スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習の結果
今日のロングの練習はOBLAラインでの4000×3~4でした。
時間を遅くしての実施でしたが、それでも暑い中での実施となりました。

結果は、ズタボロ。。。。
暑いことを考慮して、若干ペースを抑えたのですが、それでもこなせたのは、
4本:玉置(B)、北野(B)
3本:田原(A)、田中(B)、萱原(女A)、鍋島(A)、崎浜(B)、薬師(B)
2本:外間(A)、田靡(B)
1本:増本(A)、大貫(B)、藤田(A)、西田(B)
0本:池谷(A)、上田(B)
のみでした。
※こうやってできた内容を載せたら、今後載ることを考えてみんな頑張れるかな!?

設定タイムは、試合期や試合準備期では軽くこなせるタイムでです。。。
思った以上に暑さの(まだ暑熱順化していない)影響があったのかもしれません。

しかし、
まず、1本目からいっぱいいっぱいになっている者がおり、これは完全に気持ちで負けていました。
そういう者や3本こなせなかった者は、やっぱり試合で粘れないとか、急にペースダウンする者たちです。
結果、試合で狙いとした記録が出せない。=喜べない。悔しい思いをする。
つまり強さ(心身ともに持久力)がないのです。
それを克服するための練習ですが、早々にリタイヤ。これで漸進(変化)はあるのか!?
試合で思い通りの結果を出して、自身が喜べるのか?みんなで喜べるのか?恩返しができるのか?
このままでは悔しい思いをするだけです。
そんな中で下級生(1,2年生)の頑張りがみられました!
メ―ニュー(最低限3本)をこなせたのは田原、崎浜を除きすべて1,2年生。若さの勝利でしょうか!?
違いますね。下級生は純粋に素直に目の前の練習に取り組んでいるだけだと思います。
上級生はあれこれ考えて、頭でっかちで、結果自分の力が出せなくなっている(精神的限界の低下)だけのような気がします。

と、厳しいコメントを掲載しましたが、
これから変化して強くなっていくことが、ここ1カ月の練習の狙いになるので、
今出来なくてもこれから変わっていけるように、今後の繰り返し繰り返し同じ形態のトレーニングを行っていきます。
頑張るべきは試合でではなく、鍛錬や試合準備なので、つまりは頑張るのは「今」!
試合前だけ頑張っても、ベース(その為の準備(鍛錬や試合準備))がなけれは思うように走れないと思います。
強い鹿屋体育大学が作れるよう全力で「今」を頑張ります!
秋や冬にみんなで喜べるよう、心を鬼と仏にして頑張ります!
『本気ならハシルッス!』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日々の継続とマンネリ化について
4月から実業団チームでドリルや体幹意識を教えてます。
行き始めた当初、コンセプトを伝えたり、方法を教えるのに時間がかかり浸透するのに3ヶ月かかりました(1ヶ月に1回、1人1時間ずつしか時間がないため)。
しかし、そこの選手にとってはこれらのコンディショニングや考え方が新鮮なようで、これらをし始めたことで記録が伸びたり、故障者が減りはじめたことで、多くの選手が目の色を変えて取り組んでくれています。

このチームでおもしろいのは、言われたことを素直にやる選手が伸びているところです。また、やる選手が伸びていくことから、今まで本気になってなかった選手まで素直に取り組むようになりました。

実際、体大では体幹意識やMCが若干マンネリ気味になっている印象があり、これらの効果がみえずらくなっていました。
このままでいいのか、他の方法があるのかなどいろいろ考えてましたが他チームで指導を行ったことで今までのやり方をしっかりやることの重要性を再認識しました。


今後、新しいコンディショニングを追加することはないと思います(今の内容で間に合っているので)。今ある内容を各自がしっかり意識して、いい身体の状態でいいトレーニングを継続する過程を続けてもらいたいと思います。


2012/08/01(水) 21:48:38 | URL | 9期生中畑 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。