スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸上競技部卒部式・送別会
本日、大黒グランドホテルにて鹿屋体育大学陸上競技部の卒部式・送別会が行われました。

この式で卒部生(卒業生)は卒部書を授与され、正式に卒部となります。
卒部生の答辞では、卒部生1人1人が後輩達へメッセージを送りました。
本ブロックでは、
■伊藤文彦が「大学生は自由ですが、その自由をいい意味での自由と捉え、競技に有効に活用してほしい、競技があっての自由であってほしい」と、
■橋本孝寛(就活のため欠席。庶務代読)が4年間を振り返っての競技部活動での成長と感謝を、
■吉川武彰が「小さなことでもいろんな経験が自分の成長に活きるので、やらされることでも嫌なことでも進んでおこないましょう」と、
それぞれメッセージを送りました。
他ブロックの卒部生もとても心に届く、響くメッセージを送ってくれていたと感じました。
3年前から始められた卒部生へ贈るDVDも大変クオリティーが高かったです。

4時間強掛かった卒部式・送別会ですが、大変有意義で、長い長いと言いながらも、
結構アッという間に4時間が経っていた式でした。

しかし、まだ卒部生(現4年生)が卒業するという気がしない、なんだか不思議な感覚に陥っている松村でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。