スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果



■□第29回九州学生駅伝対校選手権大会(H23.12.3 島原市)□■

総合3位 鹿屋体育大学 2時間08分55秒

[個人成績]
1区:田原貴央(3年)区間9位※区間4位まで秒差
2区:池谷 竜(3年)区間1位※2位に浮上
3区:大貫隼世(3年)区間6位※3位に
4区:龍崎唯一(5年)区間3位※3位キープ
5区:田中克典(1年)区間5位※3位キープ
6区:土肥啓人(1年)区間6位※3位キープ
7区:宮脇悠伍(4年)区間4位※3位でゴール
注:区間順位はオープンも含んだ順位

残念ながら、来年度の出雲駅伝の切符は手に入れることができませんでした。
しかし、学生たちはよく頑張ったと思います。今ある力は出せたと思います。
現チームは、高校時代に5000m14分台の成績で入学したのは推薦入学組の3名のみで、
その他はみんな一般入学で入学時のベストタイムは15分30秒~16分30秒といったところです。
中には、ミドル出身も3名。
その中でここまでこれている学生たちの取り組みは、ある意味素晴らしいものがあると思っています。
ただ、まだまだ秘めた力を持っているので、ここで満足することなく、もっともっと貪欲に自分たちの未来を切り開いていってほしいと思いまし、もっともっと面白いものにしていってほしいと思います。
本当にこの間の男子の取り組みは、申し分がほとんどないものでした。
最後には、私が言うことがないくらいに。
思い起こせば2年前の今日、惨敗の試合結果を踏まえ、宮脇にのみ厳しい言葉で対応しました。
もちろん、宮脇自身の成長を願ってのことでした。
その宮脇が今日(こんにち)しっかりチームを引っ張り、まとめ、本当に立派なチームリーダとなりました。
宮脇の成長がチームの躍進(漸進)に繋がっている面は多々あると思います。
そういう意味では、あの2年前が生きたのかもしれません。
そうであれば嬉しい限りですが、成長したのは宮脇自身が変わらないとということで変わった(成長した)ことなので、単純に宮脇を褒めてあげてほしいと思います。
と、書くと宮脇のみがヒーロー的ですが、その中で一年残って頑張ってくれて龍崎や、陰で支えた(?)山田崇朝の存在も欠かせないと思います。
この一年をまたこれからに繋げ(生かし)、また漸進していければと思います。

女子も前を向いて取り組んでいこう!!

今回も応援ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
九州学生駅伝
昨日は、島原へ駅伝観戦に行きました。

結果は、ブログの通りでした。



今回、感じた印象は、男子が九州で優勝争うを目指せるチームになってきたことでした。今後は、その流れを断つことなく、高い志を持って漸進して欲しいです。
その為の協力は、惜しまずおこないます。


そして、今日良かった点は、全員が前を向いて、2位をあきらめることなく現時点での全力を出し切れたことだと思います。これは、本当に素晴らしいと感じました。


悪かった点をあえていうなら、具体的な目標としていた2位が取れなかったことだと思います。

今後は、この戦力で巨大な組織(日本文理や第一工大、そして全力の強豪大学)に立ち向かう楽しさを感じながら、また前を向いて頑張っていきましょう。

昨日は、本当に行ってよかったです。私も、小さなことにくよくよせず、全国で戦える学生を育てている事を誇りに思いながら頑張ろうと思えたレースでした!

みんな、ありがとう!
2011/12/04(日) 15:35:54 | URL | 9期生中畑 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。