スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当の締め?
先日25日にブロックとしての2010年活動締めでしたが、
2年生の1月10日成人式組で自主トレーニング期間を延長し成人式まで帰省を延ばす者は、
本日まで鹿屋でトレーニングを行っていました。
この3日間強風吹き荒れていた鹿屋ですが、その中でしっかり実施できました。
ちなみに、男子Lは120分J/60分J+200×5→150分J→鳴之尾+2000、というメニューでした。

さて、先述していますが、チームでは成人式への参加を認めています。
一昔(私が大学生の時)は、成人式への参加は認められておらず、
一に練習、二に練習、三、四も練習、五も練習が活動の基本でした。
多くの強い大学はこの考え方だと思います。
年末年始の帰省期間も与えていることもあり、3年前まで私もこの考えでした。
しかし、3年前に学生達からの熱い要望(考え)があり、認めることにしました。
その考えは、成人式で成人になる自覚ができること、また現在働いている同級生に会ったり、他大学に行っている同級生に会い話をしたりすることで、
今の自分を見つめなおす良い機会になり、今後(競技力向上)に繋がるということでした。
つまり、成人式に参加した方が強くなる(競技力向上に繋がる)という主張でした。
その主張に、私ものり、認めることにしました。

アスリート(競技者)であるならば、何より競技力向上に繋がる思考(考え)を持たなければならないと思います。
行動のすべてが競技力向上に繋げていけるかどうか。
休みにしても、「休むこと」も競技力向上には必要、「休みの日は競技のことを一切考えないこと」が自身の競技力向上に繋がると、競技力向上に繋げていくこと。
そう考えれば、一般的に良くないのではと捉えられがちな「休むこと」も、強くなる(競技力向上)には必要なことなります。

長く帰省期間を与えるのは・・・・、という考えも、
前回記事にしたように、鹿屋という土地でのトレーニングでマンネリ化しないように各自の土地でと考えれば、良い期間になるのではないでしょうか?
もちろん、そう思って、各自の土地でしっかりトレーニングができるかが必要ですが。

そして、この様な捉え方(思考、考え方)をするためには、
競技に対しての向き合い方(姿勢)がとても重要になってくると思います。
ただ単に競技をしているだけなのか?やらなければならないから行うのか?
自分の可能性にチャレンジするためなのか?愉しむためなのか?
強くなりたいのか?トップになりたいからなのか?
好きなのか?嫌いなのか?苦しむためなのか?
競技を、今やっていることを、どういう目線で、どういう姿勢で実施するのか。

同じやるならトコトン愉しめば良いのではないかと思います。
上手くいくこと、上手くいかないこと、得意な練習、苦手な練習、
筋肉痛に、息が上がること、心拍数が200拍/分をこえること、
辛いこと、厳しいこと、楽しいこと、嬉しいこと、悔しいこと、
すべてひっくるめて、何事もトコトン愉しめばいいのだと思います。

「私は10分走って楽しくない(やっても意味がない)と思ったらトレーニングを止める。」byゲブレセラシエ
※基本的にはこうならないようにもっていきなさいということ。楽しくなるようにしなさいということ。
スポンサーサイト
大会結果(正式)と2010年の御礼【追加と修正】
※記録を正式記録に修正。文章を変更・追加しました。

■第11回日本体育大学女子長距離競技会(12/15日体大健志台)

[女子5000m]
崎浜絵美(2年)18分04秒66
藤田千尋(1年)17分48秒85
西薗祐貴子(4年)17分16秒16
西田美咲(1年)17分12秒03=自己新
上田敏斗美(4年)16分24秒31=自己新=体大歴代4位
高力香織(2年)16分43秒58
森崎千洋(3年)16分49秒52=自己新
松浦七実(3年)16分25秒74

毎回風が吹かず好記録が出ると評判の日体大で、風が吹いていました(不運1)。
あと、10℃に満たない気温でもありました(不運2)。
ちなみに、待機場所は屋外のみでした(不運?3)。
よって、寒さに耐える大会でした(笑)

なので、競技会全体の記録が低調で、レースの流れも10~20秒マイナスになっていたといったところです。

その中で今日の結果は、この間の練習内容(流れ含む)がそのまま出た面もあります。
全日本大学女子駅伝(以後、全日本)後のレースの流れとそれによるトレーニングの組み立てががとても中途半端でした。
これに関しては、私(松村)のミスです。
全日本後一度休んで、その後12~15kmでじっくり作って、それから実戦的に仕上げていくべきでした。そうなると九州学生女子駅伝は・・・・。結局中途半端に出る形になってしまった感があるので、もう少ししっかり位置づけを考えるべきでした。あれもこれもは欲張りすぎ。あと、全日本の結果を受けというより、その前の取り組みの凄さに、全日本後もそれ、いやそれ以上を求めてしまいました。気持ちが高揚している今がチャンスだと思ってのことでしたが、全日本に向けてのあの集中力をその後維持するのは困難でした。やはり、欲張っては駄目ですね(反省)。

あと、今回、レースの流れに乗って記録を出すことを狙っていたうちの選手達は、この流れ(10~20秒マイナスペース)に乗りすぎ、記録が出せなかった面もあります(上位(16分台)の者大半)。

よって、種々の大会の標準記録突破を狙っての出場でしたが、上記の条件等ではいた仕方なしです。

日本トップレベルの選手とのレースや、いつもよりレベルの高いレースを経験でき、今回はそこに出場した意義(価値)があったと思います。

記録はこの冬しっかり作って、来春狙います!
とりあえず、15分台2人とあとは16分20秒切で。
そのためのヒントはいただきました!そのイメージもあります。


そして、本日で2010年のブロック活動は締め、年末年始の各自自主トレ期間に入ります。
鹿屋組の男子やミドルも良い練習締めができたようです。

2011年、また新たな気持ちで、元気よくスタートしていきたいと思います。
その為、いつもより長めの自主トレ期間を作りました(12/26~1/4)。
基本、うちの選手はみんな真面目で、各自に任せてもしっかり練習を行うメンバーだらけです。
なので、各自の土地で練習を行うのも、マンネリ化を防ぐ意味でもいいかなと。

あと、この期間に、それぞれがこの1年間をしっかり振り返り(分析)、現状を見つめ、そこから未来をプランニングする(創造する)ことを宿題にしています。
人間はそれぞれが思い描いた未来(人生)を実行している生き物ですから。


ご支援いただいております皆様には、今年も多大なるご支援をいただき、その結果、今年の飛躍(日本インカレ優勝&入賞、全日本大学女子駅伝6位など)が成せました。
ご支援いただき誠にありがとうございました。

来年も学生共々、更に高い目標を目指して、うちらしくじっくりコツコツやっていきます!
それがきっと今年に負けない結果を生んでくれるものと確信しています。

来年もこれまで同様の温かいご支援をいただけますよう、心からお願い申し上げます。
試合情報
今日クリスマスイブは全国的に強風で、明日からまたまた冷え込んでくるようですが、サンタばりに元気に乗り切っていきましょう!

さて、ただいま女子ロングの大半は横浜にいます。
明日開催される日体大の記録会に出場するためです。

鹿屋にいるとなかなか記録の出る大会に出場できる機会が少ないことから、
いつかは日体大の記録会等に出場したいと考えていたのですが、
幸い今年は全日本大学女子選抜駅伝が休会になったことと、多くのご支援(寄付金)がいただけたこともあり、
出場する運びとなります。
とはいえ、すでに今年は龍崎と山田(崇)が出場しているのですが、、、、
ご支援いただいている皆様に本当に感謝申し上げます。

ただ、先日述べたように、大半がここまで練習自体はうまく流れてきていませんでした(準備不足。身体もしっかり作れていない=絞れていない。※これに関しては、プランニングにまずさがありました。)
全日本大学女子駅伝前には軽く(?)行えていたこともできていない感じではあります。
しかし、練習をしてこなかったわけではありませんので、
とりあえず、記録を出すことを狙ってチャレンジできればと考えています。
うちの選手は、西日本以上の各大会で自身の持ちタイム以上の選手と争ったり勝ったりしているので、もっと記録が出てもおかしくないのですが、なかなか記録が伴っていないこともあります。
この面では、本番に強い選手が多いのだと思います(ピーキングがうまい。←プランニング)。
日本インカレでの優勝や入賞、全日本大学女子駅伝での6位入賞はその表れだと思います。
特に全日本大学女子駅伝では、実際の5000mのチーム平均記録(公認記録)はギリギリ16分台といったところだったので。

しかし、大学生(一般)は各大会に標準記録があり、より多くの、より高いレベルの大会に出場するためには、記録を出さないといけません。
つまり、強さより速さが必要になってきます。
高いレベルの大会で経験を積んでいくためにも、そろそろ速さも兼ね備えていければなと思います!

来年は女子ロング部員数を考えると(現在のところ9名ほど)、個々のレベルアップが必須だと思います。
少数精鋭。目指していきましょう!!
陸上競技部表彰式
昨日午後、平成22年度鹿屋体育大学陸上競技部表彰式がありました。

本ブロックからは、以下の者が賞を受賞しました。

[優秀選手賞]
・上田敏斗美(4年)日本IC女子800m、女子1500m優勝
※最優秀選手賞は、仲田愛(日本IC女子棒高跳優勝、日本学生新記録樹立)でした。

[新記録賞]※鹿屋体育大学新記録樹立者が対象
・中谷勇人(1年)男子5000mW、男子10000mW
・上田敏斗美(4年)女子800m、女子1500m、女子3000m

[敢闘賞]※全国大会初入賞者が対象
・池谷竜(2年)日本学生個人選手権男子1500m2位
・西薗祐貴子(4年)全日本大学女子駅伝総合6位
・森崎千洋(3年)全日本大学女子駅伝総合6位
・藤田千尋(1年)全日本大学女子駅伝総合6位

[功労賞]
・山田竜世(4年)中長距離ブロックのマネージャーとして中長距離の活躍に寄与、および部の主要対校戦でのトレーナー活動で部の活躍に寄与したことを評価
・宮崎喜美乃(4年)会計係主任として、学生補助を補助を増やしながらも、部の決算を黒字としたことを評価

[グランプリシリーズ]
2位 上田敏斗美(4年)
3位 家吉彩夏(2年)
6位 長尾俊(1年)
7位 中谷勇人(1年)

今年は、部として多くの受賞者がでました。
また、優秀選手(3名、うち1名が最優秀)では、日本インカレチャンピオンですら受賞できないハイレベルなものとなりました。
来年もこの賑わい(活躍)をキープできればと思います。
今年度(陸上部年度)はまだまだスタートしたばかり。
みんなにチャンスがあります!!
栄養会兼4年生お疲れ様会報告


[メンバー]
女子全員

[お品書き]
●メイン
・カレー鍋印度風
・赤味噌鍋韓国風
・トマト鍋美人風
●サブ
・餃子
・ロールキャベツ

[4年生のコメンツ]
・上田
最近栄養が不規則になりがちだったのですが、今回の栄養会でたくさんの野菜を食べられて元気いっぱいになりました。今日のポイントの疲れもとれそうです!
これを力に卒論も日体も頑張ります!
ありがとうございました(^-^)

・西薗
最近栄養不足だったり孤食になりがちだったので、みんなで楽しく栄養を摂れて最高でした。準備してくれた後輩たちに感謝です☆これで卒論の追い込み頑張ります!
ありがとうございました(^^)

・柳井谷
久しぶりに皆と会えてワイワイご飯を楽しく食べられていい栄養会になりました。おいしいお鍋を準備してくれた後輩に感謝しながら、また卒論頑張って仕上げます!
ありがとうございましたf^_^;

・宮崎
みんなの元気な顔をみながらのご飯は、とても美味しく元気になりました!!部活で皆に会えたら、元気になってたことを思い出しました☆卒論に追い込まれたら、部活に顔出します(笑)後輩のみんなありがとう!!

栄養会兼4年生お疲れ様会

[メンバー]
男子全員

[メニュー]
■主菜
・カルボナーラ鍋
・キムチ鍋
・トマト鍋からのレベルアップ
■副菜
・青春の卵焼き
・サーモン
・後からやって来た枝豆
■オマケ
・うどんチーノ
・龍崎さんが素潜りで取ったウニ


[四年生からのコメント]
・龍崎さん
今日はお誘いいただき、大変ありがとうございます。卒論で忙しい(つもりの)龍崎は大変助かりました。またトマト鍋などというハイカラな物をご馳走していただき、感謝感激雨霰。これで私は県下一周駅伝の予選でいい感じで走れます。竜世は卒論がはかどるでしょう。
なんだかなぁ~!

・竜世さん
3種類の鍋+αということで、沢山の味を楽しめました。
特に鍋は味をアレンジしたり、うどんを入れたり、さらにはおじやにしたりしたことで、みんなでワイワイ新しい味を発掘(?)しながらおいしい食事が出来ました。
これで卒論頑張れます!!
皆さんありがとうございました!!
練習風景

男子は先週末の記録会後、ゆったり期間に入っています。
女子ロングは来週末の日体大記録会に向け、トレーニングを積んでいます。
ミドルもその中に。

その中で、男子が女子のトレーニングを引っ張ってくれています。
これは男女一緒に活動しているうちの強みだと思います。
男子のみんな、ありがとう!

ただ、女子は正直言って、まだうまく流れていません。
この原因はわかっています。
ズバリ『プランニング(計画)』です。
これに関しては後日詳しく述べます。
大会結果報告
■2010長崎陸協佐世保競歩大会(12/12佐世保)

[一般男子10000mW]
2位 中谷勇人(1年)45分42秒92=自己新=体大新

【中谷の感想】
目標の44分台に届かず、残念な結果となりました。
まだまだ力不足だと感じました。
ただ、5000m辺りまで先頭を歩いたり、日本記録保持者の森岡さんに後半引っ張ってもらえたり、良い経験になりました。
応援ありがとうございました。 中谷
林檎パワー?
■平成22年度 第4回熊本県長距離記録会(12/11水前寺)

[男子5000m]
池谷 竜(2年)14分20秒40=自己新(全体1着)=体大歴代3位
龍崎唯一(4年)14分41秒44=自己新
宮脇悠伍(3年)14分58秒86
大貫隼世(2年)15分02秒08=自己新
田原貴央(2年)15分34秒34
長尾 俊(1年)15分34秒56=自己新
上田 亮(2年)15分34秒68
竹下慧甫(1年)15分51秒17=自己新
増本和之(1年)15分56秒73
山田崇朝(3年)16分26秒31=自己新
楠本達也(2年)16分37秒78

[女子5000m]
木戸美里(3年)17分36秒62

男女とも『未来が明るい(明るい未来が見えている)』と記載した一端を見せられたのではないでしょうか?
男子は大半が連戦(3週連続)の中でのこの結果、
女子(木戸)はまだチームの練習にもほぼ入っていない中でのこの結果。
やりますね学生たち!!
今朝の鹿屋
『-1℃』

今朝の鹿屋の気温です。
ちなみに、朝練時は『0℃』でした。
今日の日中は15℃近くまで上がるとか。
確かに暖かい。
野菜も人も育ちたい放題ですね?

さて、近況です。
男子ロングは、明日の記録会(in熊本)に向け、九州学生駅伝後も練習を継続しています。
というより、九州学生駅伝前より元気なような・・・・(プレッシャーからの開放?)
女子ロングは、月末の日体大記録会に向けトレーニングを継続しています。
明日のトレーニングは早速の大一番!?今朝も寒さに負けずみんな元気に走っていたので大丈夫でしょう!
ミドルは、鍛錬。といってもまだ軽め。
徐々に徐々に上げていきますよ。
ウォークは、日曜日に佐世保で試合。今期最終レース!?
今日の刺激はいい感じだったので、あとは微調整して挑むのみ。
45分切りなるでしょうか!?
大会結果
この間参加しました競技会の結果を記載します。

■平成22年度 第6回鹿児島県強化種目別記録会(11/27鴨池)

[男子5000m]
池谷竜(2年)14分49秒52
龍崎唯一(4年)14分56秒64
宮脇悠伍(3年)15分05秒92
田原貴央(2年)15分18秒35
大貫隼世(2年)15分24秒74
長尾俊(1年)15分46秒23
増本和之(1年)15分55秒11
上田亮(2年)16分03秒04
楠本達也(2年)16分29秒55

[女子3000m]
松浦七実(3年)9分47秒02
高力香織(2年)10分01秒37※スタートで靴脱
西田美咲(1年)10分09秒70
森崎千洋(3年)10分11秒26
宮崎喜美乃(4年)10分16秒60
崎浜絵美(2年)10分26秒74
木戸美里(3年)10分41秒07

■広島県央競歩大会(11/28)

[男子10000mW]
中谷勇人(1年)45分47秒39=自己新=体大新(約2分30秒更新)
結果報告
■第28回九州学生駅伝対校選手権大会(12/4島原)

総合4位 鹿屋体育大学

[個人]
1区 池谷竜(2年) 区間6位 24分39秒 ※2位まで1分3秒
2区 大貫隼世(2年) 区間17位 26分14秒 ※2位まで1分46秒
3区 長尾俊(1年) 区間9位 19分36秒 ※2位まで1分43秒
4区 龍崎唯一(4年) 区間2位 42分13秒=区間新 ※2位まで46秒
5区 田原貴央(2年) 区間8位 30分53秒 ※2位まで1分51秒
6区 上田亮(2年) 区間7位 21分25秒 ※2位まで1分49秒
7区 宮脇悠伍(3年) 区間3位 24分12秒 ※2位まで1分18秒


■第10回九州学生女子駅伝対校選手権大会(12/4島原)

総合3位 鹿屋体育大学

[個人]
1区 高力香織(2年) 区間2位=区間新※1位まで2秒
2区 森崎千洋(3年) 区間2位※1位まで17秒
3区 西田美咲(1年) 区間3位※1位まで59秒
4区 松浦七実(3年) 区間2位=区間新※1位まで42秒
5区 崎浜絵美(2年) 区間3位※1位まで2分15秒

上記の結果で、男女とも目標(男子2位(出雲出場権)、女子優勝(2連覇))達成ならずでした。

男子は、来年度の出雲の出場権獲得を目指し、7月末からスタートしました。
夏もそれをモチベーションに良いトレーニングができ、力もついてきていました。
ただ、10月末からなにだかチグハグな感じ(集中力が足りない感じ)になっていきました。
それでも直前に徐々に引きあがってきて、比較的いい状態で当日を迎えられたと思います。
そして、結果は2位(出雲出場権獲得)まで1分18秒足りず、4位に終わりました。
2年生力が足りませんでした。2年生はこの1年全体的にチグハグでした。
池谷が30秒、大貫が40秒、田原が30秒、計1分40秒、本来の力であれば短縮できていたと思います。
他のチームもそういった計算をすれば、もう少しタイムを縮めている可能性は高いのですが、
それを考えなければ、出雲に手が届いていたことになります。
惜しいことをしました。
ただ、悲観はしていません。
現状良く戦った思いますし、結果、2位になれる力が備わっていることも見えました。
また、龍崎の走りは凄かったです!宮脇の走りは逞しかったです!
出雲に出れることで浮かれるよりも、より上を目指して切磋琢磨できることに喜びを感じたいと思います。
そういった意味で、これからにつながる良い大会になりました。
未来が明るく、大きな希望が見えました!
それを実際の未来(現実)にすることができるかは、これからの取り組み(意識)にかかっていると思います。
来年は第一工大の背中を捕えにかかります!

女子は、これから(来年度の全国での戦い)を選択し、3年生以下のチーム編成で挑みました!
結果は、予想通りの成績になりました。
これが最後の大会になる4年生には大変申し訳ない選択をしました。
なので、なおさら3年生以下の自覚が大切になってきます。
その自覚とは、大会(レース)で頑張るのではなく、その準備過程で最善の選択をし、最高の状態で大会に挑むことです。
今回の選択をせざる得ない状況を作った3年生以下のメンバーは、まずそれを反省しなければならないと思います。
そして、何より、これからこの選択が間違えでなかったことを証明していかなければなりません。
九州3位からのスタートです。
それでも我々の目線は全国上位で戦うことです。
みんながその目線を持って這い上がっていきたいと思います。
4年生への誓い、2年連続シード権獲得やってみせます!

これからのチームにこうご期待!!
大会情報
明日(12月4日)は九州学生駅伝(男女)です。

男子は、
①池谷-②大貫-③長尾-④龍崎-⑤田原-⑥上田亮-⑦宮脇
のメンバーで、付き添い、応援、補助員を含め、現在(目標達成)のため、団結駅伝をしてきたいと思います。

女子は、
①高力-②森崎-③西田-④松浦-⑤崎浜
のメンバーで、付き添い、応援、補助員を含め、未来(来年の全国での戦い)のため、団結駅伝をしてきたいと思います。

応援よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。