スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■九州学生選手権

▼2日目

[男子800m]
・予選
組2位 竹下慧甫(1年)1分58秒後半=予選落
組1位 藤川龍之介(1年)1分57秒中盤=自己新=決勝へ
・決勝
3位 藤川龍之介(1年)1分56秒中盤=自己新

[女子800m]
・予選
組1位 坂瑞穂(1年)2分24秒=決勝へ
組1位 家吉彩夏(2年)2分28秒=決勝へ
・決勝
2位 坂瑞穂(1年)2分19秒
3位 家吉彩夏(2年)2分24秒

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2組目
2組目は上田、西園、松浦、高力の登場です。力のある福大の学生やAPUの留学生3人など見応えのあるレースになりそうです!

スタートすると本学の松浦、上田辺りを先頭に留学生と福大の学生がピッタリマークする展開となりました。1000mは3分15秒前後で入ったと思います。西園と高力も積極的に前にポジションを取ってます。ペースは一周80秒を少し切るくらいでリズム良く進みました。しかし2000m過ぎに西園が、次に高力が先頭から脱落します。
先頭集団は上田、松浦、留学生2人、福大の学生4人の8名で進んで行ったと思います。
3000m前後で留学生2人が抜け出します。それに対応できず、約5秒差がつきました。上田と松浦が追いますが、距離は変わらず、福大の学生は3000m手前で1人脱落し、西園が追い始めました(かなりの粘り腰です)。高力は表情にゆとりがありましたが動かないようす。我慢のレースです。
3500m付近から上田、松浦の集団から福大の学生が少し遅れだし、続けて松浦が離れだしました。上田は留学生を追います。そうこうするうちに一度上田から離れた松浦が粘り腰をみせ、上田を逆転しました。4000m以降は松浦と上田が10~20m差、福大の学生もみんな粘り腰をみせます(強さを感じました)。

そしてラスト、松浦がそのまま押し切りゴール、すぐに上田がきますが福大の学生とラスト勝負を制し4位でゴール、西園も驚異のねばりでうまく自己ベスト(動かなかったわりにまとめましたね!)

高力はスピードが伸びずそのままゴールでした。

九州の女子5000mのレースも大変見応えがあり、レベルが上がった実感もちました!
わずか20分弱のレースを見るため鹿屋から訪れましたが、自分の中で得るもの多い大会となりました!
2010/09/19(日) 20:00:13 | URL | 9期生中畑 #-[ 編集]
予選会
昨日は全日本大学女子駅伝の予選会を見に行ってきました。午前中仕事をこなして昼から出発しました。順調に車を走らせて、今日のレースを妄想なんかして、ウキウキで運転していると…!
なっ、なんと…山江の先から大渋滞です。動く気配はないし、後ろから覆面パトカーやらいろいろくるし、ここまでの努力は…(涙)と思いながら待つこと30分程、少しずつ車が進み出し、間に合うか微妙でしたが、とりあえず行ってみました。
そういう事で着いたら1組目の4000m付近を藤田が先頭集団で走ってました。そこには福大の選手が2人位いたと思います。うちの学生はどこだ?と辺りを見渡すと、藤田から遅れること100m弱、福大の選手と争ってました。とりあえず『負けるな!』と激を飛ばしつつ、他を見渡すと森崎が走ってます。聞けばスタートでこけたらしく、完全にレースに乗れてません。こんな時って、いつもの5000mが長く感じるんですよね。でもチーム戦なので、1人の問題ではないのでとりあえず『1秒を大切にしなさい』と激を飛ばしつつ…、その次をみると崎浜がまた1人のレース。森崎と同様に激を飛ばしました。結果はブログ通りです。
ちょっと忙しくなったので、また続きは後で書きます。
2010/09/19(日) 08:08:41 | URL | 9期生中畑 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。