スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業メッセージ#4
4年生からの卒業メッセージ
4日目は、のむさんコト野村利奈からです。
華やかな卒業式の風景が目に焼き付いてまだ離れません。

やり残したことはありませんが、鹿屋でやってみたいことはまだまだあった気がします。
それだけ鹿屋という地は、私にとって新たな挑戦が可能な地でした。

4年間決して一人でやってきたとはいわないけれど、それでも周囲の方々の援助の手をかり、一人で何とかできることが増えたと思います。
4年前ある意味受験に失敗して、誰も知らない場所に行きたくて鹿児島に逃げて来たような私だったけど、そんな私に文句もいわず暖かく見送ってくれた両親。
試合にも出られない私だから、両親にしてみたら遠い鹿児島で何をやってるのかも分からず生活費や授業料だけを振り込む存在、我が子ながらばかばかしくなったときもあったと思います。
だけどそんなことは口にせず帰省したときはいつも快く迎えてくれ、そしてまた何もいわず鹿児島へ送り出してくれました。
私に何の期待もしてなかったのかもしれないけどプレッシャーを与えないその態度が私を後押ししてくれました。

個性豊かな仲間、ときにはライバルから学ぶことはいっぱいありました。
私の闘争心に火をつけてくれ、そして他人を気遣う心を教えてくれました。
離れ離れになるけど、各々が各々の場所で各々の目標に向かってがんばっていることが私には分かるから私もがんばれる。
こんなやりたい放題の私が楽しくやってこれたのは寛大な心を持った仲間のおかげです。
してもらってばっかで、みんなにしてあげられたことが果たしてあったのか‥
みんなの側はとてもとても居心地がよかったです。

松村先生、先生を語る言葉はあげきれません。
人として尊敬しています。
先生の存在は絶対で、いてくれるだけで安心でき見てくれるだけで力になりました。
全部を信頼していたし間違えがないとわかっていたから、私は先生に付いていけばいいだけでほんとに楽でした。
4年生なのに普通に怒ってくれたし、アホなことも先頭を切ってたくさんやってくれて…(笑)。
先生が来てから真面目にやることがかっこいいと思えたし、その姿勢を見てみんなが明らかに変わっていくのが分かり、たった一年間、全てが一回ずつだったけど一緒に過ごしいろいろ感じ幸せでした。
先生が嫌って言っても私はず~っと先生の生徒だから~

先輩たちはずっと私の先輩で、後輩たちもずっと私のかわいい後輩です。
あっという4年間だったけど一生消えない、忘れない私の一部です。

大学での苦しさ・楽しさ等を思い出し辛くなったときの糧として過ごします。
これからは静岡県のユタカ技研に就職します。
卒業はしたけど鹿屋体育大学のOGなので大学の名を汚さず、もっと広く知ってもらえるよう私もがんばります!
鹿屋体育大学ばんざぁぁい

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。