スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルなし
1年の松浦のご両親から西瓜(鳥取産)の差し入れがありました。
ありがとうございます!
とても甘く、美味しかったです(癒)
山田君もウハウハです(笑)
スポンサーサイト
大会情報
来週末に行われます2大会の本ブロック出場選手を紹介します。

[第61回西日本学生陸上競技対校選手権大会(7.3~5:西京極)]

■男子800m
尾尻琢磨(3年)※1500mと同日の過密スケジュールのため棄権の可能性あり
■男子1500m
尾尻琢磨(3年)
■男子3000mSC
神田裕章(4年)
※石井翼(3年)は故障のため棄権
■女子800m
西薗祐貴子(2年)※1500mと同日の過密スケジュールのため棄権の可能性あり
木戸美里(1年)※1500mと同日の過密スケジュールのため棄権の可能性あり
■女子1500m
今屋美佐(3年)
西薗祐貴子(2年)
木戸美里(1年)
■女子5000m
今屋美佐(3年)
松浦七実(1年)
■女子10000m
柳井谷怜子(2年)

競技日程とスタートリストは関西学連HPをご覧下さい。


[第58回九州地区大学体育大会陸上競技(7.5~6:鴨池)
■男子800m
宮脇悠伍(1年)
■男子1500m
佐藤淳哉(3年)
宮脇悠伍(1年)
■男子5000m
佐藤淳哉(3年)
龍崎唯一(2年)
■女子800m
上田敏斗美(2年)
■女子1500m
宮崎喜美乃(2年)
森崎千洋(1年)
■女子5000m
宮崎喜美乃(2年)
森崎千洋(1年)

競技日程は鹿児島陸協HPをご覧下さい。
OGの活躍
第92回日本陸上競技選手権大会において、
OGの若月一夏(TOTO:H18年卒)が3000mSCにて2位になりました。

しかも9分54秒93でオリンピックB標準突破の日本歴代2位の記録です!
現段階では北京オリンピックに選ばれることは厳しいようですが、
来年の世界選手権の有力候補になったようです!

私も練習後にテレビ観戦しましたが、かなり手に汗握りました(笑)
まだまだ伸びる要素(ハードリング)が多いと感じたので、
これからが益々楽しみです!!

その他のOG達もそれぞれ頑張っています!!
報告
今年の梅雨は雨量が多いそうですが、
皆様の地域ではいかがでしょうか?
局地的な大雨になることが多いようですので、
ご注意いただければと思います。
ここ鹿屋は嵐のように降って、小降りになってを繰り返している感じです。
そんな中でも練習ではいい感じに天気が動いてくれています。
「俺達ついてる by新庄剛志」と感じます。

さて、大事な報告があります。

それは、今週末(22日)に行われる全日本大学駅伝九州地区予選会へエントリーしなかったことです(不出場)。

現在男子は8名います。
人数で言えば、本当にギリギリでエントリーは可能なのですが、
現状と今後を見据えて不参加にしました。
1%でも可能性があれば、何かが起こるかもしれないので出場すべきだという考えもあります。
実際私も基本的にはそう考えていこうと普段から心掛けています。
しかし、今回は、新入生のブランクや2年生以上の今後を最優先に考え、
今はじっくりコツコツ根を生やす期間だと判断しました。
今回の不参加の期間にじっくり作っていき、その分も冬の九州学生駅伝ではチームとして最大限の結果を残したいと思っています。

全日本大学駅伝出場を楽しみにしていただいているOB・OGの皆様や保護者の皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いに思います。

当面男子はこれまで同様部員数的にも厳しい時期が続くものと思いますが、希望と情熱を持って競技に取り組んでいきたいと思います。

ちなみに、女子の予選会は9月22日(月)福岡の小郡でと変更になりました。
シーズン始まって準備していた矢先の変更で戸惑うこともありましたが、
準備期間がそれだけ長くなったと良いほうに解釈して、
女子は男子の分もしっかり全国への切符を掴みたいと思います。

こんな私達ですが、今後とも変わらぬご支援・ご声援・ご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

                                                        松村
大会結果
平成20年度第3回鹿屋体育大学陸上競技会

■男子3000m
佐藤淳哉(3年) 9分41秒53=自己新
大会結果
2008日本学生陸上競技個人選手権大会(in平塚競技場)

[1日目(6月6日)]

■男子1500m
尾尻琢磨(3年) 3分57秒32=予選落

■女子1500m
松浦七実(1年) 4分42秒08=予選落
木戸美里(1年) 4分48秒09=予選落
今屋美佐(3年) DNS


[2日目(6月7日)]

■女子800m
木戸美里(1年)2分21秒89=予選落

■女子5000m
2位 松浦七実(1年)16分09秒42=大会新=体大新
23位 今屋美佐(3年)16分56秒32


九州インカレ(3週間前)に大きな山(ピーク)を作った後のレースで、また調整段階で天候にも恵まれないことが多かったので、厳しい大会になると思っていました。
そんな中でもそれぞれ大小収穫があった大会であったと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。