スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■平成21年度第2回九州学連南九州地区陸上競技会■

[男子5000m]
大貫隼世(1年) 15分42秒00
上田 亮(1年) 16分01秒73

[男子10000m]
池谷 竜(1年) 31分52秒80
宮脇悠伍(2年) 32分00秒53=自己新
田原貴央(1年) 32分33秒62=自己新
佐藤淳哉(4年) 34分26秒97=自己新

結果報告が遅れましたが、
全日本大学女子駅伝の前日に、男子は鹿屋でひとレースしていました。
強風の中でのレースだったようです。
前期の課題であった長距離(1万m)への対応も出来つつあると感じます。
九州学生駅伝まで、スピードと持久力とももうひと上げできればと思っています!
(・・・が、欲張りすぎですかね。。。)

とりあえず、ひと休みした後、また少し持久的なトレーニングを積み、
その後再度スピードを高めていきたいと思います。
スポンサーサイト
大会結果
□■第27回全日本大学女子駅伝対校選手権大会■□

総合14位 2時間13分15秒

1区(6.0㎞):上田敏斗美(3年) 区間24位 21分18秒
2区(6.6㎞):今屋美佐(4年) 区間6位 21分57秒
3区(9.1㎞):松浦七実(2年) 区間8位 30分52秒
4区(4.9㎞):森崎千洋(2年) 区間12位 16分24秒
5区(4.0㎞):木戸美里(2年) 区間23位 14分32秒
6区(8.0㎞):西薗祐貴子(3位) 区間14位 28分12秒

【参考~昨年~】
総合16位 2時間15分56秒
 1区今屋20’18”(14) 2区森崎23’27”(17) 3区松浦31’07”(12) 
 4区宮崎17’22”(21) 5区西薗14’35”(17) 6区柳井谷29’02”(19)
 ※1区今屋のタイムが1分間違えていました。

たくさんの応援ありがとうございました。
結果は、残念ながら目標達成ならずの14位でした。
1区の出遅れがすべてでしたが、これは私(監督)の采配ミスです。
申し訳ありませんでした。
学生たちは、1区24位(しかもかなり離されて)という思いもよらない出だしの中、
よく14位まで盛り返してくれました。
力のないチームだったら、そのままズルズルといくところ(負の連鎖)でしたが、
2区から4区で14位まで10つ順位を上げ、終盤はよくキープしてくれました。
そういった点では、収穫がありました。
しかし、12位以内に入れず、選抜駅伝に単独で出れないことには、
応援してくださっている皆様に対して、本当に申し訳なく思います。
また、4年生の今屋と下田にも、チームとして戦う全国駅伝を増やすことができず、
本当に申し訳ない気持ちです。

1区の上田は日本ICの関係もあり、9月初旬まで800m、1500mのトレーニングに特化していたので、
3000mまではどうにか走れても、3000m以降は予選会も含め大きく失速してしまう傾向にありました。
2週間前の5km1本では16分50秒切で走ったので、どうにか6kmももつかなと思いましたが、やはり練習とレースでは本人の余裕度が違ったようです。
今の月間走行距離が300㎞を切るくらいなので、5km以上走るには、中距離選手とはいえ、やはり500㎞近くは走っておかないといけないなと感じました。
これからそれをどう達成できるか!?
怪我のしやすさを含め、今後どうしていくのかしっかり考えていかないといけません。

2区の今屋は、直前の練習経過は良好でこれました。
直前の練習で、本人には5000mで16分10秒前後で走れる感じだと伝えていましたが、まさか本番で15分台の選手たちに肉薄できるとまでは思いませんでした。
しかも24位スタートで、チームが勢いに乗っていない中、ここまで走ったのには、正直こちらの予想をはるかに超えていました。
最後の全日本大学女子駅伝であり、キャプテンであり、どうしてもこのチームでもうひと全国駅伝を走りたいなど、この駅伝にかける思いが人三倍くらいあったのだと思います。
後輩たちに想いが伝わる良い走りをしてくれました!

3区の松浦は、春先の原付事故からようやく復活の走りをしてくれました!
エース区間でエースらしいしっかりとした走りでした。
昨年は体調不良で悔しい思いをしたと思いますが、それをしっかり活かすことができたと思います。
これからは、復活から向上へ。
日本学生のトップでしっかり争える力をつけてほしい、つけていけると思います。

4区の森崎は、厳しく言えば、本来2区や6区を走らないといけない選手です。
そこを、表現はよくないのですが、一番険しくない区間での出走となりました。
それだけ周りがレベルアップしたということでもありますが、
長い距離に森崎というのはまだ不安があることも事実です。
そんな中でしたが、目標タイムをクリアし順位を1つ上げました。
16分台の選手に勝っていたりしますが、欲を言えば、あと一つ順位を上げて木戸に渡してほしかったなと思います。

5区の木戸は、高力の怪我後、状態を上げてきました。
おそらくですが、それまでは自分に出番(チャンス)があると思っていなかったのだと思います。
それが高力の怪我で出番の可能性が出てきて、そこから本気になり始めたように感じます。
この間の向上具合は素晴らしかったのですが、やはり本気になることが遅すぎました。
もともとできる選手です。本人がどんだけ本気になれるか。どんだけチャンスがあると思って取り組めるか。
これからの木戸に期待したいと思います。

6区の西薗は、春まで中距離(800m、1500m。前期後半は1500mにこだわり取り組んでいました)中心で取り組んでいましたが、冬場から積極的に距離を踏んでおり、
今回はチーム事情から6区8kmでの出走になりました。
直前の練習もAチームで取り組め、着実に力が付いている実感がありました。
なので、自信を持っての6区投入ででした。
その期待通り、しっかり走りきってくれました。

マネージャー2人(下田、山田)の働きもよく、選手は走る以外の心配はなくスタートラインに立てたものと思います。
特に下田は、私の気付かないところまで気が付いてくれ、しっかり準備や対処をしてくれました。
下田なしには、今回に結果(盛り返し)はなかったと思います。
本当に感謝です。

繰り返しになりますが、今回、目標は達成できませんでした。
この点では、まだまだ努力が足りない面があると思いますし、努力の中身や方向性を各自がしっかり再検討する必要があるのだと思います。
この結果がこれからに繋がるようにすることが、今回の悔しさを晴らすこと、今回の結果を活かすことだと思います。
来年はシード権争いします!(しっかりテレビに映ります!)そして確実に8位入賞します!

それが、今回の悔しさを晴らせる最低限のラインだと思いっています。

今後とも、応援、ご支援をよろしくお願いします。
大会情報
本日区間エントリーと開会式を終え、
いよいよ明日を待つばかりとなりました

ここで出走選手の発表です

1区(6.0㎞):上田敏斗美(3年)
2区(6.6㎞):今屋美佐(4年)
3区(9.1㎞):松浦七実(2年)
4区(4.9㎞):森崎千洋(2年)
5区(4.0㎞):木戸美里(2年)
6区(8.0㎞):西薗祐貴子(3年)

ここまで、昨年の経験を活かし、できる対策と準備はすべてやってきました。
この準備力もうちの強みです!
また、体調面では、中畑さんのご支援のもと、大きな怪我なく、10月当初に予定した通りのメンバーが組めました。
しかも、調子を上げてきた者が大半です!
あとは、やてきたことに自信を持って、またこのチームに誇りを持って、
元気に自分達のレースをするのみです
鹿屋体育大学陸上競技部中長距離ブロック女子チームの杜の都駅伝の主役〈ヒロイン)は、間違いなく上記の6名とサポートに回る6名の計12名の彼女たちです。
周りに臆することなく、この物語りを感動ある、愉しい(面白い)ものしてほしいと思います。

明日は、現地ならびにテレビでの応援をよろしくお願いいたします。


20091024160832

※開会式後の写真撮影。うちは誰が出たでしょうか?顔を左に傾けるか、パソコンを右に傾けてご覧ください(笑)
杜の都「仙台」
昨年の経験を活かし、今年は1日早めに、そして飛行機を乗り継いで、仙台に来ました
鹿屋(鹿児島)から仙台(東北)へ、やはり移動時間はかなりかかるものの、昨年と比べれば移動疲れがずいぶん違います(軽減)。
おかげで、みんな元気に仙台に乗り込めました

これ(1日早い移動)もたくさんの方々からご支援いただいたことで実現できたことです。
ありがとうございます

さて、ここ仙台、明日の朝の予想最低気温が「7℃」です
南国からきた我々には少々酷な気温ですが、しっかり対策・対処して体調を良い状態で保てるように心がけたいと思います

第27回全日本大学女子駅伝HP
※「おしらせ」に担当アナウンサーの各大学評が載っています!
大会結果
□■平成21年度熊本長距離記録会■□

[男子5000m]
池谷 竜(1年) 14’38”58(総合1位)
龍崎唯一(3年) 14’51”88=自己新
宮脇悠伍(2年) 14’57”88=自己新
田原貴央(1年) 15’16”61
大貫隼世(1年) 15’20”09=大幅自己新
上田 亮(1年) 15’47”73=自己新
佐藤淳哉(4年) 15’57”05=大幅自己新
楠本達也(1年) 16’39”27
山田竜世(3年) 17’10”08

チームとして、まずは収穫の秋第一弾となりました!
14分台突入者が2名増、大幅自己新(約1分)者2名と、
実りのある遠征になり、遠く熊本まで足を運んだ甲斐がありました。
特に、4年間じっくりコツコツ頑張ってきた佐藤の15分台は、
感動ものでした!

女子もいよいよ来週に迫った全日本大学女子駅伝に向け、
午前中良いポイント練習が行えました。
天候も神がかっていました!

再び『勢い』が!!

この勢いを作っているのは、
明らかに学生達の日ごろの行い、準備の賜物だと思います!
おっと、もちろん多く方々からのご支援も欠かせません!

この勢いに乗って、まずは全日本大学女子駅伝で、
全国にチャレンジしてきます!!

※夏一緒に合宿を行った仲間たちにも秋の収穫があったようです
G日記
近況報告(台風18号)
昨日から今日にかけて台風18号が日本を縦断していますが、
皆様各地の被害等々はありませんでしょうか

こちら鹿屋は昨日早朝から強風域に入り雨風が断続的に強弱を繰り返していました。
よって、朝練中止。
午後からは大学も休校になり、学生達は各自自宅待機となりました。
幸いその午後は全く荒れることなく、「暴風域?」といった感じでした。
今朝は全員が元気に集合し練習できました。
台風で昨日一日走れませんでした(各自補強のみ)が、良い休養になったと思っています。

10月に入り、後期授業が始まり、その中で大学行事(今日も17:15までキャリア形成シンポジウム)が入ってきたり、今回の台風襲来となかなかトレーニングがうまく組みづらい状況ですが、
うまく対処、工夫して、男子は来週の記録会に向け、女子は再来週の全日本大学女子駅伝に向け、個々の状態とチーム力を上げていきたいと思います。

全日本大学女子駅伝まであと17日。

ですが、私にはまだ大会がくる実感がなく。チームの雰囲気もそんな感じ(いい表現では「うかれていない」感じ。悪い表現では「勢いづいていない」感じ。っても、チーム状況は良好ですので、あしからず)。。。いいことなんだと思いますが、冷静すぎるというか、なんていうか。。。。まぁ意気込みすぎていなくて良いことなのでしょうが。。。。なんか物足りない感じです。。。が、結果が出る時はこんな感じだと思います。たぶん。。。もう少し元気(勢い)を出した中で、今までと同様緻密計画し、今できることをしっかりとやってきたいと思います!
取り組み
本日夕方にブロック定期ミーティングを行いました。

これは、一昨年度から月に1回、月初めに先月の分析・反省をブロック員全体で行うミーティングです。
昨年度までは、個人とチームの分析・反省・現状・これからの計画をそれぞれに発表してもらっていたのですが、
今年度はブロック員が多くなったので、チームの分析・反省をそれぞれに発表してもらっています。
※個人の分析等は、資料を回覧させています。

このミーティングの実施は、いろいろな意味合い(狙い)があります。
各個人がチームの一員としての自覚を養う為、
振り返り作業による頭の整理、
普段言えないことをいえる場の設定、
チームメイトの考え方の理解(相互理解)、
チームとしての改善点の創出、
チーム力(まとまり)アップ、
など、様々な要素があります。

これも、今のチームの強さ(勢い)の一要因と思います。
※他のチーム(大学)では行っていないことだと思います。

今回はその中で、「車・バイク・原付に関する基本ルール」を作成しました。
この間車や原付での事故が相次いでますので、
これはもう個人の問題ではないだろうということで、提案してみました。
内容は以下の通りです。

-----------------------------------------

車・バイク・原付に関する基本ルール 

平成21年10月2日
鹿屋体育大学陸上競技部
中長距離ブロック

■ 夜間(19:30~5:30)のバイク・原付の使用は、通学時、病院・治療(銭湯含む)もしくは夕食や食事の買出しへの行き帰り、その他緊急の場合以外、基本的に禁止する。※病院・治療、食事の買出しに関しては、できる限り昼間に入れるよう心掛けること。
■ 雨天時のバイク・原付の使用は、通学時、病院・治療(銭湯含む)もしくは夕食や食事の買出しへの行き帰り、その他緊急の場合以外、基本的に禁止する。
■ 遠征時などの長時間運転以外での、他人名義の車の運転を禁止する。※他者運転時でも保険が利く場合除く
■ どの運転においてもスリッパ、サンダル、裸足では行わず、必ず靴をはいて運転する。
■ バイク・原付の使用時は、短パンなど膝が出ているズボンでの運転は控える。
■ バイク、原付での集団走行(2台以上)では、車間距離を十分にとる(30m以上)。

以上のことをルールとするのは、乗物の使用(運転や乗車)が、極めて危険のリスクが高いことを常に認識することを心掛けるためである。

なお、これらのルールを守れなかった場合、免許の取り上げ等の対策を講じるものとする。

-----------------------------------------

学生(選手)を危険から少しでも守ることも私の役目です。
中には不便になるなと感じている者もいるかもしれませんが、
今回も私からの強制ではなく、私の提案をみんなで話し合って決めたことなので、
しっかり守っていってくれるものと思います。
また、これはルールですが、学生を縛るために作成したのではありません。
本文中にもありますが、運転は常に危険と隣り合わせだといいうことを認識してほしいからです。
これは、車・バイク・原付の運転時だけではなく、日頃からの話です。
野外走などの時も、こちらが意図しなくても車が突っ込んでくることがあるかもしれません。
そう思って、歩道の端を走ったり、無理に車道を横切らないなど、常に安全を心掛けてほしいと思います。


そして、今日から後期の授業が始まりました。
勉学に励むことも学生の大事な役目です。
勉学が充実すれば、生活が充実し、競技も充実します。
その好循環をしっかり作り出せるように、しっかり勉学に励んでもらいたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。