スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■2013 日本学生陸上競技個人選手権大会(H25.6.23 平塚)

[女子800m]
・予選
組2着 西島茉里(3年)2分11秒73=自己新=体大歴代4位=決勝へ
・決勝
6位 西島茉里(3年)2分13秒53

[女子3000mSC]
11位 田靡妙(2年)11分07秒71=自己新=体大新

今日も収穫のある一日となりました。

西島は、組1着取りの予選で東大阪大の新宮さん等がいる中、また朝イチ(9時30分)レース+風がある中、うまく力発揮して、自己新を出してプラスで決勝に残りました!
決勝は位置取りもうまくいかず、本人曰く「けちょんけちょんにやられた」ということですが、この経験が次(日本インカ)に繋がるものと思います。

田靡は、昨年から今年3000mSCに取り組むことを決め、今年4月中旬から準備を進めてきました。
冬季が怪我の繰り返しで、4月に一度今年の前期は試合に出ないと言ってきましたが、冷静に各試合の標準記録を考えてみると、そんなに厳しくないものでしたので、まずはこの大会の標準記録切りを目指して準備をしてきました。
障害と水豪を使った最初の練習で、それぞれの上手さが見られ、これはと思うものがありました。
今日も、出場者の中で、一番水豪が上手かったと言っても良いと思います。
また、障害も基本的には全て跳び越えることを決めています。これを出来るのも今日の出場者の中では2、3名。
ただ、まだ脚が合わないことも多く、今日も半分弱は足をかけてとなっていました。
では、あと何が足りないかというと、「走力」です。
これを上げるだけでもっと活躍出来ると思います。
ハードル技術を上げるのは、基本不器用な長距離選手にとってはとても困難なことですが、走力はやれば付くものです。
障害と水豪の上手さを武器に、野望(意欲)を駆り立てて取り組んでいってくれればと思います。

今回、チームとして、とても収穫の多い大会となりました。
なお、この遠征では、ゴールデンウィークにあった平田先生の喜寿のお祝い時の残金をOBOGの方々からご寄付して頂き、遠征補助に使わせて頂きました。
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。