スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015日本インカレ


□■第84回日本学生陸上競技対校選手権大会(H27.27.9.11-13 長居)■□

《1日目》

[男子1500m]
・予選
組4着 鮫島圭祐(4年)3分54秒44

[女子1500m]
・予選
組6着 岸良美周(3年)4分30秒95=決勝へ
・決勝
9位 岸良美周(3年)4分30秒53

[女子10000m]
・決勝
1位 鍋島莉奈(4年)33分18秒69=2連覇!
20位 藤田理恵(3年)34分36秒96


《2日目》

[女子800m]
・予選
組6着 堤裕希乃(1年)2分12秒15=体大歴代6位=準決勝へ
・準決勝
組8着 堤裕希乃(1年)2分20秒50

[女子5000m]
・決勝
23位 前川祐紀(3年)17分30秒17

[女子3000mSC]
・予選
組13位 高野安弥(3年)11分24秒00=自己新、体大歴代2位更新


男女1500mの鮫島、岸良以外は、復帰レースでした。
※桐生選手の復帰レースの裏で・・・・
鍋島:約6ヵ月(復帰状態5割)
藤田:約2ヵ月×2回(復帰状態2割)
前川:約9ヵ月(復帰状態0.5割)
高野:約3ヶ月(復帰状態7割)
堤:約11ヶ月(復帰状態1割)
慎重に回復を進めた結果です。
学生の辛抱は半端なかったと思います。
まだ復帰過程の者もいますが、どうにか目処が立ってきました。
以上の者たちを含め、チームはこれからがスタートです!
伝統の?「後期勝負」
今年に限っては「超後期勝負」か!?
そのスタートの日本インカレ。
優勝者(鍋島)、もう少しで入賞(前回予選落ち:岸良)、もう少しで決勝(初日本インカレ:鮫島)、
準決勝進出(ポイント練習3週間で:堤)、しっかりレース(藤田、前川、高野)。
上出来でした!!
その他のメンバーもほぼほぼ上向きです!
特に、森●(男)、福●(女)。
今後も良い流れを作って、それに乗っていきたいと思います。

そして、期間中、たくさんのOB・OGが応援にかけつけてくれました。

応援ありがとうございました!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。