スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くも2月終了
今日で平成24年も2月が終了します(早い)。
今年もあっと言う間でした。
この間、例年に比べても比較的順調にトレーニング(試合含む=県下一周駅伝)を消化していっているように感じます。
ただ、この順調さが間違っていないか(本当に順調なのか?正しいのか?)、しっかり分析・評価して進んでいく必要があるとも感じます。
なので、昨年度までの練習日誌と見比べる毎日です。
そんなこんなで、今年は特に(昨年以上に)「なすべきこと」「やるべきこと」「到達すべきレベル(内容)」をしっかり捉えてやっていこうと思います。

そして、県下一周駅伝も今日が最終日です!
初日、2日目と苦戦の肝属でしたが、昨日はずっと首位争いをして日間2位をゲットしました!
本学学生が8人と卒業生1名の出走だったので、午前の練習中や午後からの会議中も気が気でない状況でした。

過去と現在、未来を繋いで、しっかり漸進していきたいと思います。
スポンサーサイト
経過報告


今日(2/25)から、
大学では一般入試、
鹿児島県内では県下一周駅伝
が開始されてます。

その一般入試で、大学構内は関係者以外立ち入り禁止なので、
今日は久しぶりに「霧島ヶ丘公園」に行きました。
最近は大学構内でクロカンコースを(勝手に?)設定してクロカン練習を行っているので、
霧島ヶ丘公園に来ることが本当に減りました。
今日来てみて、場所を変え気分を変えて練習を行う意味でも、
良いトレーニング場所だと感じました。

ちなみに、今日の練習内容は、
■ミドル:坂D(290+190+90)×2
■女子ロング:60分ファルトレク(スピードプレイ1分×10)
■男子ロング:80分ジョグ
★共通メニュー:60ダッシュリレー×2→補強(負荷大:背筋メイン)
でした。

県下一周駅伝は、苦戦中のようです…。

大会結果
■第95回日本陸上競技選手権大会 男子20㎞競歩(H24.1.19 神戸)

51位 中谷勇人(2年)1時間32分37秒

経験と次への布石!
試験終了!
昨日(2/14)で一応平成23年度の後期期末試験が終了しました。
まだ、補講や追試、レポート等が残っていますが、ちょっとした一区切り!

例年この一区切り後に、テスト期間中の生活の乱れ等が影響して、体調不良や上手くいかないことが出てくるので、
気を抜かず崩れた生活リズム等を立て直してほしいと思います。
(早速、男子ロングの練習で出ていましたが・・・苦言。何事も準備が大切です!)

さて、トレーニングの流れは、この間お伝えしたとおりです。

プラスで、卒業後実業団に入社する学生が、これを区切りに鹿屋をあとにしていっています。
次ぎ会うのは卒業式前ですね。
この間、3年生以下との練習+朝練等も実施して、実業団の練習に少しでもスムーズに入っていけるよう準備していました。
さすがに実業団に進むだけあって、しっかり準備を行えていました。
ちなみに、今年は、
松浦七実→天満屋
森崎千洋→ワコール
が実業団で競技を続けます。
私が鹿屋に戻ってきてから今年度を含め14名の女子学生(選手)が卒業して、うち9名が実業団に進んでいます。
これだけ多くの学生(選手)が卒業後も競技を続けたい(続けよう)と思ってくれることが、ちょっとした自慢です(笑)。
また、多くがこちらからのアプローチではなく、実業団側からのアプローチ(勧誘)です。
目をかけていただき勧誘にきていただいている実業団の方々にも感謝しています。

さぁ、月日が流れるのは早いものです。
気がつけば、大事な試合が来て、気がつけば卒業です。
なのでなおさら『1日1日を大切に!(すべてはそこにつながっている)』したいものですね。
2月
今週水曜日から後期の試験が始まりました。
試験期間中は、基本的にテスト勉強に集中で、
最低限の集合(朝練習集合なし、POINTとなる練習のみ集合)にしています。
集合なしでも各自で空いている時間を活用して、それぞれで練習できているようです。

■ミドルは1月のサーキット中心のメニューから、いよいよ走トレーニング中心へと移行しています。
これからしっかり脚を作って、春期のレースに備えたいと思います。
■男子ロングは、例年とスケジュールを180度といっていいほど変更し、継続して実戦的な練習に取り組んでいます。
昨年は30㎞走をバンバン入れていた時期ですが、今年は一切30㎞走はせず、実践的な練習を繰り返しています。
とにかく押していく感覚を掴んでほしいと思います。
■女子ロングは、地区対抗女子駅伝後少しゆっくりし(朝練集合なし各自、午後も2日に1回繋ぐ程度)、
今週から基礎トレ(LT走中心)に入っています。
今年は、そこ(LT走)のレベル上げとOBLA走も多く取り入れていく予定です。
プラススピードアップも!欲張りすぎですかね。
でも、みんなが15分台で走ることを目指すんです!
■ウォークは、来週末のレースに向け、歩き込みとレース感覚(ウォーク感覚)戻しがメインでした。
走トレーニングによる持久力の向上がみられ、あとは速く歩く感覚を戻せば、更なる向上がみられそうです。

試験が終われば、いよいよ鍛錬に入ります(男子ロングを除く。男子ロングは県下一周に向け練習)。
『やるべきこと』『なすべきこと』をもう少し明確にして(しっかり伝えて)、取り組んでいきたいと思います。

まずは試験頑張りましょう!!
研究フィードバック


今日夕方(17:00~20:00)卒論等で中長距離部員を被験者とした研究のフィードバック会を実施しました。
せっかく頑張って行った研究なので、部員達にしっかりフィードバックしてもらうことと、
またフィードバックしてもらった部員達は、その内容を今後の活動に活かしていくことができればとの実施です。

以下の内容でした。

[松浦七実]
 大学女子長距離選手のトレーニング時のランニングについて、その走速度を決定するピッチとストライドの傾向を探り、その結果、如何に低速走時と高速走時のピッチを近付けられるかでパフォーマンスが向上するであろうと示した。

[宮脇悠伍]
 腰ベルトがSSC能力やランニング能力に影響するかを調べ、その結果、腰ベルトがある一定のSSC能力やランニング能力の向上につながることを示した。
また、そのことから体幹(トレーニング)の重要性とその確認ができた。

[山田崇朝]
 男子中長距離選手の食事(栄養)調査を行い、その傾向と対策を提示した。その内容は、「しっかりとご飯(米)を食べることが重要である」ということであった。また、栄養調査の必要性も示した。

[長島未央子先生]
 女子中長距離選手の食事(栄養)調査を行い、その傾向と対策をグループに分け提示していただいた。また、他の調査項目との関連性を示し、他にも色々とレクチャーをいただいた。

約3時間にわたる内容の濃い(濃かったかどうかは個人の認識によりますが)フィードバック会でした。
今回は、長島先生@スポーツ栄養学にもご参会いただき、数々のレクチャーをいただきました。
この会を含め、これから自分達の『なすべきこと』(使命→成果→目標→貢献)が見えてきたと思います。
それと今およびこれから『できること』(自分達の強みを活かして)をドンドン重ね合わせ、成果(目標達成)を生んでいければと思います。
そのためにも、日頃の『選択』を適切に行い(目標に準ずるもの)、それを積み重ねていければと思います。
自分のその選択と行動が自身と仲間の幸福(喜び、元気)につながることを忘れずにいきたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。