スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成26年度スタート
今日はまだ3月31日ですが、
週の初め(月曜日)ということで、
今日から新年度開始という気分です!

ですが、ノッケの練習(朝練)から厳しい説教をすることに。。。。

チームでは「準備」を大切にすることを日頃から伝えて活動しています。
(試合等の)結果は準備で9割か9割5分決まる。
※あとの1割や5分は実際の競技場面での「運」が絡んでくること。
なので、常日頃からの準備を疎かにしないこと、と伝えています。
この日頃の準備とは、練習用具の準備(←これはやれて当たり前で、現在はほぼ完璧に練習用具の準備はできています!)ではなく、試合と同様、前日何を食べ、何時に寝て、当日何時に起き、何時に朝食を食べて、その朝食は何を食べて、何時間前に競技場に来て、どういうアップを行うか?という準備です。

今朝あるパートは、朝だとまあまあハードなメニュー(日中だとそんなに)でしたが、そのことを理解しきれず、
入りからタイムを守れない者や、途中でやめてしまう者が出てきました。
本当に途中でやめるほどの内容ではありません(キロ4分)。
朝のアップの行動を見たり、練習後にどのように準備したかを聞いたところ、準備不足が明らかでした。
これでは強くなれません(正の連鎖は生まれず)。

過日の記事で書いた記憶がありますが、
大リーガーのイチロー選手は、誰よりも早く球場に来て、練習や試合の準備をすると聞きます。
サッカーの本田圭祐選手も、事あるごとに準備の大切さ、必要性を説きます。

「一流の選手(結果)は、一流の才能から生まれるのではなく、一流の準備から生まれるもの」

すべては「準備」しだいです。
だからこそ、いい準備をしたいものです。
そして、そこから嬉しい結果を得たいものです。
スポンサーサイト
祝・卒業

本日、卒業式がありました。
(昨夜は卒部式でした。)

今年は9名の学生が、本ブロックから巣立っていきました。
9名の今後の進路は、
■竹下慧甫:伊万里町役場
■長尾 俊:アクアドーム熊本
■中谷勇人:枚方広域消防組合
■増本和之:サクラ十字病院
■坂 瑞穂:外食産業(なんていうところだったっけ?)
■須谷美幸:就職は決まっていましたが、まずは腰の治療に専念することになりました
■西田美咲:エディオン(陸上競技部)
■外間美里:スターツ(陸上競技部)
■藤田千尋:日本郵政(陸上競技部)
です。

暖かな晴天の中、晴れ晴れと卒業していってくれたことと思います。

そして、在学生は、本日から大隅合宿です。
まだまだ組織としては貧弱な(上手くまわっていない)チームなので、今回が良いステップになればと思います。


どこを目指して、何を目指してのチーム作り(チーム活動、行動)なのか!?
頼みますよ、次期4年生!
お手伝い

今日の午前中、鹿屋市のスポーツセミナーとして「エディオン女子陸上部陸上教室」がありました。
ブロック全体で手伝いをしましたが、その中でも学ぶべきものがたくさんありました。

すべてのことに「感謝」by大○谷
帰鹿

今日の昼に、鹿屋に戻ってきました。
お世話になった立命館大学女子陸上競技部長距離チームの皆さん、本当にありがとうございました。

故障者が多く、あまり一緒に練習ができませんでしたが、その中でも得るものはたくさんあったと思います。
今後の活動で、それらをいかしていければと思います。
大会結果報告
■日本学生女子ハーフマラソン選手権大会(H26.3.16 松江)

17位 藤田理恵 (1年) 1時間16分24 秒
35位 藤田千尋 (4年) 1時間20分49秒

[藤田理恵コメント]
現状まとめられる走りができました。
風が強く集団をうまく利用して走れてましたが、15km手前で離れてしまい、その後は単独走でした。
ラストはスピードが出ず、力も入りぶれてしまいました。
出場したことでいい経験ができました。
これからスピードを戻し、トラックに移行していきます。
しっかり先を考え取り組んでいきたいです。



藤田理恵本人が述べている現状とは、5000mで17分を切れないくらいの現状です。
富士山女子駅伝前から怪我があり、その中で富士山女子駅伝と都道府県対抗女子駅伝を走ったので、怪我の状態が結構な状態になってしまいました。
なので、回復に思いの外時間がかかり、どうにか2月後半から走れる状態になりました。
しかし、その後体調不良を起こしたり、直前に膝痛を起こしたりと、やるべき練習を全く消化することが出来ませんでした。
1週間前に行った1000×10も3分30秒を切っていけずいっぱいいっぱいで、刺激の2000も終盤83秒/400mでした。
なので、現状の力は17分/5000mで走ることもできない感じということです。
その中で、この結果(3'37"/km平均)は上出来だと思います。

藤田千尋は、実業団チームへの移行等で上手く練習ができておらず、練習がてらの出走となったようです。
古巣
昨夕のフェリーに乗船し、今日昼に立命館大学のびわこ・くさつキャンパスに到着しました。

明日から4日間、非常に短い期間ですが、
昨年と同様に女子の長距離チームは、立命館大学の女子陸上部の練習に参加させていただきます。
チャンスを作り、チェンジを起こす
私が鹿屋に戻ってきてから、はや9年が経ち、10年目がスタートしています。時間が経つのは、ほんと早いものです。
この間たくさんの学生と接し、その成長に関わってきました。
多くの者が、コツコツと競技に打ち込み、チーム指針の「4年目に大きな花を咲かせる」など、
自身を高めて卒業していってくれています。
そんな中で、私の帰鹿初年度に自らチャンスを掴かみ、大きく変化を遂げた選手がいました。
その選手は、私が戻ってきた時は走ってもいませんでした(故障です)し、九州インカレ(当時は相当レベルが低かったです)でどうにか入賞できるレベルでした。ちなみに、一般入試での入学者です。
ただ、頑張る力は持っていて、自身で変わろうという想いがヒシヒシと伝わってくる選手でした。
なので、冗談半分本気半分で「今日練習は、腹筋・背筋・腕立て100セット」というと、本当にやり遂げてしまうほどでした。
そんな彼女は、私が戻ってきたのをチャンスと捉え、本気で取り組み、それを自ら愉しんだ結果、1年も過ぎないうちに全国レベルの選手になりました(全日本大学女子選抜駅伝1区5㎞区間3位16分12秒※向い風)。

どうチャンスを作り、そのチャンスをどう活かすか!
そのチャンスを掴む為に、どうチャレンジしていくか!?
そして、そのチャレンジの結果、どうチェンジを引き起こしていくのか!?

競技は、真剣(真面目)に取り組むから面白い(愉しい)のです!カッコいいのです!って。
ということは、今の学生達は相当カッコいい!
その彼女の卒業の言葉←クリック
※私へのお褒めの言葉はどうでもいいです(っていったら彼女に叱られますかね)。
あるマンガの一節
今まで自分がやってきたことで
現在の自分があるなら
今からやることは
未来の自分に必ずつながるんです

そう考えると
ほら
なりたい自分になれると思いませんか?
闇トレ中!?


一次合宿終了!



私(松村)はど~こだッ!?
サーキット開催中(^3^)/


いつも通り


合宿に入っても、
姿勢作りの体幹意識やハードルドリルは、欠かさず行っています!

■3/5(水)
早くも合宿中日。
昨夜(未明)は外が大雨で騒がしい感じでしたが、
朝になってどうにか小降りになりました。ラッキー!
本日は、朝練(集団走)後、
午前中はプール&スパ、
午後はミーティングです。

私は会議等のため、朝食後に帰学で、
また明日の朝に宮崎にむかいます。
明日から早くも合宿終盤。
2014 春季一次合宿
本日(3/3)より、宮崎県で合宿に入りました。
今回は3/7までと比較的短期間ですが、
特に短期集中というわけではなく、
いつものことを練習環境を変えて、
元気(雰囲気)よく行っていくという感じです。

到着後一発目の練習は、まずまずした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。