スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名言!
この前(予選会後)の記事で、「現在の女子駅伝チームは底の状態にあり、これから上がっていくのみ」と記していましたが、
先日行った血液検査で、それがハッキリとしました。
現在チームの大黒柱の者達が、肝機能(GOT)異常値、筋破壊(CPK)異常値、貧血(Hb)異常値と、軒並み底の状態になっていました。
なので、それぞれこれから上げていければ(回復次第で)、とても面白い戦いができると思います。

そんな中でしたが、今日は不定期で行っているポイントとなる練習(チーム力の確認)を行いました。
そんな中だったので、予定より少し設定を下げましたが。
前半は大方良い形でできましたが、中盤から苦しむ者が出てきて、終盤はチームとしての課題が見事に出ていました。
久々に(?)怒鳴ってしまいました…
トータルの練習負荷はまずまず良いものとなりましたが、
やはりまだチームとしての、チームの一員としての意識が足りない面が露でした。

「それぞれがチームのために何ができるか!?」
少人数の我々が、全国で戦っていくには、そこの目線がとても重要です。
キツい時、苦しい時にこそ、そのことを想い出して行動してほしいと思います。

↓そのための参考に↓
学生女子駅伝で1年生から4年間エース区間を走り、
常にチームのために走り、チームを鼓舞し、
チームの柱として走ってくれた松浦七実(現天満屋)の発言

『私自身のこの身体は、私自身のものでなく、
常にチームのものなんだ!
そう思って準備(普段の取り組み)を行っています。』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。