スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
□■第80回九州学生陸上競技対校選手権大会■□

〈3日目(5/23)〉

[男子1500m]
・予選
組1位 大貫隼世(2年)3分59秒36=決勝へ
組3位 宮脇悠伍(3年)4分06秒24
組1位 池谷竜(2年)4分06秒14=決勝へ
・決勝
3位 池谷竜(2年)3分59秒33
5位 大貫隼世(2年)4分01秒00
※1位 中西拓郎(福岡大学②)3分54秒92  2位 松木祐二(第一工大④)3分56秒68

[男子10000m]
・決勝
14位? 龍崎唯一(4年)32分23秒??

[女子1500m]
・予選
組1位 森崎千洋(3年)4分50秒91
組1位 西薗祐貴子(4年)4分37秒86=自己新
組1位 上田敏斗美(4年)4分40秒39
・決勝
1位 上田敏斗美(4年)4分27秒12
3位 西薗祐貴子(4年)4分31秒07=自己新=体大歴代5位=全カレB標準突破
4位 森崎千洋(3年)4分38秒00=自己新=学生個人選手権標準突破
※2位 肥田木理菜(福岡大学②)4分27秒77

[女子10000m]
・決勝
2位 松浦七実(3年)35分25秒93
12位 宮崎喜美乃(4年)40分11秒81
※1位 キャサリン・ワンジル(APU③)35分05秒86  3位 坂口瞳(福岡大学①)35分35秒05

[女子4×400mR]
・決勝
5位 鹿屋体育大学(家吉-上田-坂-張)4分03秒92
※ラップタイム 家吉62"2 上田58"8 坂61"8 張60"2


今年の九州インカレも全日程が終了しました。
全体的に波に乗れない大会となってしまいました。
どうにか最終日の1500mで挽回できた感じです。
この結果を真摯に受け止めつつ、しっかり原因を分析して今後につなげていきたいと思います。
シーズンは始まったばかりなので、この後の大会で修正していければと思います。

応援ありがとうございました!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
>向井さん、中畑さん

九州インカレでは現地まで足を運んで応援いただき、誠にありがとうございました。
最終日は、試合や実業団勧誘対応に追われ、顔を出せずに申し訳ありませんでした。

そして、大事なご指摘ありがとうございます。
おそらく学生達も悔しい想いや危機感を大いにしたものと思います。
しっかり今回の結果を分析・反省して、すぐにはジャンプできないかもしれませんが、今後の重要な試合で同じ反省をしないよう、改善していきたいと思います。

そのために、今日はじっくりミーティングを行います。

応援ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願い致します。
2010/05/25(火) 09:57:58 | URL | 松村 #-[ 編集]
お疲れさまでした
おー、上記熱いですねー・・。
私は、中畑さんや周辺の方と話せて大変楽しかったです。午前中見ていて思ったのは、男子は何とかしないとと思ってはいるのだけど・・感、女子は1500の予選は負荷かけてるのかなと、長距離はまだ人数いたんじゃなかったけ?でした。

近年感じるのは繊細さですかね。論理はあふれているけどもろい感がありますね。
昨年の女子はチームとしていいレベルまであがったと思いました。

ともあれ、好きなことができる今を大切にしてほしいと思ったおじさんでした。
2010/05/24(月) 22:44:18 | URL | OB in 福岡 #-[ 編集]
九州インカレ観戦記
5月22、23日で里帰り(実家が近くなので…)を兼ねて博多の森陸上競技場へ九州インカレ観戦へ行ってきました。
目的は日頃のメディカルサポート(以下MS)において、よりレースに直結できる為の自分自身の考え方を構築する為です。

ここ2、3年はより深く長距離ブロックには関わらせていただいてます。それだけに私も選手に対して多少、影響力を与えていると感じてます。基本は松村先生の方針でブロックは動いてますから、私の介入はさりげない形で選手に対してコンディショニングや動きの重要性を伝える事だと思ってます。
そんな私ですが、私自身はトレーニングで一番大事なのはやはり走る事で、バカになってひたむきに練習する事が大事だと思います。フォーム作りはすごく大事な事ですが、それを走りのトレーニングで気にしすぎると、動きに意識が行き過ぎて、動きの良さで満足してしまう傾向があるのではないかなぁと最近感じてしまいます。

動きは走りの無駄を省く為に重要ですが、そこばかりに目が向いたらあまり良くない気がします。
私の希望は動き作りの練習(補強や体幹意識、ドリルあとはフリーJOG等)の時はそこに集中していただき、走りの練習(集団走やポイント)の時にはレースを意識して走り(駆け引き等)に集中すると言った考え方も一つあるんじゃないかと言う考え方を持っていただきたいという事です。
最近なぜそのように感じるかというと、選手にがむしゃらさを感じないからです。練習もしっかりできてるし、動きも良くなってます。個々のベースアップはできていると思うのですが、ガツガツくる感じがなくて、スマートにまとまりすぎてる印象があります。
女子に関しては九州の中ではトップであっても全国の中では挑戦者ですよね!目標もシード権争いであれば、ガツガツ攻めて来られたほうが相手は嫌ですよ!今回のインカレは福岡大学にガツガツ来られた感があり、すごく嫌でした。

それを観て、私もいろいろ考えさせられました。トレーニングの目的が本末転倒にならないように私自身も気をつけていきたいと感じた九州インカレでした。

2010/05/24(月) 22:09:23 | URL | 中畑9期生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。