スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究フィードバック


今日夕方(17:00~20:00)卒論等で中長距離部員を被験者とした研究のフィードバック会を実施しました。
せっかく頑張って行った研究なので、部員達にしっかりフィードバックしてもらうことと、
またフィードバックしてもらった部員達は、その内容を今後の活動に活かしていくことができればとの実施です。

以下の内容でした。

[松浦七実]
 大学女子長距離選手のトレーニング時のランニングについて、その走速度を決定するピッチとストライドの傾向を探り、その結果、如何に低速走時と高速走時のピッチを近付けられるかでパフォーマンスが向上するであろうと示した。

[宮脇悠伍]
 腰ベルトがSSC能力やランニング能力に影響するかを調べ、その結果、腰ベルトがある一定のSSC能力やランニング能力の向上につながることを示した。
また、そのことから体幹(トレーニング)の重要性とその確認ができた。

[山田崇朝]
 男子中長距離選手の食事(栄養)調査を行い、その傾向と対策を提示した。その内容は、「しっかりとご飯(米)を食べることが重要である」ということであった。また、栄養調査の必要性も示した。

[長島未央子先生]
 女子中長距離選手の食事(栄養)調査を行い、その傾向と対策をグループに分け提示していただいた。また、他の調査項目との関連性を示し、他にも色々とレクチャーをいただいた。

約3時間にわたる内容の濃い(濃かったかどうかは個人の認識によりますが)フィードバック会でした。
今回は、長島先生@スポーツ栄養学にもご参会いただき、数々のレクチャーをいただきました。
この会を含め、これから自分達の『なすべきこと』(使命→成果→目標→貢献)が見えてきたと思います。
それと今およびこれから『できること』(自分達の強みを活かして)をドンドン重ね合わせ、成果(目標達成)を生んでいければと思います。
そのためにも、日頃の『選択』を適切に行い(目標に準ずるもの)、それを積み重ねていければと思います。
自分のその選択と行動が自身と仲間の幸福(喜び、元気)につながることを忘れずにいきたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。