スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
◆全日本大学駅伝対校選手権大会九州地区予選◆
(2007.6.23:宇美町スポーツ公園陸上競技場)

昨日、前期一番の目標試合であった全日本大学駅伝の予選会がありました。
結果は総合6位と、自分達の弱さや甘さを心の底から感じる結果でした。

ご支援、ご声援いただきました皆様にはご期待にこたえることができず、本当に申し訳ありませんでした。

いろんなことを考え直さないといけないと痛感しています。
このままではいけない。
私(松村)自身のコーチングにも甘さや至らなさが多くあったと感じています。
先日過去(10年前)の練習日誌をみたら、チームとして今の2倍の量の練習を普通にしていました。
それにプラスアルファの練習をしていた者は3倍になる。
やったこと、やってきたことがストレートに出るのが競技だと長距離だと世の中だと、常々言っていた通りかもしれません。
恩師平田先生が「駄馬は、人の2倍3倍練習しないと周りの勝てないんですよ!」とよく叱咤激励されていたことを思い出します。
人が普通やらないことを嫌がることをやっていかないと才能がある者にはとうてい勝てない。
これは小出義雄監督(佐倉AC)がよく言われていることです。

駄馬は自分が駄馬だとしっかり認識して、それから目を逸らさず、だからこそ、人2倍3倍懸命に取り組まないといけない。
そのためには何事にも動じない揺ぎない熱意や情熱が必要です。
熱意や情熱が人を突き動かします!
この熱意や情熱をいかに持てるか!

それと同時に、これを機に、自分に厳しく、周りにも厳しく律していけるチームに変わっていかなければ、チームとして浮上は見込めないと思っています。

今回の結果が、私たちにいろいろなことを気づかせてくれました、感じさせてくれました。
これを無駄にはしません。活かします!

情熱を持って突き進んでいきたいと思います!

今回も、ご支援・ご声援いただきましたOB・OGの皆様や県下一周駅伝肝属チームの皆様、本当にありがとうございました。

【チーム成績】
6位  4時間21分07秒99

【個人成績】
22位 尾尻琢磨(2年) 31'26"04
23位 吉川武彰(4年) 31'29"99=自己新
42位 伊藤文彦(4年) 32'28"81
46位 石井 翼(2年) 32'35"42
51位 幸福恵吾(院2) 32'58"14
57位 橋本孝寛(4年) 33'14"35
61位 龍崎唯一(1年) 33'23"14
67位 神田裕章(3年) 33'32"10
92位 佐藤淳哉(2年) 36'06"47

初一万メートルだった2年の佐藤と1年の龍崎がしっかり走ってくれたことは収穫でした。
中学教員の仕事をしながら出走してくれた幸福には感謝。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
徒然なるままに
URLが変わってて、久しぶりにブログ見ました。
予選会お疲れ様でした。練習できてないなら当然の結果ですね。最近は全日本大学駅伝出場が夢となっていますが、叶わない夢ではないはずです。九州の学生のレベルなんてたかが知れています。1、2年生はこれから大人の体になっていくにつれ、練習量が増やしていけるはずです。自分の殻を破って、松村コーチのしごきに耐えて根をはり、大輪の花を咲かせてください。
まだその辺のおじさんランナーに負けてるぞ!がんばれ!学生ども!

松村コーチも、もっともっと情熱的にがんばってくださいね!
2007/07/09(月) 23:07:15 | URL | おじさんランナー #-[ 編集]
駅伝の選考会お疲れ様
みなさん、お疲れ様でした。
久しぶり(10年ぶりくらい)に駅伝の選考会を見に行きました。
このブログを読んでて、少ない人数で頑張っているようなので、ちょこっと応援に行ってみました。(ちょっとテントまでは顔を出せませんでしたが)
少し感想を言わせてもらいます。
まず、それぞれの走力、ペース配分があるのはわかるけど、昨日は駅伝の選考会です。駅伝というのはトラックと違って、全員のタイムの合計です。少しでも前に前に、他の人のために1秒でも前にというのが私が在学中に学んだことです。それが感じられませんでした。
次に1組3人ずついるんだから、3人で力をあわせてペースを作ればよかったのでは?そうすることで苦しいところを少しでも乗り切れたはずです。上位の大学はみんなそうやって走ってました。
もうひとつ、自分が走り終わったら後の組の人を一生懸命応援しましょう。走り終わってきついのはわかりますが、ただでさえ人数が少ないのだから他の人を応援しないと。
それと基本的なこと。走りこみ不足では?体型を見ればだいたいの練習量はわかります。全体的に体が絞れていないと感じました。
と少し辛口の感想を書かせてもらいましたが、もちろんいいところもありました。
2組で走った石井君なんかは結構我慢強く走っていましたし、3組の吉川君、尾尻君も我慢の走りでした。尾尻君は途中では離れましたがよく遅れを最小限のところで我慢して最後までしっかり走っていました。他の連中も蒸し暑い中がんばりました。伊藤君はケガ?他にも2人くらいテーピングしながら走っていましたね。
部員の少ない中で大変だと思うけど切磋琢磨しこれからもがんばってください。またこそっと応援させてもらいます。
2007/06/24(日) 21:14:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。