スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果
■第31回九州学生駅伝対校選手権大会(H25.11.30島原)

総合3位 鹿屋体育大学 3時間10分48秒

[個人]
1区 平田 圭(3年)区間2位(日本人トップ)
2区 土肥啓人(3年)区間5位
3区 鮫島圭祐(2年)区間9位
4区 田中克典(3年)区間4位
5区 長尾 俊(4年)区間6位
6区 森下誠実(1年)区間9位
7区 増本和之(4年)区間8位


□第13回九州学生女子駅伝対校選手権大会(H25.11.30島原)

優勝 鹿屋体育大学 1時間17分41秒

[個人]
1区 前川祐紀(1年)区間1位※区間タイ記録
2区 藤田千尋(4年)区間1位
3区 西田美咲(4年)区間2位
4区 藤田理恵(1年)区間1位
5区 外間美里(4年)区間1位


男子は、見事目標達成の「3位」(3年連続)を獲得しました。
競技力が高かった昨年の4年生が5名卒業し、今年は相当厳しい戦いが予想されていました。
現学生の状況は、推薦入試入学者2名(長距離のみ)で、その他は一般入試組です。
しかも、男子長距離部員は8名(ギリギリ+1)。
そんな中でもあり、中距離の鮫島も駅伝参戦してくれて、合計9名の戦力での挑戦になりました。
ちなみに、14分台での入学者は1名(土肥)のみです。
体育大学だから一般入試組でも強い者が入学してくると思われがちですが、
現在の箱根駅伝は15分台でも推薦でというくらいです。あとは体育離れが・・・。
そんな事情を他大学も把握しており、今年は「3位争いが熾烈(プログラム記載)」という戦前の見方でした。
その中でも、うちは3位にも絡んでこないと思われている感じでした。
そんな状況を跳ね返す学生たちの取り組み!それが今回見事にハマりました!あっぱれです!!
熾烈な争いなどなく、単独の3位。
前半から流れに乗り、4、5区のうちのストロングポイントで一気に勝負を決める。
その作戦、読みもズバリです!
3年連続の3位の中で、今回がピカイチの3位だったと思います。
ちょっと褒めすぎ!?((笑)

女子は、事前の記事に記したように、
現在は4割程度の状態でした。
その中でも4つの区間賞を取って優勝(2年連続)したことは、評価できると思います。
(1区間区間賞を取れませんでしたが、それはその区間に相手のエースがいたので、本人は相当悔しかったようですが致し方ないことかもしれません。ただ、西田も相当調子が良かったので、少し残念です。秒差で抑えたのでそこは◎です。)
ただ、大会記録の更新という目標を達成できなかったのが、残念な点です。
まぁ、現状(4割の状態)ではしょうがないことだったかもしれません。鍋島も温存したのもあるので。
大会記録は来年挑戦するとして、
まずは12月23日の全日本大学選抜女子駅伝に向け、しっかりと引き上げていきたいと思います。
1週間につき2割ずつ引き上げていかないといけない状況です。
練習もそうですが、それ以上に普段の生活(食事含む)からの取り組みが勝敗を分けるように感じます。
チームとしての目標にこだわるのであれば、
しっかりとそれに即した行動や準備を学生には求めていきたいと思います。
「いつやるの?」






※今回は、事前の取り組みや大会前日から当日のことも、
いつも以上に学生に任せて挑んだ大会であったので、
ここでの内容がいつも以上に外からの寸評(評価)的になっています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。