スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本インカレ3日目
□■第81回日本学生陸上競技対校選手権大会■□

[男子800m]
・予選
組3着 田口泰広(2年)1分51秒41=自己新=準決へ
・準決勝
組8着 田口泰広(2年)1分57秒61

[女子5000m]
26位 鍋島莉奈(1年)16分51秒37
30位 高力香織(4年)17分18秒42


更新が遅れましたが、これは気落ちしていたり、気分が乗らなかったりというわけではありません。
ただ単に、いろいろやっていて更新が遅れました。
私的にも悔しさはありますが、ある意味さっぱりもしています。
しかし、走った選手たちは相当悔しかったことと思います。
良い練習が積めていたからこそ尚更だと思います。

この結果はすべて私の責任です。
選手たちはみんなよく頑張っていました。
ここまでの期間も良いトレーニングが出来ていた=とても頑張っていたのですが、その反面、結果が出ませんでした。
ある意味、ここ数年で最低かもしれません。
しかし、ここまでの練習は、この間もずっと伝えていた通り過去最高でした。

今回は「練習内容=結果」に結びつきませんでした。
これは、良い練習が出来たということは、それだけダメージが身体にあり、それが今になって現れてきたのかなと考えています。
その現れとして、合宿後帰省をした現在の鹿屋組の女子ロングが今とても良い練習が出来ていることから、回復のタイミングや方法が日本インカレ組は適切ではなかったものと考えられます。
いつも「回復」を念頭においてトレーニングを組んでいますが、思いの外出来すぎて、いつもの回復では間に合わなかったのかもしれません。
その他、直前の詰めでも少々適切でないこと(練習のやりすぎやコンディショニング不足など)もあり、今回の結果だと思います。
その他もしっかり分析・反省して、今後につなげていきたいと思います。

しかし、この間良い練習が出来ていたことには変わりありませんので、今一度立て直して、今回の分も今後大きな花を咲かせたいと思います。

「人間万事塞翁が馬」

あと、今回のレース、学生達はとても良い体験をしました。
この体験は、今後のためにとても重要だったと思います。
なので、この体験を経験の域まで伸ばして、今後に繋げていくことが一番重要だと思います。

明日は最終日。
男子10000mWに中谷勇人(3年)が出場します。
引き続き応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。