スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果詳細
■第32回九州学生駅伝対校選手権大会(H26.11.29 島原)

総合6位 鹿屋体育大学 3時間12分31秒

[個人]
1区:鮫島佳祐(3年)区間11位 26分03秒
2区:平田圭(4年)区間4位 25分30秒
3区:森下誠実(2年)区間8位 26分11秒
4区:田中克典(4年)区間4位 35分32秒
5区:波平憲人(1年)区間15位 32分29秒
6区:宮本怜旺(1年)区間5位 21分34秒
7区:萱原卓也(3年)区間10位 25分12秒


■第14回九州学生女子駅伝対校選手権大会(H26.11.29 島原)

総合2位 鹿屋体育大学 1時間22分07秒

[個人]
1区:岸良美周(2年)区間2位 14分54秒
2区:藤田理恵(2年)区間2位 12分40秒
3区:碓井さくら(1年)区間2位 12分37秒
4区:福田舞弥(1年)区間2位 27分16秒
5区:田靡妙如(3年)区間3位 14分40秒


男子は目標順位5位で、結果は6位でした。
昨年までと同様、前半で流れに乗ってという作戦で、
強い上級生を前半から投入しました。
結果的には、1区でつまずき、その後4区までにリセットできましたが、
後半に貯金なく目標達成なりませんでした。
一番の原因は、1区での出遅れです。
中距離の鮫島をスターターとして起用しましたが、直前までの練習では現在のチームで一番速く走れており、上り坂も問題なく走れる状態でした。
なので、当初の予定だった森下に代えて、チーム全員、自信を持っての鮫島投入でした。
中距離選手の起用なのでこの結果はしかたない、走ってくれただけで有り難い、といえばそうかもしれませんが、
それではこの間の鮫島の取り組み(努力)はなんだったのか、ということになります。
この間、鮫島がこの駅伝に向けて頑張ってきてこの結果であれば、
やはりこの結果に対して厳しく評価することが、鮫島のこの間の努力を評価することにも繋がると思います。
助っ人的に適当にやっていたわけでは決してないので、やはりこの結果は残念でしかありません。
あとは、アンカーを任せた萱原もです。
共に次期4年生。
後輩たちを引っ張っていくためにも、結果を含め魅せていってもらいたいと思います。

女子は、事前にお伝えした通り、
「王将」「飛車」抜きでのレースでした。
あと、アンカーに配した田靡は故障明け直後で、まだジョグもまともに出来ていない状況でした。
そんな中でのレースでしたが、1区岸良、3区碓井、4区福田と、現在底上げを期待し頑張ってくれている3人が、現状まずまず(合格点)の走りをしてくれました!
(ちなみに、鍛練直後の「角」は機能しませんでした(笑))
ただ、これではまだまだ全国では戦えません。
福岡大学も、今年の全日本大学女子駅伝で8位(シード権獲得)に入るなど、ここにきて力をつけてきています。
ただ、うちが目指している(目標としている)のは、このレベルではありません。
ある意味、鍋島が魅せてくれているレベルです。
その領域にチームとして近づいていけるよう、みんなでウキウキワクワクしながら、進んでいきたいと思います。
いまは変化の苦しみ、我慢の時という状況です。
おそらく、選抜駅伝もそのような状況でのレースとなると思います。
でも悲観はしていません。
これを乗り越えて、また新たなチームへと進化し、もっと大きな喜びを、チーム全員で掴み取りたいと思います。

これからも、応援、ご支援よろしくお願いします!
スポンサーサイト
大会結果
九州学生駅伝(男女)

【男子】総合6位
【女子】総合2位

応援ありがとうございました!
九州学生駅伝
明日(11/29)、長崎県島原市で九州学生駅伝(男女)が開催されます。
九州の箱根駅伝です。
規模やレベルは箱根駅伝とは違えど、ここにかける男子学生選手の想いは同様です。

出走者は以下の通りです。

【男子】
1区:鮫島圭祐(3年)
2区:平田 圭(4年)
3区:森下誠実(2年)
4区:田中克典(4年)
5区:波平憲人(1年)
6区:宮本怜旺(1年)
7区:萱原卓也(3年)

【女子】
1区:岸良美周(2年)
2区:藤田理恵(2年)
3区:碓井さくら(1年)
4区:福田舞弥(1年)
5区:田靡妙如(3年)

男子は、今年も長距離メンバーの人数不足で、プラス中距離選手(鮫島、宮本)の出走でレースに挑みます。
ただ、その中距離選手も、この間しっかり練習してくれて、とても強くなりました。
また、みんな好調で大会前日を迎えられています。
あとは当日大暴れするだけ!
とても楽しみです。
そんな中で、チームの主力の土肥は、夏に難病を患ってしまい、残念ながら出走できません。
私としてもとても残念なのですが、その分も土肥が精力的にチームのサポートを行ってくれています。
とても頼もしく、ありがたいです。
その他、片山も田口も西島もチームを渾身的に支えてくれています。
今年の4年生が目指したチームが、今ここにあると感じます。

女子は、全日本大学女子駅伝直後に主力に故障者が多発しました。
また、鍋島は先日の国際千葉駅伝に出走したこともあり、この後を考えて出走を取りやめています。
そんな中での大会で、この間はその他の選手(今回の出走+薬師、西島)がとても頑張ってくれています。
今回出走外の薬師も、先週まではしっかりと練習できていましたが、今週になり脚の痛みが増し、今後を第一に考えて出走を取りやめました。
今回は「飛車」「王将」抜きのレースですが、その他の選手にとっては、今年のスローガン(3C)?の「チャンス」と「チャレンジ」の機会であり、「チェンジ」のひとつのキッカケになるかもしれないものだと思います。

明日は、男女ともうちらしく、元気にレースを愉しんで、満喫していければと思います。

応援よろしくお願いします!
大会結果




★☆青木半治杯 2014 国際千葉駅伝(H26.11.24 千葉)☆★

6区 鍋島莉奈(3年:日本学生選抜)  区間2位  23分21秒
※日本学生選抜 総合3位(目標達成)

応援ありがとうございました。

追伸:「鹿屋が生んだ歴代最高傑作」というキャッチフレーズがありましたが、
   現在までではまだ「永田宏一郎(14期生)」がそれに該当するのと思います。
   その称号を手に入れられるよう本人は頑張ってくれるものと思います。
   まずは、、、、、
国際千葉駅伝

過日にお知らせしましたように、
明日、国際千葉駅伝が開催されます。
日本学生選抜で出場する鍋島莉奈(3年)は、6区(アンカー)を担当します。
始めての代表レース(都道府県レベル除く)、走れる喜びと代表としての誇りを持って走ってくれることと思います。

13時からフジテレビ系で生中継があります。
応援よろしくお願いします!
活動内容


本学には大学が所有する学生寮はありますが、部屋数の関係もあり、それは学生の保護者の所得によって入居が決まるもので、希望者が全員が入れるものではありません。
ちなみに、食事等は一切ついていません。
また、寮に入れない学生も、約半数います。
なので、食事は基本的に自炊になります。
大学近くに『鹿屋アスリート食堂』ができ、少し外食の栄養面はカバーできるようになってきましたが、
それでも主は自炊なので、学生達の自炊(料理)力が試されるところです。

そんなこともあり、チームでは、不定期に食事・栄養調査を行っています。
その内容をもとに、スポーツ栄養学の長島未央子先生からチーム全体や個人個人に対しアドバイスをいただき、食事内容の改善を計っています。
※長島ゼミ所属の学生が増えたので、そのメンバーが自分達の専門分野としてしっかり動いてくれることに期待!

あと、最近blogにはアップしてませんが、グループ毎での栄養会は引き続き実施しています。

自分達が置かれている状況(環境)の中で、工夫して向上(漸進)していきたいと思います。


ローズヒル駅伝

今日の午前中はチーム全員で「小学校区対抗かのやローズヒル駅伝」の審判手伝いを行ってきました。

毎年は数名のみの手伝いですが、
今年は鹿児島県の県民体育大会と同一日で審判数が足りないということで、チームで手伝いを行いました。

いつも体大の競技会で運営側に立つことがありますが、
学外の試合で運営側に立つことはあまりありません。
こういった機会に運営側に立って、各種学外の大会で大会を開いていただける感謝も感じる良い機会にもなっていればなと思います。

また、審判においては、学生達が状況を判断して、しっかり動けていたところが多く見られ、それがとても嬉しく思いました。
その前に

24日の国際千葉駅伝の前に、
今週末の16日(日)、
横浜国際女子マラソンが開催されます。
本チームのOG松浦七実(天満屋:25期生)が出場します。

当日はテレビ朝日系列で12時からテレビ中継もあります。
応援よろしくお願いします!
国際千葉駅伝
昨日プレスリリースがありましたが、
鍋島莉奈(3年)が国際千葉駅伝の日本学生選抜に選ばれました。

このレースへの参加は、永田宏一郎(14期生:この時は日本代表)以来2人目になります。

大会は11月24日(月・祝)に行われ、
フジテレビ系列で生中継されます。

■国際千葉駅伝フジテレビサイト《クリック!》
※エントリーリスト《クリック》
※大会のみどころ《クリック》
朝夜寒昼暑
気が付けば11月に入りました。
やはり時が経つのは早いものです。

さて、チームの状況ですが、
男子は今月末の九州学生駅伝に向け、
実戦練習に取り組んでいます。
まだまだ実戦(戦えるまで)にはほど遠い感じですが、
あと3週間、やり込んで変わっていければと思います。
女子は、全日本大学女子駅伝後1週間ほど間を置き、
今週からまた次の目標(チーム:富士山女子駅伝)に向け、スタートしました。
もちろん来年に向けても!目線(視線)を変えず突き進みます!
全日本大学女子駅伝では5位入賞できましたが、
直前までのチーム状況は、なすべきことの6割程度でしかありませんでした。
なので、まず、これから今年中(富士山女子駅伝まで)に今年のなすべき状態を作り、
来年勝負できるラインまで引き上げていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。