スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨入り間近
5月29日が南九州の梅雨入り予想でした。
現在6月10日。
時より夜中に豪雨はありましたが、梅雨らしき雨はゼロ。
明後日からようやく梅雨入りのようです。

さて、こんな天候ですが、
練習においてはとても天気運に恵まれています。
これは九州インカレ前から。
一昨日のミドルのポイント(600m)では前々日、前日、当日朝まで強風が吹き荒れていましたが、
当日の午後はほぼ止んだ状態に。
昨日のロングのTJ(30~35)もスタート時に曇り、後半は小雨というツキよう。
これをラッキーというのでしょうか?偶然?それとも必然?

私は「偶然」をあまり信じていません。
すべての出来事は「必然」だと考えています。
(出会いも別れも・・・なんて臭いセリフですね。笑)
なので、学生達にもよく「日頃の行いやね!」「日頃の行いはどうかな?」とつぶやいています。
ただ「偶然」がないかというと「偶然」もあると思っています。
天候なんてものはその範疇に入るものです。
ただ、この「偶然」も「必然」から起こっていることもあると考えています。
天候ををよんで練習メニューを立てたりすれば、、、、、。
怪我(故障含む)をする、事故にあう、なんてものは完全に偶然でなく「必然」です。
(→練習強度が強すぎた、ケアーを怠った、溝の近くを走っていて捻挫した、危険な格好でバイクに乗っていた、・・・etc)
自身がアスリートとして細かなところまで気を配っていれば回避できたことがある。
なので、すべては「必然」です。

こんな記事も→山崎一彦のたわごと

そして、この「必然」。
常に私達に何かを教えてくれている「メッセージ」なのかもしれません。
例えば、九州インカレの結果(これは「必然」な結果)は、チーム状況の不備やトレーニングの不備があることの示唆だったり。
例えば、怪我をすれば、身体のバランスが悪いから→今は走らずしっかり体幹を鍛えなさいとか。
ひとつひとつの物事には何かしらのメッセージがあると考えることもできます。
よく「神様が○○しなさいと言ってるのだよ」と神様を出してきてそのことを言うこともあったりするのではないでしょうか。
まぁ私はあまり神様(=奇跡を起こす)というものを信じていませんが(=物事は「必然」と考えているから)。って言ったら天罰がくだるかな!?

答え的なことを言うと、
結局は、起きた物事をその人自身が「どう捉えるか」にあるのだと思います。
これに関しては、昨年の8月24日記事に書いていることが参考になると思います。
起こった(終わった)物事をどう捉え、今後に繋げていくか。人生はその繰り返しかもしれません。

いい捉え方をして、より良い未来を創りたいですね☆

なんだか哲学的文章になりました。

以上、「松村勲(パクリ王@身内笑い?)のたわごと」でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。