スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果報告
■ゴールデンゲームズinのべおか 第22回大会(H23.5.28/西階)

[女子5000m D組]
10着 玉置友耶(1年)16分57秒57=自己新
13着 高力香織(3年)17分07秒84
14着 西田美咲(2年)17分08秒38=自己新
16着 藤田千尋(2年)17分17秒03
20着 崎浜絵美(3年)17分47秒02

[女子5000m C組]
4着 森崎千洋(4年)16分19秒64=自己新=体大歴代3位
スポンサーサイト
近況報告
九州南部は月曜日から梅雨に入った模様です。
連日雨と、そして強風です。特に昨日今日はひどい強風でした。

そんな中、先週末に九州インカレが終りホッと一息といったところ。
ではなく、あくまで九州インカレはシーズン緒戦ということで、
次の目標試合に向け継続的に計画・行動しています。

今朝も強風に負けず集団走。雨がほぼ降らなかっただけでも幸運☆

さて、毎年九州インカレでは「コーチ評」を記載していますが、今年は控えました。
先述したとおり、あくまで九州インカレは通過点。(といても、手を抜くというわけではありません。)
当たり前ながら、現状の中では最大限持っていくのですが、年間(前期)でのピークはここではなく。
見方を変えれば、それだけのチーム(全国目線)になったと言えます。

その中で、日本インカレの出場権を手にした者達は立派(上手い)と言えるかもしれません。
(まぁ、うち2名は勝ったにもかかわらず、私に叱られるといったこともありましたが。。。。)
その他の者もそれぞれが今後に繫がる何かを手に入れたと思います。

すべてはこれからです。

今のチーム、そして選手達の未来は明るい。
きっとやれます!やってくれます!
大会結果
■第81回九州学生陸上競技対校選手権大会

《3日目》

[男子1500m]
・予選
組1着 池谷竜(3年)4分01秒66=決勝へ
組2着 大貫隼世(3年)4分00秒61=決勝へ
・決勝
2位 池谷竜(3年)3分57秒92
8位 大貫隼世(3年)4分02秒25

[男子10000m]
・決勝
13位 龍崎唯一(5年)32分29秒68
26位 増本和之(2年)33分18秒92
30位 長尾俊(2年)33分37秒82

[男子4×400mR]
・決勝
3位 鹿屋体育大学(4走:田口47秒7ラップ) 3分12秒82

[女子1500m]
・予選
組2着 玉置友耶(1年)4分52秒02=決勝へ
組2着 西田美咲(2年)4分52秒39=決勝へ
組2着 森崎千洋(4年)4分45秒26=決勝へ
OP 西島茉里(1年)4分50秒90=自己新
・決勝
2位 森崎千洋(4年)4分27秒10=自己新=体大歴代3位=日本インカレ標準突破
6位 玉置友耶(1年)4分43秒64
7位 西田美咲(2年)4分43秒93

[女子10000m]
・決勝
7位 藤田千尋(2年)36分15秒33=体大歴代8位
8位 崎浜絵美(3年)36分37秒98=自己新

[女子4×400mR]
7位 鹿屋体育大学(1走:家吉(62秒2)、2走:西島(60秒8)、3走:坂(61秒4)、4走:藤田(66秒7))4分11秒45
大会結果
■第81回九州学生陸上競技対校選手権大会

《2日目》

[男子800m]
・準決勝
組3着 大貫隼世(3年)1分55秒66=決勝へ
組4着 藤川龍之介(2年)1分56秒63=自己新
組1着 田口泰広(1年)1分56秒46=決勝へ=自己新
・決勝
1位 田口泰広(1年)1分53秒57=自己新=日本インカレへ=体大歴代7位
4位 大貫隼世(3年)1分56秒54

[男子5000m]
・決勝
4位 池谷竜(3年)15分02秒76
27位 宮脇悠伍(4年)15分56秒51
36位 平田圭(1年)16分22秒17

[男子3000mSC]
・決勝
1位 土肥啓人(1年)9分21秒33=日本インカレへ
5位 上田亮(3年)9分31秒98
8位 田原貴央(3年)9分36秒16

[女子800m]
・予選
組2位 坂瑞穂(2年)2分20秒46=決勝へ
組1位 西島茉里(1年)2分19秒59=決勝へ
・決勝
4位 西島茉里(1年)2分16秒73=体大歴代9位
7位 坂瑞穂(2年)2分20秒78
大会結果
■第81回九州学生陸上競技対校選手権大会(H23.5.20-22 KKW)

《1日目》

[男子800m]
・予選
組2着 田口泰広(1年)1分57秒61=準決勝へ
組1着 藤川龍之介(2年) 1分59秒10=準決勝へ
組1着 大貫隼世(3年) 1分57秒92=準決勝へ

[男子3000mSC]
・予選
組1着 上田亮(3年)9分34秒95=決勝へ
組1着 土肥啓人(1年)9分49秒28=決勝へ
組3着 田原貴央(3年)9分40秒40=決勝へ

[男子10000mW]
・決勝
1位 中谷勇人(2年)45分31秒06=自己新=日本インカレへ=体大記録更新

[男子4×400mR]
・予選
組1着 鹿屋体育大学(2走:田口48秒後半ラップ)3分14秒??=決勝へ

[女子400m]
・予選
組4着 坂瑞穂(2年)61秒45=予選落
DNS 片山直美(1年)

[女子5000m]
・決勝
4位 森崎千洋(4年)17分02秒85
8位 西田美咲(2年)17分38秒64
?位 玉置友耶(1年)18分14秒94
OP 藤田千尋(2年)17分59秒16
近況報告


今日は試合のない日曜日でした(通常Freeの日)が、
来週末に九州インカレがあるのと木曜日を一日各自に任せたこともあり、
午前中に練習を入れました。
とはいえ、大半が昨日POINT練習を行ったので、今日はコンディショニング的メニューでした。

昨日のPOINTは強風の中での実施となりました。
設定通りいけた者と、上手く行えなかった者がいました。
このPOINTへの準備を反省しつつ、今後にどうのような取組みを行っていくか(プラスしていく)を各自考え、自分を変えられるいい機会になったと思います。

さて、先日告知していた通り新たに加わった仲間の紹介を行います。
※すでに陸上競技部のHPにはアップされています。
 名前、出身校、出身県の順

[ミドル]
・田口泰広 熊本北 熊本
・片山直美 小豆島 香川
・西島茉里 県立西宮 兵庫

[男子ロング]
・田中克典 今治西 愛媛
・土肥啓人 鎮西学院 長崎
・平田圭  庄原格致 広島

[女子ロング]
・玉置友耶 三木 兵庫

[マネージャー]
・虻川真紀 大館鳳鳴 秋田
環境と意識
先日、中畑さんが他校(ライバル)の取り組みがどのようなものか知ること、想像することが必要とコメントに書かれていました。
とりあえず女子駅伝で参考に→松山大学 ※「日本一を目指して」の動画参照

これは女子駅伝に限ったものではないと思います。
ミドルも男子もそれぞれに当てはまるものだと思います。

ひとつ、
本ブロックには寮はありません。※大学の寮はありますが食事等はついていません。
生活のすべてがその本人に任されています。
風呂に入るか入らないか、いつ寝るか、どんな食事をするのか、門限は・・・すべて決められていません。
その中で各自がどういう意識でどこ(のレベル)を見て取り組んで(生活して)いくのかが非常に大切だと思います。
現在の環境で完璧を求めるのは厳しいと思います。ただ、だからといって完璧を求めていかなければ、向上していかないのも事実です。

すべてを任される自由は厳しいことです。ただ、面白いことでもあります。
自分が、自分達がいかに発想して工夫していくか、プラスを生んでいくか。
それができる環境だということでもあります。
それが栄養会であり、黒酢であり、中畑さんのMCであり、、、、、
こうやって発想して取り組んで、これまでチームは漸進してきたように感じます。
これからも、現在から何を付け加えていくかを、チームで各自で創造しながら、取り組んでいければと思っています。
大会結果等
■平成23年度第2回鹿屋体育大学陸上競技会(H23.5.7)

[男子400m]
・田口泰広(1年)50秒01

[女子400m]
・坂瑞穂(2年)61秒30
・西島茉里(1年)62秒97
・家吉彩夏(3年)63秒87

[男子800m]
・大貫隼世(3年)1分57秒58
・田口泰広(1年)2分01秒57

[女子800m]
・西島茉里(1年)2分20秒55
・坂瑞穂(2年)2分22秒18
・家吉彩夏(3年)2分24秒01

[男子1500m]
・大貫隼世(3年)4分10秒25

[男子3000m]
・龍崎唯一(5年)9分01秒31
・田原貴央(3年)9分22秒25
・増本和之(2年)9分30秒93
・土肥啓人(1年)9分33秒23
・上田亮(3年)9分43秒25

[男女5000m]
・龍崎唯一(5年)16分28秒81
・土肥啓人(1年)16分29秒31
・平田圭(1年)16分29秒41
・田中克典(1年)16分29秒42
・増本和之(2年)16分29秒48
・田原貴央(3年)16分30秒05
・山田崇朝(4年)16分34秒45
・上田亮(3年)16分41秒91
・長尾俊(2年)16分52秒54
・森崎千洋(4年)16分55秒39
・崎浜絵美(3年)17分32秒88
・藤田千尋(2年)17分54秒74
・玉置友耶(1年)17分56秒32
・西田美咲(2年)18分25秒14

練習の一環で出場しましたが、多くの者が予定通り走れませんでした。
天候等の影響もあったと思いますが、完全に諦めが表に出ている者もおり、残念な結果となりました。
何か原因(怪我や体調不良)があれば別ですが(そういう選手は記録会なら出場しなければいい話で)、
そうでなければ最低限まとめる力が必要だと思います。
振れ幅が大きい選手は結果伸びません。
ある程度安定することで、そこから上に跳ね上がるものです。

今日(5/11)は台風接近で悪天候が予報されていましたが、
幸い(ツイています)雨風なくポイント練習が行えました。
今日は天候のセイにはできません。昨日の午後と今朝の各自調整にしました。
しかし、今日もうまく走れていない者がいました。
競技会ほどではなかったのですが、そこまで量や質が高い練習ではなかったので(ミドルと1500m組除く)、
大事な試合と同様の準備ができていれば問題なくできたでしょう。
レースに向けては調子を上げていくためにも、1回1回のポイント練習をうまくこなしていく必要があります。
すべて完璧だとは言えなくても、大半もしくはどこかで走れる感触を持つことは非常に重要だと思います。
その為にも重要なのは、何より「準備」だと思います。
身体の準備、心の準備、道具の準備。
それらが揃うからこそいい結果が出るのだと思います。
学生にはいつも「結果は準備9割」だと伝えています。
試合に向け集中して(緊張感を持って、愉しみを持って、想像して)準備を進めていってもらいたいと思います。
みんなで喜びを味わうために!
経過報告
GW最後の日の今日(5/5)、集合しての練習は朝練のみとしました。

予報通りの小雨の降る中でしたが、幸いそこから本降りになることはなくいけました!
ロングは男女とも集団走で、男子がTJ30~35、女子がTJ20で、ペースはどちらもLTライン。
男女とも集団で固まって走ることができました。
朝のLTラインは午前や午後の行うより幾分きつく感じる者も多いと思いますが、そこでじっくり行えているので、これがOBLAやRPに繋がっていくと思います。
ちなみに、ミドルとウォークは調整的内容で。

さて、昨日(5/4)午後に陸上競技部の平成23年度入部式と九州インカレの激励会がありました。
この入部式で、一年生は正式に部の一員になりました。
新たに加わったメンバーはまた後日紹介させていただきます。
人数としては、先日お伝えした通りです(男子ロング3名、男子ミドル1名、女子ロング1名、女子ミドル2名、マネージャー1名。計8名)。
これで現在の中長距離ブロック員数は31名となり、陸上競技部の中では比較的大所帯になりました。
大所帯だからといって各自の責任感(情熱)が薄れることなく、より一層自覚を持って取り組んでほしいと思います。
ただ各パートでみると、ミドル8名(男子4名、女子4名)、男子ロング(駅伝)12名、女子ロング(駅伝)9名、ウォーク1名、マネージャー1名で、各パートとも他校(有力校)と比べると少人数です。
特に駅伝は男女とも小所帯です。
なので、少数精鋭になるしか他校に対抗するすべはありません。
(ある九州の大学は、男子長距離の新入部員だけで18名集めたようです。)
現在、学生たちの頑張りの甲斐あってどんどんその方向に進んでいっています。
5000mを男子は上位8名が14分40秒以内(うち2名が14分20秒以内)、女子は上位6名が16分20秒以内(うち2~3名が15分台)。
後期には確実に達成したい、達成できるラインだと思います。
達成する意気込み(情熱)と意識を持って、その状態を楽しみに、また達成した時の喜びを求めて、日々取り組んでいきたいと思います。
経過報告

巷はゴールデンウィークですが、アスリートは継続して練習の日々です。
ちなみに、平日は授業です。

昨日(5/2)は朝に集団走(男子L:新山12、女子L:クロカン3周、M:30分、W:TW40)。
午後は身体作りや動き作り的メニュー(写真はその風景(ハードル込))。

今日(5/3)はポイント練習の日でした。
男子Lは大方先週末の汚名返上。やればできるのです!
女子Lはあと少しで昨秋の駅伝前の状況に。3分20秒ペースはクリアしつつあります(ある者は3000を9分47秒で=自己新)。あと300×5は56-26。
ミドルは追い込み時期。ただ、その結果少し故障者が目立ち始めています。
ウォークは元気になる距離踏み。疲労とは裏腹に、やはり調子良くなってきました。

いい流れになってきましたが、万事塞翁が馬で、油断せずいきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。