スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会結果報告
■日本学生女子ハーフマラソン選手権大会(H26.3.16 松江)

17位 藤田理恵 (1年) 1時間16分24 秒
35位 藤田千尋 (4年) 1時間20分49秒

[藤田理恵コメント]
現状まとめられる走りができました。
風が強く集団をうまく利用して走れてましたが、15km手前で離れてしまい、その後は単独走でした。
ラストはスピードが出ず、力も入りぶれてしまいました。
出場したことでいい経験ができました。
これからスピードを戻し、トラックに移行していきます。
しっかり先を考え取り組んでいきたいです。



藤田理恵本人が述べている現状とは、5000mで17分を切れないくらいの現状です。
富士山女子駅伝前から怪我があり、その中で富士山女子駅伝と都道府県対抗女子駅伝を走ったので、怪我の状態が結構な状態になってしまいました。
なので、回復に思いの外時間がかかり、どうにか2月後半から走れる状態になりました。
しかし、その後体調不良を起こしたり、直前に膝痛を起こしたりと、やるべき練習を全く消化することが出来ませんでした。
1週間前に行った1000×10も3分30秒を切っていけずいっぱいいっぱいで、刺激の2000も終盤83秒/400mでした。
なので、現状の力は17分/5000mで走ることもできない感じということです。
その中で、この結果(3'37"/km平均)は上出来だと思います。

藤田千尋は、実業団チームへの移行等で上手く練習ができておらず、練習がてらの出走となったようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。