スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車操業中!
一昨日の大雨は物凄かったです。
お隣の肝付町は全国ニュースになっている通り土砂崩れがいたるところで。
鹿屋市は幸い災害は起こっていませんが、今後の大雨時にどうなるか心配なところです。

さて、本日は金曜日。
そうです、本日も3時限分(4時間30分)の授業日です。そして雨。
2時間目は今年から担当になった「競技スポーツ理論」で、中長距離のトレーニング理論を教授しました。
今回は前回までの内容も併せての実際のトレーニング内容や、論文を資料としての中距離のトレーニング、
そして何より、今回一押しは「アーサー・リディアードのトレーニング理論」でした。
平田先生が大好きでしたね。
学生時代は、「週160kmをそこそこのペースで走る」ことしか頭になかったのですが、
実際は、それだけではないんですね。
前回までやった内容がその答えでした!
ただ、私の内容には「週160km」はありませんでした。
アーサー・リディアード氏の基本的な考え方は、
『中長距離走のトレーニングの究極のねらいは、簡単な話、自分が出場しようとしているレースをスタートからゴールまで、自分が目標としているタイムを出すために必要とするスピードで走りきるだけのスタミナ(持久力)をつけることである』というものです。
ちなみに、私の考え方はこのブログでも何度か書いたように、
『中長距離走といえども短距離と同じで、決められた距離をいかに速く走るかを競う競技である』というものです。
大方考え方は同じのようですが(なので、内容が適合したということですね)、
アーサー・リディアード氏はスピードありきでスタミナ(持久力)をつけること、
私は持久力ありきでスピード持久力をつけること、
を念頭に置いている点で、一見真逆な感じです。
ただ、先述したとおり、トレーニング方法はほぼ一致しており、そのことにびっくりしたくらいです。
あと、少し違う点はLTライン(アーサー・リディアード氏の表現では「最高安定状態」)での走行距離で、
私は1回12(~20)km程度(週60~80km程度)に対し、アーサー・リディアード氏は週160㎞(1回25km程度)というものでした。
そこの距離の違いだけで、あとのレースまでに流れは、ほとんど同一といっていいものでした。
世界的なコーチと一緒のトレーニング論だっただけに、なんだか少し嬉しくなりました。
ただ、これをいかに現場に落としこんでいくかがコーチングの肝だと思います。
実際男子ロングに関しては、私のトレーニング計画ミス(LTラインの練習不足)で、
全日本大学駅伝の切符を手にすることができませんでした。
超大反省しています。前年やちょっと前のこと(実戦練習)、目先のことにとらわれすぎていました。
学生達にはほんと申し訳ないことをしてしまいました。
対して、女子ロングはこの理論を回して取り組んでいるので、現在の状況!

やはりトレーニング計画(長期)をしっかり立て、今やるべきことをしっかり見据えることはとても重要ですね!!

おっと、あと2時限分頑張ります!
⇒目標設定の内容や理論をしっかり教えられたと思います!!

そして、そのあとは女子ロングのPOINT練習。
⇒天候にも恵まれ(風なしで、実施時間だけ雨降らず!)、全体として良い練習ができました!
 この間の練習の流れや梅雨時期での疲労感が高い中、これまでできなかった練習(インターバル)がほぼ全員できました。
 ちなみに、女子ロング全員(11名:グループ分けあり)で実施できました!!


スポンサーサイト
結果速報
■2012日本学生個人選手権大会(H24.6.23-24 平塚)

[男子800m]
組5着 田口泰広(2年)1分54秒99

[男子5000m]
19位 池谷竜(4年)15分26秒76

[男子10000mW]
8位 中谷勇人(3年)42分49秒36=自己新=体大新=九州学生新

[女子5000m]
1位 鍋島莉奈(1年)15分52秒95=大会新=自己新=体大新※体大初の15分台
8位 高力香織(4年)16分23秒05=大学ベスト=体大歴代5位

※おまけ
鍋島莉奈(1年) ドーピングコントロール 約2時間40分(終了が19時40分過ぎ)
3年前(上田、高力)の再来ですね!検査官の先生2名とも3年前を覚えてくれていました(笑)
in神奈川
本日鹿児島から神奈川まで移動してきました。
来る途中鹿児島空港までの道のり(垂水牛根)で、私たちが通過した後に土砂崩れ起きるといったことも・・・
確かに大きな地鳴りしていました。危なかったです。

さて、今日から平塚で「日本学生陸上競技個人選手権」が開催されています。
中長ブロックの選手は明日からのレースなので、今日移動してきました。
今年の出場者は以下の通りです。

■男子800m:田口泰広(2年)
■男子5000m:池谷竜(4年)
■男子10000mW:中谷勇人(3年)
■女子5000m:高力香織(4年)、鍋島莉奈(1年)

以上の5名です。
今年の標準記録は日本インカレ並みだったので、少し少ない人数なりましたが※、
今年は勝負ができる陣容かなと思います。
ちなみに、昨年は育成(経験や確認)の年(レース)でした。
大方順調にいい準備ができているので、思いっきり大会を愉しんでほしいと思います。

※昨年の標準タイムであれば、あと5名の参加が可能でした。
女子1500m3名(西田、北野、薬師)、女子5000m3名(西田、藤田、外間)
栄養会続いています!
最近ブロブには掲載していませんでしたが、
月に1~2回の栄養会は現在も続けています。



★メニュー★
・ハヤセソースの煮込みハンバーグ(西田)
・鯛の酒蒸し、卵in厚揚げ(竹下)
・ワカメすーぷ(中谷)
・豚しゃぶの生春巻き(土肥)
・人参とそぼろ(片山)
・豆乳胡桃餅(北野)



■メニュー
・前菜、生姜焼きスペシャル(田中)
・主菜、イワシの梅煮スペシャル(坂)
・副菜、タコときゅうりとネギスペシャル(増本)
・副菜、サーモンほーりこんじゃったスペシャル(萱原)
・汁、 コーンスープスペシャル(高力)
・デザート、ウルトラスーパーチーズケーキスペシャル(鍋島)


■メニュー
・奈良県産鳥モモ肉のはるき風煮(長尾)
・サバの南蛮漬け(藤田)
・こまつなとツナのマスタード和え(大貫)
・Eggplant on Tomato on cheese with weenie(global Nishijima)
・たけのこはさみ(薬師)
・ハムと白菜の汁(田口)
・I brought a bitter gourd of the expiration date today
訳:本日賞味期限のゴーヤを連れてきました。(Nishijima)



■メニュー
★ご飯★
ひじきと鮭を混ぜてみました。(玉置)
★汁物★
なめこ汁(玉置)
★主菜★
ぶた煮(田靡)
ぶりのさっぱりレモンあんかけ(須谷)
★副菜★
にんじんしりしり(外間)
コッコ葱包み(池谷)
★デザート★
カクチーズケーキ(鮫島)



「神だっ!」(I君の一言)
今日の午後の練習、
練習前まで雨風が強かったのですが、
練習中はどちらもほとんど止んで、
練習が終わった今、前が見えないほどの大雨に雷鳴ってます・・・・

ツイてる!
自分ごと
本日も強風ですしかも雨付き
できれば、どちらかに限定してほしいですね(笑)
といても、自然には勝てない。

さて、本日は私の担当授業が3時限分あります合計4時間30分の講義。
昨日はその準備で丸一日つぶれた状態。
先ほど終わった「競技スポーツ理論」は今年からの担当なので、1から資料や内容(PPT)を作らないといけない状態です。
しかし、いい授業ができました自画自賛(笑)いや、自己満足。。。
いいかどうかは学生が決めることですね!
しかし、中長距離に関する理論を、私のこれまでの実践経験(選手、指導者)を介して、詳しく話せた(教授できた)と思います。
前回の授業で、基本的な知識(生理学的、身体科学的)をレクチャーしておいたので、そこから繋げて中長距離、特に長距離のトレーニング理論を教えられたと思います。
多少マニアック(アカデミック)でわかり辛い面もあるかと思いますが(特に、中長距離を専門としない学生)、今日教えたことを踏まえてトレーニングを考えられれば、よい指導者になると思います(といっても、私が良い指導者かは別として・・・)。

私自身も、良い確認(頭の整理)ができたように感じます。
次の時間も頑張っちゃおうかなぁ~。

おっと、その前に論文仕上げ。。。。。
天候
本日(6/14)夕方は台風並みの強風でした

本日女子ロングは前期イチバンのポイント練習(1000のインターバル)を行う予定でした。
ここへ向け練習の準備(流れ)も行って(作って)きていました。
しかし、あまりの強風に断念しました
いたしかたないですね。こんなこともある。臨機応変も必要!
強風の中でも試合はあるのですが、今日はしっかりタイムをクリアして、自信を持って前期の残りに勢いをつけることも目的だったので、強風過ぎて気持ち良くできず、タイムも望めないのであれば、ただ単に追い込むだけの練習になってしまいます。これでは、練習の目的違いになってしまします。
練習前に天候の行方をみて、的確に変更を行いました。
が、結局この変更が功を奏したように感じています。
変更内容のメニューも、この強風を考えればeasyな内容ではなかったのですが、全体としてはまとまってしっかりとこなせていました。Great!
欲を言えば「最後の(あと)ひと踏ん張り!」ですが、それができれば3強に手が届くほど。
それほどの充実度です。
あと、現時点で故障者0で、全員が何だかのメニューを行っています。いい流れです

明日から当分梅雨本番と台風で、今日以上に練習も予定通りいかないことが出てくると思いますが、
焦らず、臨機応変に対応して、元気に活動していきたいと思います
結果報告
■第3回鹿屋体育大学陸上競技会(H24.6.9)

[男子100m]
・1次レース
田口泰広(2年)11秒60
・2次レース
田口泰広(2年)11秒75

[男子200m]
田口泰広(2年)22秒87

[男子400m]
田口泰広(2年)49秒71

[女子400m]
西島茉里(2年)60秒88
坂 瑞穂(3年)65秒75

[女子800m]
西島茉里(2年)2分19秒48
坂 瑞穂(3年)2分32秒08
経過報告

中畑敏秀さん(9期生)考案の体幹を意識して姿勢(バランス)を正す運動


ハードルドリルで股関節の動きを修正(股関節を使えるようにする)

脚の入れ替えの学習ドリル=長距離選手は基本的に難しい動き(ドリル)は苦手なので、基本的な簡単なドリルを実施

台風一過でグッと気温が上がりました。
一気に夏模様♪

さて、なかなか試合結果以外でブログの更新が出来ずにいますが、
各パートの状況は以下の通りです。

■ミドル:まだ上手くいっている者とそうでない者の構図は変わってませんが、徐々に上手くいってなかった者も走れ始めています。
ただ、あと1ヵ月で前期シーズンも終わるので、それまでに間に合うか…
しかし、その後もまだ先はあるので、そこに結び付くようにしていってくれればと思います。
■女子ロング:全体としては、相変わらずの良い流れです。朝の持久的トレーニング(LTやOBLA)で過去最速を計時していってます。しかも、みんなで!
あまりにも良いので、更に気を引き締められます(万事塞翁が馬)。
みんなの準備がいいのだと思いますが、油断せず(浮かれず)、また欲張らず、的確に段階を踏んでいきたいと思います。
■ウォーク:九州インカレで日本インカレ標準と九州学生新記録を出した達成感で、ややバーンアウト~!
しかし、次(日本学生個人選手権)があるのでまたしっかり再スタートをきっています!

あと、4年生の大半は5月下旬から教育実習に行っています。

前期シーズン終了まであと約1ヵ月。
梅雨に入ったり、暑くなってきたりしますが、元気に活動していきたいと思います。
男子駅伝予選会結果
■全日本大学駅伝九州地区予選会(H24.6.2 宇美)

総合5位 4時間20分31秒

池谷 竜(4年)31分25秒97
土肥啓人(2年)32分11秒35=自己新
田原貴央(4年)32分28秒44
大貫隼世(4年)32分44秒65=自己新
増本和之(3年)32分49秒32=自己新
上田 亮(4年)32分52秒93
竹下慧甫(3年)32分58秒12=自己新
長尾 俊(3年)32分59秒68
――――――――――以上、上位8名
萱原卓也(1年)34分01秒68=初
田中克典(2年)DNF

2組目終了時点で4位と1分ほどつけての3位と、
最終組までもつれる結果となりました。

目標としていた3位までは39秒差、
1人5秒縮めれば…というところでした。
1000m当たり僅か0.5秒。
僅か0.5秒が大きな結果の差として出てくるんですね。

ただ3月から全くいい練習の継続ができなかった中、
直前(九州インカレ)も全くふるわなかった中、
今日はみんなしっかりまとめて走れていました。
こういった走りが練習段階でできていればと思うところですが、
たらればはやめておきます。

全日本大学駅伝の出場件は獲得できませんでしたが、
男子には昨年の九州学生駅伝同様、今回もワクワクさせてもらいました。

これからは、チームとしてではなく、個人個人が如何に高い目線も持って取り組めるかです!

応援ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。