明日)を目標に、それぞれが思いを込めて練習に取り組んできました。結果良い流れでこれまでこれたと思います。
あとは臆せず、やってきたことを自信に走るのみです。

さて、福岡は意外と涼しく、競技場もとても綺麗に整備されていて、とても良い気持ち(雰囲気)で試合に臨めそうです。

今夜はゆっくり移動疲れを癒して、明日は元気全開でいきます!

皆さん応援よろしくお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。