スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■天皇賜杯 第85回日本学生陸上競技対校選手権大会(H28.9.2-4 熊谷)

[男子800m]
高木駿一(1年) DNS※7月に腰を痛め、それが回復できなかったため、今後を見据え回避しました。

[男子1500m]
・予選(3-3+3)
組7着 中西蓮(3年)3分50秒01=自己新=体大歴代4位※プラスの4番目で敗退

[女子800m]
・予選(4-3+4)
組1着 堤裕希乃(2年)2分12秒38=準決へ
・準決勝(2-3+2)
組3着 堤裕希乃(2年)2分09秒85=自己新=体大歴代4位=決勝へ
・決勝
6位 堤裕希乃(2年)2分09秒74=自己新=体大歴代4位更新

[女子1500m]
日隈彩美(1年)DNS※7月に足底を痛め、直前までできる限りの準備をしましたが、今後を見据えて回避しました。

[女子10000m]
・決勝
1位 盛山鈴奈(4年)33分03秒93=自己新=体大記録=九州学生記録
※昨年までの鍋島の2連覇と合わせ、鹿屋体育大学同種目3連覇

[女子3000mSC]
・予選
組11着 高野安弥(4年)10分51秒98=自己新=体大歴代2位更新


出場者(DNS除く)全員が、この大舞台で自己記録を更新しました。
その中で、盛山の優勝、堤の入賞が叶いました。
高野、中西は直前(8月)の練習は、あまり流れ良くできませんでしたが、
前期からの練習継続(貯め)の成果もあり、自己記録更新という最低限の目標をクリアしました。
盛山、堤は、7月、8月と良い準備(トレーニング等)ができ、
それが結果として現れました。

中でも盛山は、高校3年次の全国高校駅伝で転倒し、
復帰困難となる大腿骨(頸部)の骨折を受傷しました。
そこから3年半、諦めず腐らず競技と向かい合い、真剣(懸命)に取り組んだ成果のひとつが、
ここに現れたのだと思います。
地元、おぐら病院の前田先生、理学療法士の中畑さんには、本当に感謝しています。
また、復帰に際して、金高先生が共同研究として免荷トレッドミル(昭和電機社製 ドリームハンター)を導入してくださったのも大きな転機となりました。
たくさんのサポート(ご支援)のもと、活動できていることに感謝です。

★ご寄付振込先等★
[寄付名]鹿屋体育大学中長距離ブロックへの激励金
[振込先]
▼ゆうちょ銀行から振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【口座番号】17870―23910881
※振込みについて→ゆうちょの口座とカードをお持ちの方は、ATMからお振込みになると手数料が無料とのことです。口座がありカードがなくATMを使えないと140円、口座がない方は500円手数料がかかるそうです。今回は振込用紙を同封しておりません。お手数をおかけしましが、よろしくお願い申し上げます。
▼他銀行からの振込の場合
ゆうちょ銀行
【口座名】鹿屋体育大学中長距離
【店名】788(ナナハチハチ)
【種類】普通
【口座番号】2391088
[金 額]1口5,000円(できましたら2口お願い致します=中長OB・OG会年会費)
[期 日]特に設けません。希望としましては10月1日までですが、その後でも問題ありません。
[その他]ご寄付いただきました方には、全日本大学女子駅伝観戦ガイドならびに結果報告、平成28年度の活動報告を送らせていただきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山田さん、今回もコメントいただきありがとうございます。
まだまだチームとしては力不足ですが、これから引き上げていけるように頑張ります。
今後ともご支援をよろしくお願いいたします。
2016/09/06(火) 13:30:34 | URL | 松村 #-[ 編集]
日本インカレに出場された皆さんおつかれさまでした。皆さんの活躍とてもうれしく思いますし、元気出ますね。怪我の為、出場できなかった選手の方も、あせらず治して、これからのロード、駅伝シーズンで活躍されることをを期待しています。
2016/09/06(火) 12:59:13 | URL | 11期 山田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。