スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■九州地区大学体育大会(H23.7.25-26)

[男子1500m]
・予選
組6着 竹下慧甫(2年)4分13秒01=予選落

[女子800m]
・予選
組2着 家吉彩夏(3年)2分23秒27=決勝へ
・決勝
8位 家吉彩夏(3年)2分28秒54

[女子1500m]
・タイムレース決勝
3位 木戸美里(4年)4分39秒35

[女子5000m]
・決勝
6位 木戸美里(4年)18分27秒69


■第79回兵庫陸上競技選手権大会

[男子5000mW]
7位 中谷勇人(2年)21分59秒68=自己新=体大新
スポンサーサイト
近況報告
火曜日まで大雨継続な鹿屋でしたが、水曜から突如晴れて、この間の大雨と相まみえ、蒸し蒸しとした天候が続いています(この晴れはニュース等でみるかぎり全国的な傾向ですね)。お陰でカビが尋常じゃありません・・・(泣)

暑さに慣れない中(暑熱順化してない中)でのこのような天候は、熱中症や夏バテの原因になりやすいので注意しなければなりません。
なので、今日(金曜)はいつもより時間を遅らせて練習を開始しました。お陰で遅刻者も・・・(笑)
ちなみに、突如暑くなった水曜の練習(女子Lのポイント)は、天候を考慮してメニューの設定を変更しましたが、それでも全滅状態でした・・・。
意外にWはいい感じです。課題がはっきりしてますからね。

時間を遅らせて実施した今日の練習(男子Lのポイント)も、数名を除いて厳しい内容となりました。
その中で、有言実行とは程遠く明らかに気持ちを切らせた者がおり、また何度も話して理解しているはずの自らの課題をしっかり見据えていないこともあり、久々に大キレしてしまいました。お陰でドッと疲れました・・・(怒)
ちなみに、大キレされた者はその後どうにかしっかりこなせました。だったら、怒られる前に自らしっかり行ってほしいものです。
今のところ、もうこれ以上叱るつもりはありません。叱るのはしんどいので(かなりなエネルギーを有するので、このエネルギーを前向きな選手に使いたい!)。
ということは、もう誰も叱ってくれないということです。もう背中を(スイッチを)押してもらえないということです。
なので、もう自らが自らの背中を(スイッチを)押すしかない。
できなければ、いつまでたっても明りはつかないということです。
まぁ、これはその者(今日叱られた者)だけに言えることではありませんが。。。。
最近世間で節電が叫ばれているせいか、明りが灯っていない者が増えてきました。はっきり言って、こんな節電(?)は要りませんね。
明りを灯すためには、自らが望み、自らが身体を動かすしかありません。それをお忘れなく!

自らやるのは、上の上。
言われてやるのは、中の中。
言われてもやらないのは、下の下。
怒られないとやれないのは、下下下の下。
大会結果
■□2011日本学生陸上競技個人選手権□■

[男子3000mSC]
・決勝
13位 土肥啓人(1年)9分34秒90

[女子800m]
・予選
組7着 片山直美(1年)2分18秒32


土肥は、入りの1000m2分57秒、2000mを6分06秒で通過しましたが、
ラスト1000mで失速し3分30秒近くかかりました。
現状走力(練習)不足なのは私も本人も理解していたことで、
その中でどうにか1600mくらいまでは先頭集団(6~7名)で走れたので、
その面では収穫があったと思います。
センス(技術)は抜群なので、ただ単純に走力を戻せば(向上させれば)全国でも充分戦えると実感できました。
あとは本人が欲を出して愚直に練習に励むかだけです!

片山は、九州インカレ後からどうにかポイント練習ができる状態になったので、
実質練習できたのは3週間くらいでした。
前日の刺激の感じでは2分15秒くらいで走れる感じかなと思いましたが、
本人には実感がなかったようですが、久々のレースだったためスタートしてすぐ外見でガチガチで余裕がないのが見てとれました。
とにかく、試合に出たことが進歩だと思います。
1試合経たので、西日本インカレでは15秒切くらいでは走れるようになってくれればと思います。


今回の日本学生個人選手権では、例年輩出していた入賞者が出ませんでした。
例年ここでの入賞でチームに活力を入れている節があったのですが、
今年は大半が育成(養成)の段階にあり、全国大会の経験を積んだり、この先の目標の経過の中での出場であったりとが中心で、
ここでピークパフォーマンスをという状況ではありませんでした。
全国大会入賞者を出せなかったことは残念ですが、個々いろいろと収穫があり、
またその中でチームに繋がる収穫もあり(?これに関しては、関連する者がそう感じるかでもありますが)、
それらを今後にしっかり繋げていければ、生かしていければ例年とまた違った大きな実りが訪れると思います。

その中で、やっぱり全国大会で走ること、それとともに全国入賞・優勝することが面白いと感じて日々トライしていってくれることを期待するばかりです。
大会結果
■□日本学生陸上競技個人選手権2011□■

[男子5000m]
・決勝
11位 池谷竜(3年)14分31秒90

[男子10000mW]
・決勝
43位 中谷勇人(2年)45分54秒37

[女子5000m]
・決勝
17位 高力香織(3年)16分47秒66


今日は収穫の多い一日となりました。
(小雨で肌寒いくらいの無風で天候にも恵まれました。)

池谷は、昨日の走りをどうにか立て直して走りきりました。
昨日のレース後、今日出るか出ないかも考えるよう厳しく(冷たく?)接しました。
出るのだったらしっかり走るという条件もつけて。
昨日も触れたように、しっかり練習はできているので、私自身は池谷が気持ちさえ(やる気?)しっかりすればどうにかなると踏んでいました。
その中で出場してどうにかまとめたので、少しは成長したなとは感じています。
ただ、中盤の落ち込みを強気で乗り切れば、もしくは中盤落ち込んだ分終盤盛り返せれば、合格だったと思います。

中谷は、全国レベルとの違いを確認できただけでも収穫でした!
中谷は忠実な「歩き」ですが、全国レベルは「走り歩き」が基本です。
全国レベルは一歩一歩ではなくサッサッサッと慣性をピッチでつないでいく感じ。
これがわかっただけでも大収穫です。これからその歩きに修正していけばいい!=まだまだ伸びる!

高力は、4週間前からポイント的な練習を取り入れて、2週間前のGGNで17分07秒。
その2週間後の今日、16分47秒で走りました。
しかも、アキレス腱の痛みの関係でこの間の走練習は基本1日1回のみで。
本人は16分30秒の日本インカレB標準きりを狙っていたようですが、この間のポイントでは1000m3分20秒切が精一杯だったので、私自身16分台だったら合格だなと考えていました。
しかし予想を裏切りよく走りました!しかも雨の中スパイクも履かずに・・・って準備不足です!
スパイク履いていたらおそらく30秒台では確実に走っていたと思います。
あとはマオコーチからの指摘(アドバイス)をうまく改善できれば!
あと、同じで練習、もしくはそれ以上の練習を行えている他の女子ロングの面々も!!
大会結果
■□2011日本学生陸上競技個人選手権大会(H23.6.17-19 平塚)□■

[男子1500m]
・決勝
11位 池谷竜(3年)4分09秒03

[女子1500m]
・予選
組7位 森崎千洋(4年)4分33秒00
組9位 玉置友耶(1年)4分42秒09


池谷は練習はしっかりできていますが、
それと反比例するように試合で力を発揮できなくなってきています。
試合で結果を出すために練習をしているので、試合で力が出せないと本当にもったいない。

森崎は教育実習中(3週目終了)での出場でした。
また、初めての個人での全国大会でした。
と、走れなくてもいい理由(言い訳)を作ってはもったいない。

玉置は始めての全国大会でした。
あと、まだ1年生なので。
と、走れなくてもいい理由(言い訳)を作ってはもったいない。

言い訳を覆してこそ面白い!

それでも、
森崎はそんな中でも序盤うまく走れていました!
玉置は今の課題(ラスト300mペースアップ)を念頭において、課題をクリアしようとする姿がみられました!
経過報告
現在大雨@梅雨な鹿屋です
そんな中でも、一昨日、昨日と曇り空で、とても練習しやすい天候となりました
おかげでロング(長距離)は比較的良いトレーニングが行えました。
ミドル(中距離)もこの天候を活かしてと思いましたが、
大きな練習の流れでは、ここらで一度間を置く(走練習でのPOINTなし)ことが当初の計画だったので、
その計画通りにしまいた。今後のことを考慮してのことです。「損して得取れ!」

今朝は試合週(日本学生個人選手権)の水曜日だったので、通常では朝練なし(各自任せ)なのですが、
午後の天候とケア(午後は基本的にケアのみで最大限回復を図る)を考え、雨天ではありましたが、集合して行いました。
雨天の場合は、基本的に体育館前通路で実施しています。
片道100m強といった長さですが、あまり雨にも濡れずに走れるのと、
この単調な繰り返しがリズム良く走れる要因になり、また精神的にも落ち着く(集中しやすい=セロトニン効果)といった効果もあります。
ただ、道幅が狭いのでやはり大勢で走ると窮屈感は否めないことと、多少滑ること、地面が硬いこと、あと折返しが急になることがあります。
でも、こうして荒天でも走れる環境があることはとてもありがたいことです。

いろいろな環境を活かして、そしてそれに感謝して活動していければと思います
経過報告
■平成23年度第3回鹿屋体育大学陸上競技会(H23.6.11)

でしたが、あまりの荒天(暴風に雨)だったので、記録等は割愛させていただきます。
とりあえず、中距離(ミドル)が出場しました。
基本記録を狙う競技会でしたが、今日は荒天での試合対応を学ぶ場に!
その他、学生全員ずぶ濡れで審判にあたりました。
あまりの荒天に嫌気を通り越して、面白がるレベルに!
まぁ、この天候を読んで、練習を朝練でしっかりしておいた心の余裕がありましたが。
ただ、終わってからの体調管理だけはしっかりしていきたいものです。

この間の練習は、大方順調に経過している感じがします。
ミドルは、今日のレースに向け、再度作っていく形で。
この間の動きをみても、今日が好天なら記録を狙えた者が大半だったと思います。

男子ロングは、予選会後、すでに次の目標に向けスタートしています。
「明日からやろうは、バカ野郎(やろう)」というキャプテンの言葉を受け、
各自またはチームはこれまでの分析や反省をもとに、これからやるべきことをみています。

女子ロングは、ゴールデンゲームズ後、各自の専門種目(いま伸ばすべき種目)に合わせた練習に入っています。
チーム人数(現在実施者6名。森崎は教育実習中)が少ない中、その中で各専門種目に別れさらに少人数で練習を行わないといけないこともありますが、
各自がいま伸ばすべき要素(能力)をしっかり踏まえて取り組んでいければと思います。

ウォークは、九州インカレの反省を踏まえ、走トレーニングを入れてみました。
思った以上に負荷になる(疲労度大)ことから、少しかじって終了。
それでも必要な負荷だと判断できたので、前期が終了後取り組んでいく課題としました。

まだ梅雨が続きますので、上手く雨(風も)をよんで上手く練習を実施していきたいと思います。
大会結果
■全日本大学駅伝対校選手権大会九州地区予選会(H23.6.4 宇美)

[総合]4位 4時間19分25秒38

[個人]
龍崎唯一(5年)31分27秒44=自己新
池谷竜(3年)31分33秒04
宮脇悠伍(4年)31分57秒47
上田亮(3年)32分41秒65
土肥啓人(1年)32分48秒42
田中克典(1年)32分48秒86=初
田原貴央(3年)32分51秒26
増本和之(2年)33分17秒24=自己新

※参考 
総合1位 第一工業大学 4時間06分08秒08
総合2位 福岡大学 4時間13分02秒95
総合3位 日本文理大学 4時間14分01秒42

全日本大学駅伝出場(3位以内)を狙い2年ぶりに出場しましたが、
遠く及ばずとても悔しい結果となりました。
学生たちは私以上に悔しいことと思います。
それだけこれに懸けてきました(昨年12月から)。

12月末~2月初旬にかけては、うちのウィークポイントである持久力を補うべく、
約週1で約30㎞走(㌔3分40秒で)を行うなど、走り込みを行いました。
その後も朝から3分40秒~20秒で13㎞を走るなど10000mを見据えたトレーニングを行い準備を進めてきました。
3分10秒で4000m×3もやりました。
しかし、目標には届きませんでした。
ちなみに、チームとしての設定タイムは4時間12分00秒でした。
練習過程でこれぐらいのタイムでは走れるだろうという計算ができていましたが、
実際は7分強も悪いタイムでした。

正直に、これが今の実力なのだと思います。
練習でできていて、試合でできていないことも多々ありますが、
試合の為の練習なので、試合でできないのであれば、それが真の実力なのだと思います。

まだまだ取り組みが足りない、甘いのだと思います。
九州で4位、それも離されての4位という取り組みでしかない。
そのことを肝に銘じて、今後どう取り組むか考えていかなければならないと思います。

この約6ヶ月間、学生たちは全日本大学駅伝出場に向け、
4年生(宮脇、山田)を中心に、これまで以上に真剣に取り組んでいました。
この間の取り組みを見ていて頼もしく感じたことも多々ありました。
なので、なおさら全日本大学駅伝出場を達成したかった気持ちがあります。
しかし、現実はまだまだ力不足でした。準備不足でした。

全日本出場は逃しましたが、我々は何かを失ったわけではありません。
全日本出場は逃しましたが、我々は悔しさを手に入れました。
もっと強くなりたいという気持ちを得ました。
また、今後どうしていくべきか考える機会を得ました。
つまり、大きく進化(変化)するチャンスを得たのだと思います。
この気持ちと機会を生かして、大きく飛躍して(変化して)いきたいと思います!

断固たる決意と希望を持って前に進み続けます!!
(「有言実行」とそれに伴った行動!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。