スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講習会
20080726214729
今日夕方、OBの中畑さん(9期生:小倉記念病院勤務)に、ペアストレッチ、ペアマッサージ、体幹トレーニングの講習を行っていただきました。

みんなトレーニングはしっかり行っている(頑張っている)ので、それだけにいかにうまく疲労を回復させ、少しでも良い身体の状態をキープ出来るか、また作っていけるかが、今のチームの最優先事項です。
それだけに、今日行っていただいた講習は大変有意義でした。
ありがとうございました。

その後行った3000mのトライアルも、最近走り込んでいて、またほぼ無調整の中、みんなまずまずの走りをしていました!
(参考:男子トップ神田8分57秒、女子トップ松浦9分38秒、最終(女子)10分24秒)
スポンサーサイト
御岳
ontake.jpg
いま御岳登山(1回目)をやっています!
只今頂上です。
ガスってまして風景真っ白です。
さぁ下ります。
大会結果
◆◇第63回鹿児島県陸上競技選手権大会◇◆

[女子1500m]
・予選
今屋美佐(3年) 4分43秒14=決勝へ
西薗祐貴子(2年) 4分50秒56=予選落
・決勝
2位 今屋美佐(3年) 4分34秒32=大学ベスト=体大歴代6位

[女子5000m]
6位 柳井谷怜子(2年) 18分04秒60
大会結果
□九州地区大学体育大会

[男子800m]
(予選)
宮脇悠伍(1年) 2分03秒95=準決へ
(準決勝)
宮脇悠伍(1年) 2分02秒37=準決落

[女子800m]
(予選)
上田敏斗美(2年) 2分28秒02=決勝へ
(決勝)
5位 上田敏斗美(2年) 2分26秒26

[男子5000m]
佐藤淳哉(3年) 17分13秒69
龍崎唯一(2年) 16分16秒98

[女子5000m]
森崎千洋(1年) 19分38秒06


上田は約1年半ぶり(大学初)のレースでした。
昨年末には足関節の手術も行いました。
その間もめげず諦めずコツコツとトレーニングを行い、
今回故障明け3,4回の軽いポイント練習だけでこの結果を出しました。
上田の頑張りには頭が下がります。
また、OBの中畑さんのサポートもありました。ありがとうございます。

上田だけではありません、みんなそれぞれコツコツとじっくりトレーニングを行っています。
このような選手たちがいることを誇りに思っています。
大会結果
■西日本学生陸上競技対校選手権大会3日目

[女子800m決勝]
8位 木戸美里(1年) 2分22秒90

今日も暑い中でのレースでした。


■九州地区大学体育大会

[男子1500m]
(予選)
佐藤淳哉(3年) 4分27秒43=予選落=自己新
宮脇悠伍(1年) 4分12秒22=組1位:決勝へ
(決勝)
7位 宮脇悠伍(1年) 4分10秒40

[女子1500m]
10位 森崎千洋(1年) 5分02秒31

全国的に急に暑くなっています。
その中でのレースになっています。
無理は禁物です。時には退くことも大切!
九州地区大学体育大会は明日まで行われます。
暑さ対策をしっかり行い、
各自が今ある力を少しでも発揮できればと思います。
大会結果速報
□■西日本学生陸上競技対校選手権大会2日目■□

~女子1500m~
[予選]
1組 木戸美里(1年) 4分43秒64=予選落
2組 今屋美佐(3年) 4分44秒27=決勝へ
3組 西薗祐貴子(2年) 4分51秒10=予選落
[決勝]
4位 今屋美佐(3年) 4分34秒63=大学ベスト=体大歴代7位

~男子1500m~
[予選]
尾尻琢磨(3年) 3分59秒10=予選落

~女子800m~
[予選]
西薗祐貴子(2年) 2分21秒55=予選落
木戸美里(1年) 2分16秒62=準決へ=体大歴代7位
[準決]
木戸美里(1年) 2分16秒85=決勝(明日)へ

~女子10000m~
17位 柳井谷怜子(2年) 39分09秒00

今日はかなり暑い一日(日中32℃、体感35℃くらい?)でした。
そんな中で、2本目3本目のレースの者もいましたが、みんな積極的に走っていました。
大会結果
西日本学生陸上競技対校選手権大会

■男子三千メートル障害
神田裕章(4年)12位 9分30秒00

■女子五千メートル
松浦七実(1年)2位 16分15秒60
今屋美佐(3年)10位 16分58分74

神田は初の西日本インカレながら、物おじせず序盤積極的にレース引っ張りアピール「先頭は鹿屋体育大学神田君、千メートル通過は3分00秒」、中盤よく粘りラスト追い上げ組3位でゴールしました。
エントリーをみると30位の位置でしたが、見事12位!
チームリーダーが立派なレースをしてくれました!

女子五千は、競技開始時間が遅くなると思いきあ早くなるといった慌ただしい中で開始になりました。
二人とも序盤から積極的にレースを進めていました。
松浦は脚の痛みが心配されるなか、立命館の沼田さん(世界ジュニア日本代表)には負けましたが、15分40秒台を持つ関西大学の松山さん(アジアジュニア日本代表)に競り勝ちました!
今屋は中盤離され第2集団でレースを進めましたが、その集合のペースダウンが著しく、目標の全カレB標準突破(16分40秒)はなりませんでした。
しかし、安定して16分台で走っています!

今日の京都はかなり蒸し暑かったです(気温31度)。
明日も暑いようですが、暑さに負けず、積極的なレースを心掛けていってくれることと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。