スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロック送別会(3/22)



3/22
例年のようにブロック送別会を開催しました。
第一部では、4年生に4年間の感想と後輩達へのメッサージを述べてもらいました。
大まかな内容は以下の通りです。
※は卒業後の進路

【萱原】※兵庫県非常勤講師
・目標に向かって全力(本気)で行っているから輝ける(目標に対する本気度(意識レベル)が大切)。
・出されるメニューにのっかっているだけではダメで、それを自分のものにする必要がある(自分がどうなりたいかというものを、ちゃんと持っておく必要がある)。
【田靡】※愛知県の中学校の非常勤
・周りとのコミュニケーションの大切さ(特に、同期との関係や連携)
・練習に対して、常にマイナス思考であった(調子のいい時だけ楽しいではなく、目標に対しての取り組む中身をしっかり考えることが大事)
・自分自身の可能性を否定せず、可能性を常に見出すことが大切。
【北野】※未定
・あれもしたい、これもしたいと欲張りすぎては、本当にしたいことが疎か(不十分)になることも。
・常に初心に戻る(悪い時のことを思えば、今は常に良い)。
・チーム作りまで考えることは大変。でも、そうやってチームのことを考えることが大学スポーツの醍醐味。
・周りの支えに感謝すること(周りの支えがあっての活動)。
【鍋島】※日本郵政グループ
・個人あってのチーム:個人がしっかりしていないと、良いチームの取り組みも成果を出さない。
・一人一人がしっかりと練習しないと、結果が出ない(指導者が出す練習を自分でアレンジすることが必要)。
・チーム内で競技の話を常にしていく大切さ。
・しっかりと地味なトレーニングを行う必要性(鹿屋は本当に練習量が少ない)。
【薬師】※鹿屋体育大学大学院
・後悔しない競技生活を送れるように。
・「頑張れば強くなる」ではなく、「どうやったら強くなるか」が大切
・周りつのつながりを大切にする(外にアンテナを張る)。
【鮫島】※種子島で学校事務
・目標とビジョンを持って行動・活動していくことが大切
・そして、本気で取り組むことで、目標が達成できる。
・先輩を見習う(見習われる先輩になる)。
・上の学年の使命(役割)は、のびのびと取り組める環境を作ること
・相手の言葉の意図を汲み取ることが大切

いつも学生たちには、
「いい組織(チーム)があってこそ、そのに所属する者(選手)は伸びるんだ」
と伝えて、チーム作りを考えさせています。
この学年の後悔は、自分たちでチームを上手く作れなかったことにあるのだと思います。
チーム作りを少し難しく考えすぎた面があるかもしれません。
自分達がまず元気に明るく競技していく姿勢を魅せていく。
そういった魅せ方に問題があったのかもしれません。
そういった意味でも、鍋島が述べているように、ひとりひとりがしっかりする必要があったのだと、今思えば感じます。
チーム作りの課題は、今でも残っています。
この学年(1年)の経験を、後輩たちは生かしてもらいたいと、切に願います。

第2部は、3年生以下ノー飲酒(合宿中につき)で、決意の高さを感じると共に、
妙如ちゃんが一番幸せを感じていたひと時でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。