スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名言!
この前(予選会後)の記事で、「現在の女子駅伝チームは底の状態にあり、これから上がっていくのみ」と記していましたが、
先日行った血液検査で、それがハッキリとしました。
現在チームの大黒柱の者達が、肝機能(GOT)異常値、筋破壊(CPK)異常値、貧血(Hb)異常値と、軒並み底の状態になっていました。
なので、それぞれこれから上げていければ(回復次第で)、とても面白い戦いができると思います。

そんな中でしたが、今日は不定期で行っているポイントとなる練習(チーム力の確認)を行いました。
そんな中だったので、予定より少し設定を下げましたが。
前半は大方良い形でできましたが、中盤から苦しむ者が出てきて、終盤はチームとしての課題が見事に出ていました。
久々に(?)怒鳴ってしまいました…
トータルの練習負荷はまずまず良いものとなりましたが、
やはりまだチームとしての、チームの一員としての意識が足りない面が露でした。

「それぞれがチームのために何ができるか!?」
少人数の我々が、全国で戦っていくには、そこの目線がとても重要です。
キツい時、苦しい時にこそ、そのことを想い出して行動してほしいと思います。

↓そのための参考に↓
学生女子駅伝で1年生から4年間エース区間を走り、
常にチームのために走り、チームを鼓舞し、
チームの柱として走ってくれた松浦七実(現天満屋)の発言

『私自身のこの身体は、私自身のものでなく、
常にチームのものなんだ!
そう思って準備(普段の取り組み)を行っています。』
スポンサーサイト
鹿屋でのトレーニング再開!
一昨日(9/22)に阿蘇での「駅伝合宿」が終わり、
今日から鹿屋での活動を開始しました。
鹿屋ではまだ日中30度を超える日が続いており、阿蘇よりか幾分暑いのですが、9月上旬までに比べれば、だいぶん暑さも和らいだ感じです。

さて、先日までの合宿は、「駅伝合宿」だったのですが、
「駅伝合宿」と銘打ったのには、意味がありました。
「駅伝(を行っていく)」への意識付けです。
これまでは、トラックレースを中心に個人の能力(レベル)を上げていくことに主眼を置いてきましたが(個人>チーム)、
これからはチームが伸びていく為に個人がどう動いていけるかが問われる期間に入ります(チーム>個人)。
男女ともほぼギリギリの人数で戦っている我々は、仮に仲間の誰かが10秒伸びれば、それはチーム全体が10秒伸びたことになります。
これと一緒で、自分が10秒伸びれば、チームが10秒伸びることにも!
そうやって、チーム全体で1秒1秒を大切に積み上げていくことが、結果大きな積み上げになります。
これが「掛け算」の一部かもしれません。

本格的な練習は明日から再開となります。
男女ともどんな取り組みがみられていくのか、私自身とても楽しみでもあります。
これから涼しくなっていく晩秋~初冬~冬にかけれ、どんどこ調子を上げていければと思います。

応援・ご支援よろしくお願い致します!

★ご寄付振込先等★
[寄付名]鹿屋体育大学中長距離ブロックへの激励金
[振込先]
▼ゆうちょ銀行から振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【口座番号】17870―23910881
※振込みについて→ゆうちょの口座とカードをお持ちの方は、ATMからお振込みになると手数料が無料とのことです。口座がありカードがなくATMを使えないと140円、口座がない方は500円手数料がかかるそうです。今回は振込用紙を同封しておりません。お手数をおかけしましが、よろしくお願い申し上げます。
▼他銀行からの振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【店名】788(ナナハチハチ)
【種類】普通
【口座番号】2391088
[金 額]1口5,000円(できましたら2口お願い致します=中長OB・OG会年会費)
[期 日]特に設けません。希望としましては10月1日までですが、その後でも問題ありません。
[その他]ご寄付いただきました方には、全日本大学女子駅伝観戦ガイドならびに結果報告、平成25年度の活動報告を送らせていただきます。
秋カレ
■九州学生選手権

[男子800m]
・予選
組3着 大和谷健太(1年)2分05秒14=自己新
組1着 鮫島圭祐(2年)1分57秒87
・準決
組1着 鮫島圭祐(2年)1分56秒47
・決勝
優勝 鮫島圭祐(2年)1分56秒39

[女子800m]
・予選
組2着 片山直美(3年)2分20秒48
・決勝
2位 片山直美(3年)2分15秒81

それぞれ、ずっと先頭を引っ付って、いいレースをしていました!
予選会総合結果
■全日本大学女子駅伝九州地区予選会

総合2位 鹿屋体育大学 1時間40分30秒
※1位 福岡大学 1時間40分29秒


[個人]
1位 前川祐紀(1年)16分28秒43=体大歴代10位
3位 藤田千尋(4年)16分41秒09(1組1着)=今季ベスト
6位 北野芽衣(2年)16分44秒06=大学ベスト
7位 藤田理恵(1年)16分46秒18
11位 鍋島莉奈(2年)16分54秒56
12位 西田美咲(4年)16分56秒55=今季ベスト
13位 外間美里(4年)17分13秒80

合宿終盤での出走という中、
みんな個々それぞれ全力で走りましたが、
目標達成(1時間40分切り)なりませんでした。

原因は、ハッキリ分かっています。
そのうち大きな原因は、この前の記事にした内容で、さっき表現した「個々で走っているだけ」というものです。
まだチームとしてのまとまり(チームワーク)や絆(チームやチームメイトへの想い)が全くない。
それが、今日の2組目のレース時に顕著に出ていました。
チームとしての戦いを意識させるための目標設定(みんなで1時間40分切り)でしたが、
それがある意味全く機能しませんでした。残念ッ!
これから4年生を中心にどう意識し、どう行動し、どう変わっていくかですね。
練習はできているので、それが一番大事♪
ひとりひとりの力はちっぽけでも、みんなの力が掛け合わされば、凄い力に!

あと、個人個人に関しては、
鍋島が日本インカレ前から貧血(症状)をぶり返してしまっていること、
藤田理恵が合宿の疲れか2日前の刺激で沈してしまい、今朝の走り(ジョグ)もブレブレでした。
外間は、この合宿からリズムよく走れなくなり、それと体調面が重なり、奮いませんでした。

ただ、奮わないことばかりではなく、
合宿中の中で、
組では、ほぼ引っ張って共に1着を取っていたり(藤田千尋、前川)、
前川がしっかり5000m走れたり、
北野が自己ベストまであと1秒だったり、
西田が復調してきたりと、
収穫もありました。

さぁ、これから1ヶ月が勝負です。
言うなれば、チームとしての状態は今が底なので、
これからグッと引き上げていければと思います。

今回も応援ありがとうございました。
さらにチーム一丸となって頑張りますので、
これからも応援、ご支援をよろしくお願いします。
駅伝合宿終盤スタート



昨日は、朝練後、積極的休養の一日でした。

そして、今日からこの合宿も終盤に入ります。
早いものです。

今朝は、あぴかの外周で集団走。
午後は、あぴかのトラックでトラック練習を行いました。

この合宿はクロカンコースでの練習が多かったので、久々(この合宿初)のトラック練習でした。

さて、今日は中秋の名月で、こちらでも綺麗な月が観られています。

どんどん秋も深まっていき、いよいよ秋の試合シーズン(駅伝含む)に入っていきます。

まず、明日からは九州学生選手権が平和台で行われます。

応援よろしくお願いします。
駅伝合宿6日目

今日は、雲ひとつない、本当の晴天の一日でした。

メイン練習は、午後に大観峰のクロカンコースで行いました。
気温は24℃ほどでしたが、陽射しが強い感じでした。
助かったのは、風があったことと、湿度が25%くらいだったことでしょうか。

そんな中で、
男子は、1kmのインターバルに8~10本を行いました。
久々に100点満点の内容でした。
これも、少ない休みの日にわざわざ阿蘇まで手伝いに来てくれた大貫隼世のお蔭です。
なお、お礼に笑いを提供しておきました。

女子は、クロカンコース3周と300×5を行いました。
クロカンコースは、まとまって3周では過去最速でした!
ただ、やや苦しんで、せっかく朝に整えたフォームを崩してしまっている者がいたので、そこは今日の男子並みに淡々とブレない走りが出来ればと思います。

明日は一日落として、明後日から終盤戦(女子は予選会)に入ります!
終盤だからこそ、さらに元気に活動していければと思います!!

駅伝合宿5日目~仙酔峡1本!~

台風一過(っても風の残りは多少ありましたが)の今日、阿蘇は一気に冷え込みました。
現在15℃

朝はあぴかの外周等で集団走。
男子は、昨日のポイントを考慮して、若干ペースは抑え目で。
そのお陰か、まとまって楽にリズムよく走れてました。
女子は、いつも通りのLT走でリズムを掴み直す予定でしたが、一部を除き、やはりまだ修正がかけられませんでした。
どうにか数日で修正をかけたいと思います。

午後は、恒例イベント、
第2回レッドブル(&今年は金の食パン付き)争奪 仙酔峡1本!チーム戦を行いました。
この企画、上りの練習効果を狙ってではなく、単に「チームとして盛り上がって元気よく」と「これだけ厳しい坂を上ったら、他のところは屁みたいものだろう(言葉悪くてすみません。)」ということが狙いです。
今回は、それがチームとしてできた男子と、チームとしてできなかった女子で、大きく結果に差がでました。
女子は前回の1kmのインターバルと同様の現チームの課題ですね!
何事も急に変えられるものではないのかもしれませんが、こればかりは意識するかしないかの問題というか、やるかやらないかの問題のような気がします。

とても良い面子(個人)の揃ったチームなので、それをさらに引き出せるチームに進化して欲しいと願います。

駅伝合宿4日目~One for All , All for One~


今日も一日終了です。
早いものです。

今日も午前中に大観峰のクロカンコースに行って、じっくりと練習してきました。
今日は台風の影響で、曇りで風が吹く涼しい中で練習が行えました!

午後は、水泳と温泉でした。

食事は、相変わらず美味しく、みんなモリモリ食しております!
駅伝合宿3日目


今日は、午前中に大観峰のクロカンコースでじっくり練習を行いました。

その過程で、女子は現在不足している面が見えてきました。
これは2年前の同合宿で伝えたことと同様のことです。
しかも、偶然にも同じ練習内容で。

★その時の記事★

現チームは、鹿屋体育大学女子駅伝チーム史上最強だと思います。
ただ、それを100%出せるかは、これからのチームとしての、またチームの一員としての取り組み方次第だと思います。

★それに繋がる記事★
※ただし、今年とは少しニュアンスが違います。その違いが判るかも重要!


3年前にシード権を取った時みたいなミラクルを起こせる全員での取り組みができるか!?
今のメンバーであれば絶対にできると思うので、是非ともチーム一丸とな
って取り組んでいって欲しいと思います!
今日の駅伝合宿






今日から本格的な合宿練習に入りました。

今朝は、あぴかの外周を使ってのLT走。
午前中が、コンディショニングメニュー(ドリル→体幹意識→ペアスト)。
午後が大観峰のクロカンコースでの集団走でした。

ちなみに、大観峰のクロカンコースは貸し切り状態でした。

全国的に今日も残暑が厳しかった(西日本は34℃)ようですが、阿蘇も若干暑さはあるものの、大きな影響はない範囲(28~26℃)でした。
駅伝合宿

先週末に日本インカレが終わり、3日間のリカバーを置いて、今日から駅伝に向けての強化合宿に入ります。

1回目と同じく「阿蘇青少年交流の家」を利用しての合宿です。
阿蘇もまだ若干暑さはありますが、下界の残暑に比べれば、幾分涼しい感じです。

22日までの長期合宿ですが、元気に活動していければと思います。

ちなみに、女子の全日本駅伝予選会が21日にありますが、
合宿の過程で出場します。
日本インカレ3日目


(写真:火が灯された聖火台)

■□第82回日本学生陸上競技対校選手権大会□■

《3日目》

[女子3000mSC]
・決勝
12位 田靡妙如(2年)11分27秒84

2日連続でレースは、まだ実力的に厳しいものがありました。
もともとの目標が決勝進出だったので、それはクリアしています。
あと、どうしていくことで入賞に結び付くのか、
今回を生かして、来年是非とも入賞して欲しいと思います。

ブロックとしては、それぞれ今ある力は最低限でも出せたのではないかと思います。
2名の入賞者も出て、2年ぶりに複数入賞もできました。

ただ、まだそれぞれが持っている力は上にあるので、
それが出していけるよう取り組んでいきたいと思います。

3日間、応援ありがとうございました!
日本インカレ2日目
■□第82回日本学生陸上競技対校選手権大会■□

《2日目》

[男子800m]
・予選
組5着 田口泰広(3年)1分54秒01

[女子800m]
・予選
組5着 西島茉里(3年)2分14秒05

[女子5000m]
5位 鍋島莉奈(2年)15分59秒02

[女子3000mSC]
組7着 田靡妙如(2年)10分55秒29=自己新=体大新→決勝へ

今日は4名の出場でした。

西島は、初日本インカレの影響か、アップから表情が硬く、行動も落ち着きのない感じでした(他ブロックの学生も指摘)。
練習も西日本インカレ(3位)前からの怪我が長引き、8月に入ってようやく走トレーニングが開始できる形でした。
それでも練習を工夫して、順調にトレーニングを消化してこれてはいました。
ただ、その経過に本人が心のどこかで不安を抱えていたのかもしれません。
それでも前半積極的に前で展開できたことは良かったと思います。
今年の経験を来年に!

田口は、九州インカレ前からの怪我を九州インカレでさらに酷くした為、約3ヶ月強、走トレーニングが行なえない状況でした。
それでも、できることを重ね、どうにか1週間前からトラック練習が開始でき、動きもどうにか形になっていました。
その成果か、今日も終盤まで予選通過争いができていました。
オッと思わせてくれましたが、最後は脚が持ちませんでした。
それでも現段階では上出来です!

田靡は、10日前に行なった実戦練習(3000SC)で、10分59秒8の自己新の走りをしていました。
なので、試合では10分50秒(=予選通過)を狙いにしていました。
レースでは、1000mの入りが3分27秒と速い入りをしてしまったため、中盤失速してしまいました。
ハードリング(特に水濠)もチグハグで、本来の持ち味の水濠の上手さを全く出せていませんでした。
予選通過にヒヤヒヤしましたが、どうにか有言実行の予選通過を果たしました。
明日の決勝では、自ら繋いだ決勝の舞台を、大いに愉しんでもらいたいと思います!

鍋島は、練習で3分5~10秒が難なくいける状態でした(2000mやるといつも6分14秒程度)。
刺激(1000m×2 r=200m)も3分06秒と3分02秒(設定①3分10~15秒②3分5~10秒)でした。
しかし、本人の感覚では特にJOGで上手く走れている感じではなかったようです。
確かに低速(アップなど)の時は、脚が前に出すぎて接地のタイミングが少しズレ、腰が少し落ち気味でした。
ただ、それを試合直前に指摘しても、不安や混乱をきたす可能性があると考え、また高速(3分10秒切)では比較的上手く走れていたことから、とりあえず指摘せず見守ることにしました。
レースでは、昨年の失敗を踏まえ抑えて入らせましたが、それが良くなかったようです。
抑えた為か、その低速の時の動きが出てしまい、硬い走りになってしまっていました。
それでもしっかりまとめ、しかもラスト競り勝ち、見事5位でゴールしました。
これで、昨年の日本インカレからの悪い流れは断ち切れたかなと思います!
というより、昨年前期以上の練習ができているので、これからそれを発揮していけばいいだけだと思います!

チーム全体としても、
今日もそれぞれ最低限の力発揮できたのではないかと思います。

明日は、田靡(3000SC)の決勝です。

引き続き応援よろしくお願いいたします。
日本インカレ1日目
□■第82回日本学生陸上競技対校選手権大会(H25.9.6-8 国立)■□

[男子10000mW]
19位 中谷勇人(4年)43分25秒42

[女子1500m]
・予選
組4着 前川祐紀(1年)4分27秒66=大学ベスト=体大歴代4位
組13着 岸良美周(1年)4分42秒44=大学ベスト

[女子10000m]
7位 藤田理恵(1年)34分02秒98=自己新=体大歴代4位
16位 藤田千尋(4年)34分26秒13=セカンドベスト

本日初日は5名の出場でした。

中谷は、直前(2週間前から)の練習で、これまでになく力み無く歩けていました。
強いて良くなかった点を言えば、この状態になったのが直前過ぎたことでしょうか。
合宿前や合宿中、就職活動中の練習がチグハグだったので、そこがレース中盤から出た形になったのかもしれません。
あと2週間でも早くこの状態になっていれば・・・・
でも、最後の日本インカレ、しっかりと歩ききってくれたと思います!

前川は、レース前、本人のコメントからも好調が窺えましたが、
組に恵まれず2周目で突如スローペースになる試合展開(1周目70秒、2周目75秒)が災いし、
ラスト勝負でスピードのある選手に競り負け組4位(組3位までが決勝進出で、+3あり)でした。
プラスで拾われる可能性がありましたが、最終組が絶好のペースで進み、0.44差で決勝進出できませんでした。
試合展開が普通であれば4分22,23秒ではいけていたと思います(それだけの練習ができていました)。
なので、悔しさいっぱいですが、この悔しさを今後の糧にしてくれればと思います。
※早速レース後の夕方(10000mの前)に練習していました。

岸良は、夏合宿前まで、怪我や体調不良で、上手く練習が積めていませんでした。
なので、本人と話し、最低限まとめられて、次に繋がるレースをしようと、目標を4分45秒に設定しました。
その後合宿等で上手く練習がこなせはじめ、帰省明けには、思った以上に走れる状態に持ってきていました。
直前の練習も予定より良い内容ができ、4分40秒切も目指せるかなと考えていましたが、
やはり若干の練習不足は否めなかったと思います。
それでも、当初の目標は達成し、これを今後(駅伝シーズン)に繋げてくれればと期待しています。

藤田千尋は、この間(6月から)ずっと、ほぼ練習を引っ張ってくれていました(それが本人の走りに合うからですが)。
それも、相当いい内容でです!
その過程で、とても良い走りができるようになり、刺激も2000を6分25秒でサッとくるくらいになっていました。
しかし、レースがスローペース(3分30~25秒)からのペースアップとなったことが裏目に出たのか、この間のはまった走りが中盤以降崩れてしまいました。
それでもどうにか耐え、終盤2~3名抜き16位でゴールしました。
やはり地力は上がっていると感じます。

藤田理恵は、前日の国立競技場での練習で、使用可能時間を(少し)オーバーしてでも走り続けていた大物ぶり?を発揮し、見事入賞しました(笑)
これで中長距離ブロックの日本インカレ入賞5年連続となりました。
1週間前までは、上手く走れない状況でしたが(練習はきちんとしていました)、やはり試合に強いタイプの選手です。
毎回言っていますが、練習では姉(千尋)に全く敵いません。=それほど姉(千尋)は良い練習ができています。
それでも、試合本番で力発揮してしまうので、それが凄いところです!


試合初日は、まずまずの結果だったと思います(誰一人悪い結果はありませんでした)。
明日は4名(西島、田口、田靡、鍋島)が出場します。
2名(西島、田靡)が初出場ですが(今日は4名が初出場でしたが)、雰囲気に飲まれ過ぎることなく、大いに国立競技場、日本の学生の最高峰の舞台を満喫してほしいと思います。

明日も応援よろしくお願いします!
日本インカレ
明後日6日(金)より、国立競技場で日本インカレが開催されます。

本ブロックの出場者は以下の通りです。

■男子800m:田口泰広(3年)
■男子10000mW:中谷勇人(4年)
■女子800m:西島茉里(3年)
■女子1500m:岸良美周(1年)、前川祐紀(1年)
■女子5000m:鍋島莉奈(2年)
■女子10000m:藤田千尋(4年)、藤田理恵(1年)
■女子3000mSC:田靡妙如(2年)

以上の9名の出場です。
おそらく、過去最多人数(か最多タイ人数)だと思います。
またバランスもよく、4年生2名、3年生2名、2年生2名、1年生3名の構成です。
あと、今日も天気運抜群で、台風が何の影響もなく、朝のうちに通り過ぎていってくれました。
その天気運と同様に、全員順調にトレーニングを消化してこれました。
ほぼ全員が、大学で一番の状態に!
あとは「最後の詰めが甘くならないように」、引き続き緻密に準備(調整)して、
日本の学生の最高峰の試合、聖地国立競技場での試合を大いに愉しんでくれればと思います!

大会1日目の選手と私は、明日東京にのりこみます!

応援よろしくお願いします!

★ご寄付振込先等★
[寄付名]鹿屋体育大学中長距離ブロックへの激励金
[振込先]
▼ゆうちょ銀行から振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【口座番号】17870―23910881
※振込みについて→ゆうちょの口座とカードをお持ちの方は、ATMからお振込みになると手数料が無料とのことです。口座がありカードがなくATMを使えないと140円、口座がない方は500円手数料がかかるそうです。今回は振込用紙を同封しておりません。お手数をおかけしましが、よろしくお願い申し上げます。
▼他銀行からの振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【店名】788(ナナハチハチ)
【種類】普通
【口座番号】2391088
[金 額]1口5,000円(できましたら2口お願い致します=中長OB・OG会年会費)
[期 日]特に設けません。希望としましては10月1日までですが、その後でも問題ありません。
[その他]ご寄付いただきました方には、全日本大学女子駅伝観戦ガイドならびに結果報告、平成25年度の活動報告を送らせていただきます。
天気運

大雨なう、&雷付き!

今朝は集合前にザッと一雨。
集合前には止んで、終盤までは雨、風なしのグッドコンディション!
そして、ついに練習終盤から大雨に風に雷に。。。
長めに走る予定だった組を、やや早めに切り上げさせたくらいの影響のみで済みました!

奇跡的と言っていいくらい、この間ずっと天気運に恵まれています!
これぞ「日頃の行い」か!?(笑)
お陰で良いトレーニングが継続出来ています!
こういう時って上手くいく(結果が出る)ことが多いんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。