スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
□平成21年度九州学連南九州地区陸上競技会

[男子800m]
大貫隼世(1年)1'59"52
宮脇悠伍(2年)1'59"86
楠本達也(1年)2'09"12

[男子5000m]
池谷竜(1年)16'12"7
関口実(OB)17'06"9

[女子800m]
木戸美里(2年)2'25"96

強風吹き荒れる中での競技会となりました。
その中、800m組はまずまず、宮脇が良い引張り役をしてくれていました。
女子(木戸)も、1周目68"で入るなど、収穫がありました。
5000m、この強風の中での12周半は厳しい。。。
そんな中、関口さんがかなり頑張られていました!
スポンサーサイト
大会結果
■第2回鹿児島県陸上競技記録会

[男子1500m]
池谷竜(1年)3'54"27
尾尻琢磨(4年)3'55"32

[男子3000mSC]
田原貴央(1年)9'27"48=自己新?

先週のレース後、この間の疲れを取った後(この一週間は補強とマッサージ多め)、
POINT練習1回挟んで、今回は練習の一環(レース感覚戻し)で出場しました(たぶん)。
全体的に少しずつ上がってきている感じです。
私の見立てでは、全体的にまだ55~65%ほどの仕上げ(仕上がり)具合なので、
あとは上がっていくのみ!
これからあと20日で85~95%にしていきたいと思います。

なんだかいけそうな気がする~♪
あると思っているのは私だけでしょうか??
とはいえ、まだ右にも左にも転ぶ可能性があるので、
油断せず緻密にいきます。
大会結果
■第1回鹿児島陸協記録会

[女子5000m]
高力香織(1年)17'20"88
柳井谷怜子(3年)18'25"32
宮崎喜美乃(3年)19'04"11

[男子5000m]
池谷竜(1年)14'57"59
龍崎唯一(3年)15'30"24
尾尻琢磨(4年)15'47"15
宮脇悠伍(2年)15'55"40
田原貴央(1年)15'58"27
佐藤淳哉(4年)17'18"44


全体的にうまく走れなかったレースとなりました。
前回のレース(実業団記録会)後、今のチームに足りたい部分を求めてこれまでより質の高いギリギリの練習を行ったり、男子の数名は九州インカレの選考でTTを立て続けに入れたり少し詰めて練習したので、おそらくこの結果になったのだと思います。
変化を求めた時によく起こること(現象)だと思います。
変化途中の停滞もしくは低下といった類だと思います。
ここで止めてしまえば、また元に戻って地味な成長に留まると思います。
ここで我慢して乗り切ることで、一皮剥けてくるのだと思います。
チャンスはピンチの中にあり!
成功の前には大きな壁あり!
今の壁(ピンチではないですね。そんな悲観的に考えてはいません。)の向こうに成長や喜びがあると信じて、うまくやっていきたいと思います。
大会結果
□■金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会■□

[男子1500m]
池谷竜(1年)6位 3'57"29

(参考)1位 井野洋氏(富士通)3'49"82 2位小林史和(NTN)3'50"71 3位板直哉(NTN)3'52"73
※結構な雨が降り、寒かったです。



□平成21年度第1回鹿屋体育大学陸上競技会□

[男子800m]
長谷川淳(4年)2'06"40

[男子1500m]
宮脇悠伍(2年)4'08"26
田原貴央(1年)4'09"71
龍崎唯一(3年)4'10"62
佐藤淳哉(4年)4'31"02

[女子1500m]
上田敏斗美(3年)4'45"33=自己新
西薗祐貴子(3年)4'55"79
木戸美里(2年)5'03"62

競技会にご参加いただいた皆様ありがとうございました。
(加治屋君1500mの出だしを引っ張ってくれてありごとう!)
卒ブロック生から
今日から新年度に突入しました。
今日も鹿屋は強風が吹き荒れています。
そして、POINT練習の日でした。
なぜか最近POINT練習の日には決まって強風が吹きます。
誰か風男・風女がいるのでしょうか??

さて、少し遅くなりましたが、
今年3月に本ブロックから陸上競技部を卒部した「神田裕章」からのメッセージを掲載します。

『大学4年間を通して、考え方が変わったと感じています。
大学の最初の頃は、何でもただガムシャラに練習をやっていて、周りはこういう事をしている、こういう練習をしているとか周りの事ばっかりを気にしすぎていて、逆に、周りをみる余裕がありませんでした。
しかし、自分の身体の事や性格、行動などを知り、自分を理解していこうとする事で、周りも少しずつ見えるようになり、余裕が持てるようになりました。
そうなることで、自分にとってどうすることが競技にプラスになるのかを冷静に考えれるようになりました。
競技にプラスになる事を重ねる事によって、競技も面白くなるし、普段の生活にも張りが出て楽しくなりました。
物事の考え方、捉え方次第で、自分をプラスの方向に大きく変えていくことができるんだなと実感しています。
私は大学にきて、九州ICや西日本IC、九州学生駅伝、県下一周駅伝など多くの試合を走ることを経験でき、視野が広がりました。
少しずつですけど、上に進むことができて、速くなっている、強くなっているという実感を1年1年味わい続けることができて、とても充実した4年間を過ごすことができました。
今振り返っても自分なりにやりきった感はあるので全く後悔はしていません。
良き先生、先輩、後輩、友達に出会えて本当に良かったです。
それから、私は4年のときに中長距離のブロック長をさせてもらいました。
そのことにより、責任感の重さやチームをまとめる難しさなど、色々と考えさせられ、学ぶ事が多くあったので、少しは成長できたのではないかと思います。
こんな私でしたが、色々面倒をみていいただいた諸先輩方、慕ってくれて、支えてくれた後輩達、本当にありがとうございました!!
また、OB・OGの皆様をはじめご支援いただいた皆様には、本当に感謝しております。ありがとうございました。
                                平成21年3月28日   神田裕章』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。