スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漸進の秘密(公開したら秘密にならない!)




各パートと各自で目標設定シートを作成し、
『なすべきこと(やるべきこと))』と『できること(できたこと)』を重ね合わせていく作業を行っています!
この作業で、できる限り「迷わず」行動(選択)できるようにしていっています。
スポンサーサイト
卒業生のコメント6
旅立ちの時を迎えた今、鹿屋での充実した生活が終わりを告げ、心に大きな穴がポッカリと空いたように感じています。
鹿屋での生活は、それまでの18年間よりもはるかに濃い、充実した4年間となりました。様々な物事と出会い、仲間と時間を共有し、色々な人から学んだことは一生の宝物となりました。
特にブロック長として、また、自身の学生競技の集大成として取り組んだこの一年間は、特に濃い時間となりました。愉快な仲間と本気になって切磋琢磨し、汗と涙を流せた私はとても幸せ者だと感じています。
素晴らしいブロックの礎を築いてくださった松村先生、中畑さん、OBOG、保護者や地域の方々、そして「鹿屋で修業を!」と背中を押してくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は、鹿屋のお隣の垂水市役所で非常勤として、これまで応援していただいた地域の方々に恩返しをしながら、県下一周駅伝で可愛い後輩達とまた走れるようにより一層、精進して行きたいと思います。また、今後も近くからできるかぎりのサポートを行い、お世話になったチームに少しでも貢献したいです。四年間、本当にありがとうございました。

最後に、後輩のみんなへ。
『今まで本当にありがとう。今年こそ男子も女子も目標を達成するって信じてます。楽しみに待ってるよ!!』


宮脇悠伍
卒業生のコメント5
鹿屋で過ごした日々は、私にとって大切な4年間でありました。
今まで競技で恩返しすることが出来なかった分、今後社会人としてしっかり頑張っていきたいと思っています。
4年間、辛く楽しめない時もありましたが、今となっては辛い思いをしてよかったと思っています。
競技だけでなくすべてにおいて次へステップアップしていくためには、壁は必要だと思います。
壁は自分にとってマイナスなことではなく、むしろプラスなことだったのだと思えるようになりました。
また、引退する間際には続けてきて本当によかったと競技を楽しむことが出来ました。
こうして私が4年間続けることが出来たのも、ご指導をしていただいた松村先生、中畑さん、いつも支えていただいたOB、OGの方々、保護者の方々のおかげであると本当に感謝しています。
そして、一緒に汗を流した後輩、同級生に助けてもらいながら無事に卒業を迎えることが出来ました。
 今後は、OGとして新たな場所で頑張っていきたいと思います。
4年間、ありがとうございました。

木戸美里
卒業生のコメント4
卒業式を終え、鹿屋体育大学に来てよかった。
素直にそう感じています。

4年間の自己記録は、5000mは2分、1500mは40秒の大幅な更新をすることができました。しかし、順風満帆にいってたわけではなく、辛く苦しい時期が多々ありました。それを乗り越えれることができたのも仲間達が支えてくれたおかげです。
多くの出会いを通じ、たくさんの事を学ばせてもらった学生生活でした。本当にみんなには感謝しています。

今後の進路ですが、ワコールで実業団選手として競技を続けます。鹿屋体育大学卒を誇りに、日々精進していきたいと思っています。

最後になりましたが、先生方、中畑さん、OB・OGの先輩、陸上部のみんな、ご支援してくださった皆様、ブログを観て応援して下さった方々、4年間本当にお世話になりました、ありがとうございました!

森崎千洋
卒業生のコメント3
鹿屋で過ごした4年間は本当にあっという間でした。その中で様々な経験をし、たくさんのことを学び、成長できたと思っています。そして、こうして良い形で大学生活を終えることができました。しかし、それまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。辛いこと、苦しいこと、壁にぶつかることもたくさんありました。私がそれを乗り越えて来れたのは、ご指導して下さった松村先生、サポートして下さった中畑さんをはじめOB・OGの方々、辛いことも一緒に乗り越え、励まし、支てくれた仲間や、どんな時でも私を応援してくれた両親など、たくさんの支えがあったからです。本当に感謝しています。辛い時期もありましたが、それを乗り越えてこれたからこそ、現在の私があると思っています。また、それ以上に愉しいことや嬉しいこともたくさんありました。そして、今まで以上に陸上競技が愉しいと思えるようになりました。
鹿屋で過ごした4年間は私にとって大きな財産です。これからも競技を続けていくので、鹿屋で学んだことをこれからの競技生活に繋げていきたいと思います。この先、これまで以上に困難なことや辛いこともあると思います。しかし、夢や目標に向かってしっかりと前を向いて頑張っていきます!
そしてこれからはいちOGとして、後輩の活躍を期待し、応援していきます。

4年間本当にありがとうございました。

松浦七実
卒業生コメント2
まず、卒業するにあたりまして、五年間熱心に指導して下さった松村先生、ブロックのメディカルチェックに留まらず、献身的にアドバイスを下さった中畑さん、ともに闘ってくれた仲間達、支援して下さったOB・OG の方々、いつも励まし、支えてくれた両親に感謝の意を表したいと思います。

私は本来なら昨年度卒業でありましたが、皆ともう一年全国を目指したいという強い思いからもう一年在学するという道を選びました。
その結果、全日本大学駅伝・出雲駅伝ともに出場権を得ることはできませんでしたが、この経験は今後生きていく中での私の確固たる自信となり、進むべき道を照らしてくれるものだと信じています。
そして、私が五年間かけて掴み得なかった、チームでの全国大会出場の夢は後輩達が必ず叶えてくれると信じています。
これから辛いこと、上手くいかないこと、沢山あると思いますが、それを乗り越えてこそ、本当の「チーム」となるのだと思います。

今後の進路としまして、垂水市消防局に就職が決定しました。
鹿屋の隣の都市ということで、できる限り足を運び、何かしらの形でお世話になったチームに恩返しができればと思っています。
最後に、まだまだ未熟な私ですので、今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

龍崎唯一
卒業生コメント
今年も卒業生から、卒業に際してのコメントをもらいました。
完全版は後期の活動報告にて行わせていただきます。
※後期の活動報告の送付は、寄付やご支援をいただいた方々への特典です。

まずは、山田崇朝から。

『鹿児島は寒い!と思いながら入学してからもう4年が経とうとしています。
中学や高校では味わえなかった楽しみや苦しみ、そして感動がありました。
今となってはその全てが私の成長の糧となっていたのだと感じます。

私がここまで成長出来たのも、腐っていた私を最後まで見捨てず指導して下さった松村先生、リハビリやメディカルチェックで身体作りや動き作りを教えて下さった中畑さん、辛い時に声をかけて励ましてくれた仲間達、温かいご支援をいただいていたOB・OGの方々、保護者の方々、故障するたびに治療費を出してくれていた両親に支えられていたからだと思います。

本当に4年間お世話になり、ありがとうございました。     山田崇朝』
祝 卒業



本日(3/23)、本学第25期生の卒業式・修了式がありました。
それに先立って昨日陸上競技部の卒部式も開催されました。

今年は本ブロックから6名(男子3名、女子3名)が卒業、卒部していきました
龍崎唯一、宮脇悠伍、山田崇朝、木戸美里、松浦七実、森崎千洋。
みんなそれぞれに深い思い出があります。

みんなこの4年間(5年間)どうでしたか?
決していいことばかりじゃなかったと思います。
辛いこと、悲しいこと、きついことも多かったと思います。
でも、それが普通です。その中で(その結果)、いい思いや嬉しい思いができたと思います。
自己ベスト更新、大会での入賞、駅伝での活躍。
すべてひっくるめて、今ではいい思い出なのだと思います(すべて過去のこと)。
今日まではしっかりそれらに浸りつつ、寂しさや明日への不安や希望を感じてください!
そして、それらを糧に、また前に進んでください!
それぞれまた新たな場所でのスタートなので、また新たな花が咲かせられるようこれまでに益して精進していってくれることを期待しています。
また会いましょう!(明日会う者もいますが)
桜島の爆発(噴火含む)




朝練時に2回、その後にも2回爆発し、そのための火山灰の噴煙が上がっていました。そういえば、深夜にも何度か空振がありました。
昨年は過去最高の996回の爆発があったようですが、
今年はそれをも軽く凌ぐ勢いです。
かなり活発になっています。

それと対比しては不謹慎かもしれませんが、
現在のチームの状況はなんだか沈着、停滞、いや低下状態です。
男子ロングとミドルが特に。
女子ロングがどうにか踏み留まっている感じですが、故障者が出てきて危うい感じです。
こんな時もあると思ってはいますが、どうにもピリッとしない感じです。
各自の集中力(モチベーション)低下でしょうか!?
余分なことを考え過ぎているんでしょうか!?
なので、今は焦らず引いたほうがいい時かなと思っています。
ただ集中を切らしてだら~としてしまうと、また立て直すのに困難を生じる可能性が高いので、気だけでも引き締め直す何かがあればと熱望しています。
新入生待ちかッ!?

毎年の印象として、この時期(合宿後から卒業式後にかけて)上手くいかなくなり、そのまま前期を経過していっているような…
昨年の後期(8月から)の流れが良い参考になると思うのですが。。。。
さて、今年は如何に!
大会結果
■平成23年度 第1回鹿屋体育大学春季陸上競技会(H24.3.17)

[男子400m]
・田口泰広(1年)49秒65=セカンドベスト=大学ベスト

[女子800m]
・家吉彩夏(3年)2分21秒33
・片山直美(1年)2分24秒50
・坂 瑞穂(2年)2分29秒58
春季合宿終了!
今日(3/16)の午前で、春季合宿が無事終了しました。
全日程参加者にとっては、3/6からの比較的長い合宿でした(比較対象:例年)。
ただ、今回(今年)は吹上→鹿屋と場所を変えて実施したことで、
そこまで長期に感じなかった面もあると思います。

その中で、
男子ロングは、総じてピリッとしない感じでした。
1次合宿では体調不良で約半数(4名)の者が不参加となり、
それでも残りの者が気を吐いて頑張っていましたが、
2次合宿に入り、事前の疲れや1次合宿の疲れが出たのか、
すべてのメニューを消化したものが「0」という有様でした。
引き続き課題の「もろさ」が出ています。
目標がいつものように夢の話になりそうな展開です。
そうならないためにも、変わらなきゃダメなんです!
チームも個人個人も。チャンスは今年しかありません。
できないなら、できるまでやるしかない!できるように猛準備・猛練習するしかない!
対照的に女子ロングは、これまで「1」でした。
全体としてはまとまって、例年にない質(強度)と頻度でトレーニングが消化できました。
すでに2年前の駅伝前を凌いでいます。
終盤若干痛みを訴える者が出てきましたが、それだけの練習が詰めていたということでもあります。
ただ、個人としてまだ上級生で殻を破れない(目線や捉え方を変えられない)者がいました。
※例えば、朝の下芝走11のラスト1周を全体で3分05秒で上がれたのに、1000m1本を3分30秒近くかかっているなど。。。
ただ、繰り返しになりますが、全体として良く練習できていました◎
ミドルは、個々人それぞれですね。
どうなるかは今後しだいといったところでしょうか!?
ただ、みんなもともと力はあるので、それを如何に発揮できるか。
発揮できる準備ができるか。発揮できる状態が作れるか。
それぞれ力はあるので、周りに合わせるより、個人個人がしっかり力発揮していくことが重要だと思います。
といったところです。
・・・おっと、ウォークは、日本学生競歩後、そのまま小松で合宿でした。

ただ、この合宿が本当に良かったか良くなかったかどうかは、いつものように「今後しだい」だと思います。
しっかり活かして(生かして)繋いでいければと思います。

この合宿をスタートに、まずは平成24年度前期シーズン駆け抜けていきたいと思います。

戦略を立てる
2次合宿開始

昨日から大隅青少年自然の家に泊まっての2次合宿を開始しました。
1次合宿が思いの外良い練習が積めたため、その分の疲れが残る(出てくる)中での合宿となっています。
ただ、こういった中でしっかりこなしていくことが強さに繋がっていく面があると思うので、怪我には最大限注意しながらしっかり鍛えていければと思います。
試合結果報告
■第6回日本学生20km競歩選手権大会
(H24.3.11/石川県能美市)


15位 中谷勇人(2年)1時間29分30秒=体大新=日本インカレならび日本学生個人選手権標準突破


個人選手権の標準の1時間29分30秒を目指して歩き、ちょうどそのタイムでした。
ちょうどのタイムは…大丈夫らしいです(^O^)
ちょうどはダメだと思っていたのですが、良かったです…。

最初少し突っ込んだのですが(2km8'26")その後は集団を上手く利用し、余裕を持って歩けました。
後半はラップが少し落ちましたが、なんとか粘れました。
ラスト1kmは4'15"でした。
1秒の怖さを感じたので今後の練習に生かしたいです。
注意と警告は無く、国際審判員の前で少し自信になりました。
もっと学生の上位で戦いたいと思いました。

たくさんの応援ありがとうございました。
1次合宿最終日

本日も晴天なり!

この1次合宿
始め:吹上浜公園クロカンコース
締め:吹上浜公園クロカンコース
でした。
(本締めはみんなでワイワイ60Dリレー!)

当初大半を吹上浜公園クロカンコースで実施する予定でしたが、
雨の日が多く始めと終わりの2回のみとなりました。

しかし、記事にしていた通り、変更した内容で(のほうが)とても良いトレーニングが行えました。
あと、始めと終わりで、各自の状態把握にもなったかなと思います。

ちなみに、全員が走メニューをこなせています!
おっと、体調不良で合宿不参加者(男子ロング)除くです。

それにしても、吹上は良いトレーニング環境です。
これが大学の近くにあればなぁと思います。

それでは茶屋ってから帰ります。


1次合宿終盤
今朝○○は今週日曜の試合に向けての刺激練習を終え、遥々石川県にむかいました。
そして、その直後からこの合宿初の晴れ間がやってきました。
ちなみに、刺激練習をした早朝は「雨」でした。
やっぱり!(ビンゴ!)
お陰で午前中に良いポイント練習が行えました◎

明日の午前練習を終えたら、一旦鹿屋に戻り、その後月曜からまた合宿に入ります(次は鹿屋で)。

○○が当分石川滞在なので、当分は晴れの予報です!
合宿2日目
今日は天気予報がハズレ、朝から冷たい雨でした(最近天気運×。特に○○がポイント的なトレーニングの時は必ずといっていいほど雨が)。
なので、予定していたメニュー(ミドル:砂浜ダッシュ、ロング:クロカンで3キロ×3)を変更して、
宿舎横の周回やなだらかな坂を利用してトレーニングしました。

この変更が功を奏したのか、大半がいい走り(1名歩き)ができていました◎

当分雨の予報なので、今日と同様に上手く対応(変更)していければと思います。

追伸:○○は金曜日の昼から石川に遠征です(日本学生20km競歩)。
なので、天気は良くなるでしょう!(笑)
経過報告
今日から春期合宿です。
例年青島(宮崎)で実施していますが、
今年は吹上(南薩青少年自然の家)で1次(4泊5日)、
鹿屋(大隅少年自然の家)で2次(4泊5日)、
と2部構成で実施を試みることにしました。

吹上ではクロカンを中心に、鹿屋ではいつもの環境でのトレーニング予定です。
まずは、いつもと違う環境で元気に活動していきたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。